屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

次のDIYはテーブル まずは欠き込み

最近は外国人のお客様が増えてきました。

この仕事を始める時に、ある方からダイニングのテーブルは
椅子に座る高さのあるテーブル (床に座るタイプでなく) にしなよ
と言われました。

「何故ですか?」 と聞くと
床に座ると、みんなのんびりしていつまでも動かないからとの答え。
それなら逆に当方はみんなにのんびりしてほしいから、あえて床に
座るローテーブルにしていたのです。

実際、床に寝そべったり、ゆっくりくつろいでいらっしゃる姿をみて
良かったなと思っていたのです。

で、最初に戻って、外国人の方が増えてきました。

外国の方は主に椅子に座る文化、ローテーブルであぐらをかいたり
正座をするのはかなりつらそうなんです。

ということで、テーブル作りを開始です。

ま~天板は今のものを流用できるので、脚だけ作ればいいのですが
これが簡単そうで、結構めんどい。

4本足だったら、木の棒を4本同じ長さに切って、それを釘でうてば
いいんでしょ・・・ ってわけにはいきません。
まずコンマミリ単位で脚の長さを合わせる必要があります。
(1mmも違えば、ガタガタします)

そして、そのまま脚を釘を打ち付けても、人が体重をかけたり、動かしたり
すれば、釘だけではすぐに歪んで場合によっては天板が落下し怪我に
つながります。

で、今回は欠き込み

IMG_20180522_112712

欠き込みをいれたい個所に、こういった感じで丸ノコでいくつもスジをいれて
おきます。

IMG_20180522_113612

で、これを金槌でたたくとポロポロと気持ちよくとれてきます。

IMG_20180522_113247

で、とれたあとをノミで丁寧にならしていくのですが、柱の表面は人の肌が
触れたり、目につくので綺麗にしておくのですが、この重なる部分は
ちょっと粗い感じの仕上げにしておきます。

ま~理由としては、この欠き込み=接合部分を ① ボンドで接着
② 欠き込みの重なりで固定 ③ ネジで接合 の3つの方法で完全に
固定するのですが、あまり綺麗にしあげてしまうと、① ボンドがくっつきにくい
となるのです。

で、こんな作業を延々。。。

IMG_20180523_183440

とりあえず研磨の前ですが、それなりの形になってきました。

欠き込みは左下の脚がわかりやすいのですが、あえてきっちり入れずに
ちょっとはみ出すようにしているのは、こっちの方が雰囲気があっていいと
勝手に思っているからです。

簡単に書いていますが、柱は9cmx9cmのかなり太く重量があります。
おそらくこの足全体で、15~20kgぐらいになるでしょう。
天板は50~60kgぐらいはあるので、これぐらいは必要なんですが、
最近の市販の安物テーブルとは雲泥の差があります。

で、これで①~③で終了といきたいところですが、その前に 研磨。

IMG_20180522_122853

欠き込みで中に隠れる部分を除いてすべて研磨です。
ササクレで怪我をしてもいけませんので、丁寧に丁寧に・・ ってこっちの方が
時間がかかるんです。

ちなみに上の写真の柱は同じ木から切り出した物。
上部が研磨前、下部が研磨後です。 肌触りつるつる、しっとりです。








まずは梅、次にスリナムチェリー、続いてパッション

果樹園の果実も色々大きくなってきました。

ほんとうは天気の良い日にのんびり収穫と行きたいところ
ですが、本日強風。
ふっと見ると、完熟した梅の実がぽろぽろ落ちています。

IMG_20180520_161819

去年は5粒程度だったのですが、今年は30~40粒ぐらい
でしょうか。
さっそく収穫? 回収?したのですが、あたり一面に海の実の
甘酸っぱいいい匂いがしています。

で、これらの梅は梅酒に。
当館の地下倉庫にはほぼ5~10年物の梅酒が保存されており
たまにいただくのですが、これが市販の物とは大違い。
まったりというかまろやかというか・・・。

で、続いて

IMG_20180520_161542

スリナムチェリーも色づいてきました。
う~ん、こちらはあと2週間ぐらいでしょうか。 日持ちがせず保存ができない
ので、その時期にきたお客様のデザートにする予定です。

IMG_20180520_161654

これはライチ、まだ指の先ぐらいの大きさです。
ま~色々と豊作気味の中、これだけはちょっと少ない。
ちょうど受粉時期に雨が多かったのがいかんかったのでしょうね。
うまくいけば、今年から来年ぐらいから販売開始、と思っていたのですが
もう1~2年は様子見になりそうです。

IMG_20180520_161558

そしてパッションフルーツは順調。
大きさは野球ボールぐらいになっています。 こっちもあと一ヶ月ぐらいで
収穫でしょうか。
生食もいいのですが、当館特製のパッションリキュールは会席料理の
食前酒として結構人気なんです。

で、最後に

IMG_20180520_161724

タンカンです。

今年も無農薬、EM栽培のため、すでに手間が結構かかっているのですが
今後の成長が楽しみです。

ま、こんな感じで、わりと色々順調です。



その医師相談コーナー不要でしょ

さて、田舎といっても屋久島でも健康診断はあります。

サラリーマン時代は、どこかの病院へ行き検診を受けていた
のですが、ここ屋久島では公民館みたいなところに大型バス
ぐらいの検診車が5~6台集まり、そこで行われます。

で、田舎だからなのか、ま~色々と疑問に思うことがあるんです。

1. 採血のコーナーでは一部の人は手袋をしており、別の人は
  そのまま素手なんです。
  ま~針を刺す場所はアルコール消毒をしているんだけど・・・
  下に落ちたゴミを手袋したままで拾い、そのまま採血に。。。?

  その手袋は何? 
  てっきり衛生上の問題と思っていたら、ゴミを拾ってそのまま
  交換しないってことは、ただ患者(といっていいのか?)に素手で
  触れたくないわけ??

2. 事前に、検診項目の選択希望を出していたのですが、実際に
  検診場所に行くと、そんな情報は全く伝わっていない。
  で、今その場で 「どうします?」 って言われてもね~。

3. 医師との面談を希望して、わざわざ長時間並んで待ちました。
   「ちょっと胸が痛くなる時があって・・・」
   ま~聴診器はあてましたよ、でも触診は腕をさっと触れた?ぐらいで
   異常無しって。。
   で、早々に「循環器科で診察を受けなさい」

   「親指の付け根に痛みが・・・ 」
   触れるどころか見ることもなく 「整形に行きなさい」

あのね~、〇〇が痛くて△△科へ行けって、そんなんわかりますよ。
見もしなくて言うだけだったら、あんたいらないじゃん。

そんなんパソコン一台おいて、Yahooの知恵袋を検索できるようにして
おいた方がよっぽど有益な情報が得られると思うんですけど。
(情報の取捨選択は必要ですが)

ま、前の方が、「一週間ぐらい前に酷い倦怠感が・・・」 って声が
聞こえてきたのですが、その返答が
「一週間前のことを言われてもわかりませんよ、そんなの気のもちようです
前向きに考えなさい」

「今は異常ないんでしょ、何かあったら病院へ行きなさい」

って聞こえた時に席を立つか悩んだのですが、やっぱやめておけばよかった。

次回は気をつけよっと思っても、一年に一回だと忘れるですよね。。。


こんなに安くていいんですか

さて、最近は雨が多い。

ま~行ける時には釣りに行っているのですが、雨の日は倉庫の
内装を仕上げているんです。

今までに色々DIYしてきたので、わりと手慣れてきて水平、直角の
出し方や、欠き込み等もサクサクって感じです。

で、


IMG_20180507_162002

ま~こんな感じなんですが、タンカンの10kg箱が10~20個
積んでも大丈夫なぐらいにしっかりできています。

ただ、倉庫は果樹園の中にあり、電気が通っていないため
物によっては、倉庫で現物合わせをし、それを自宅に持ち帰り
サンダーや丸ノコを使い、またそれを果樹園に持ち帰り・・・ なんて
結構面倒なんですよ。

で、工具は無理にしても、照明は欲しい。
雨の日や夕方になると倉庫の中は真っ暗で作業が進まないので
色々探してみると・・・

IMG_20180507_161905

充電式の作業灯がありました。
アマゾンで送料込 ¥3000弱。

IMG_20180507_161935

画像で見ると、ちょっと灯りが暗いように感じますが、実際はこれで十分すぎる
ぐらいの明るさなんです。

しかも、防水、防塵使用。 加えてコンセントからの充電方法と車のシガーソケット
からの充電も可能、これで約6~7時間は実働ってすごくないですか。

ちょっと安すぎるんじゃ?って思うぐらいなんですが、中〇製ですから、あとは
耐久性がどれぐらいあるかですね。
ま、金額が安いだけに3年ぐらいもてばOKって感じです。

で、雨の合間に果樹園の見回り。

IMG_20180507_160146

ライチの花が満開です。

特にこの品種はライチ最大級の実がなる品種で、アヒルの卵ぐらいの
大きさになるそうです。
去年から花をつけ始めたので、今年の収穫は数個程度でしょうが楽しみ
です。



果樹園は花盛り、虫に感謝

倉庫や釣りにかまけていたら、いつの間にか果樹園は盛り。

で、本日は今年初パッションフルーツの授粉作業です。
ま~簡単にいうと、雄しべをプチッちぎって、雌しべにちょこちょこと
つけるんです。
一個一個はそれほど難しいことではありませんが、これが100、200
となれば話は別。

う~ん、今年も最初から多いな~ と思っていたら・・・

P1140269

すでに受粉が終了し、実が大きくなっているのもあるんです。

で、よくよく見ると。

P1140267

花粉だらけになったカナブンが。

で、他の果樹も見てみると

P1140279

ライチにはご存知のミツバチ。

P1140276

竜眼にも何か知らない虫がせっせと作業中です。

もちろんタンカンも虫が受粉の作業中です。

P1140275

いや~ほんと助かります。
おそらくパッションフルーツは人工で授粉作業をしなくても、それなりの
数量は確保できるでしょう。

そして受粉の終わったタンカンは・・・

P1140286

ちょっと実の付け過ぎ、虫さんの働きすぎです。
今度は摘果作業が大変そうですが、これは不作だ~と悩むことがないので
ずいぶん気が楽なんですよね。

そうそう以前に虫さんに受粉してもらった南紅梅は

P1140287

だいぶいい大きさに育ってきました。




倉庫の内装 リサイクルは大事だよ

ちょっと前に完成した果樹園の倉庫ですが、完成はあくまで
外見だけです。

ま~それでも雨風をしのげる場所があるというのは、いいもの
ですが、実際には使いやすいように少しずつ内装や手直しを
すすめているんです。

で、最近は 「棚」

今まで収穫したものは一旦、車に積み込んで、自宅に持ち帰り
梱包した後、再度、発送をしていました。
って書くと簡単なんですが、実際は数百キロの物を(複数回にわけて
とはいえ)何度も車に積み替え、運びをしているため結構疲れるんです。

だから果樹園隣接の倉庫に運び込み、そこで梱包まで行ってしまえる
よう、かなり大きな作業台を作ろうとしているんです。

で、まずは支柱と横棒。

IMG_20180418_154816

丁寧に垂直、直角をだし、単管パイプを組んだのですが、この
接合部分は7~8年前に薔薇の棚を作るために購入したもの。

薔薇は、屋久島の気候に合わず全滅したため、倉庫で眠っていたのを
ひっぱりだしてきたんです。

で、これに棚板を載せる柱を取りつけます。

IMG_20180418_154611

木の柱を載せているだけのように見えますが、ちゃんと支柱にくっつけて
あります。
その金具は倉庫作りの時に使ったあまりの金具です。

で、これに棚を載せます。

IMG_20180418_154801

どうです。
綺麗にはまっています。 いかにもオーダーメイドのようにぴったりはまって
いますが、これは、以前使っていた2段ベッドのスノコです。

若干、切ったりはしましたが、ほとんど動かないぐらいにぴったりと
しています。
実際、果樹を載せる場合は、このスノコの上に、柔らかい板か布を引くことに
なるのでしょうが、今はひとまず完成です。

物を大事にすること、リサイクルは大事ですね。

タンカンの次の果樹は

タンカンは3月初旬で終了し、今は花盛り。

でも、これからも次々と果物が続きます。

まずはマルベリー = 桑の実ですね。

IMG_20180418_103951

2年ほど前から実をつけるようになってきたのですが、今年は大豊作。
見ての通り鈴なりの状態です。

ただ、この実は日持ちがしなく、また柔らかいため輸送ができないため
販売ができないんです。
よって、当方にお越しいただいた方のみ、新鮮な実を食べていただくか
ジャム等になります。

で、その後は

IMG_20180418_104010

ご存知 ブルーベリーです。
去年、樹が大きくなりすぎて高さがゆうに2mを超えるぐらいになっていたため
ばっさりと剪定をしたんです。
で、ちょっと切り過ぎかな~と心配していたのですが、こちらも実がよく
ついています。

こちらも販売はなし、そのまま鮮度抜群で食べていただくか、同様にジャム等
にしてお出ししています。

で、もうちょっと経てば

IMG_20180418_104025

今は満開のマンゴーが実をつけるはずです。

こちらは昨年から実をつけ始めたのですが、今年はより一層たくさんの
花が咲いています。
これはそろそろ支柱を立てて誘引しなくちゃな~ また作業が・・・ と
うれしい悲鳴です。

もちろん全て EM栽培、無農薬 で、安心・安全です。




今日は、いい顔が欲しい

先日は、外国の方だったので変顔な魚が受けていました。

で、今日は日本人のお客様。
う~ん、変顔はちょっといかんかな~ でもな果樹園の仕事も忙しい
から知り合いの鮮魚店に行こうか・・・ と思っていたら

ぶ~ん・・・ とバイクの音。
おっとMさんじゃないですか、これから釣りですね。 じゃご一緒にと
早々に果樹園の仕事を片付け、出発です。

で、釣り場にて、いつもMさんと来ると、Mさん右側、当方が左側が
いつもの場所なんです。 

「最近どうですか~?」 とか
「ブリはそろそろですかね」 とか情報交換をしながら、のんびりと
釣りなんですが、こういった気のいい方は少ないんですよね。

猿山のなわばり争いのように、目を剥いて威嚇してきたり、挨拶を
完無視したり、ゴミをポイ捨てしたりする人が多いんです。
先日も釣り場で会った人が 「最近釣れないですよね~、10年前に
来た旅行に来た時はどこからでも釣れたんですけどね・・・」 って
言っていましたが、当然でしょうね。

環境破壊もひどければ、乱獲もひどい、というかムチャクチャ。
は~・・・・・・。

ということで今日は気持ちよくのんびり・・・ って感じだったのですが
投げ始めて15~20分後。 いきなり
ガツン!

お~きた、これはオボソ(スマガツオ)かな、あ~Mさんすみません
そっちへ行っちゃった(気持ちよく進んで場所を空けてくれる)
で、なんとかブリ上げて

IMG_20180418_172400

ハガツオ 58cm

オボソもいいけれど、こっちの方が身がしっとりして美味しいんです。

「じゃMさん お先に」

そうです、必要分以外は獲りませんよ。


変顔がいいんです

今日は2組のお客様・・・・ 外国籍の方のお刺身があるんです。

で、いつものように釣りに出発です。
ま~昨日は強風、荒天で釣りにならなかったので、なんとか今日中に2匹は
必要だな~なんて思っているのですが、これがなかなか・・・。

堤防先端では時折、青物がばちゃばちゃしているのですが、これがキビナゴ
にもルアーにも反応しない。
(ちなみにルアーは当方でなく、当方の両端でジギングをしていた方々)
一度だけ「いい加減釣り日記」氏が、オボソらしきものを掛けたのですが
あいにくの針外れ。

う~ん、しぶいな~ なんて思っていたら・・・ ようやくダツが一本。

通常はリリースサイズなんですが、本日はキープ。

そして、その後にアカジョウ 40cm。

IMG_20180416_143912

うん、いい感じです。

ま、今日はこのアカジョウとかダツとか変わった魚がいいんです。
なぜかって、先にも書いたように本日は外国籍のお客様なんです。

これが日本人の方であれば、オボソ(スマガツオ)とか、ナンヨウカイワリとか
ブリといった脂ののった魚が好まれるのですが、外国籍の方はちょっと
違うんです。(一般的に)

牛肉でも日本人は霜降りの肉が高級で美味しいとされているのでしょうが
外国の方では赤身の肉の方が好まれていたりするように、刺身でもちょっと
好みが違っていたりするんですよね。

また、アジとか、カツオとか、タイといった一般的によく知られた魚をお出し
するより、ちょっと変わった風貌の方が面白く受けたりするんです。

ということで、今日はちょうどいい感じの魚が釣れて当たりですね。



切れる老人 反面教師としよう

この仕事も10年ほどしていると、色々な方がきます。

で、今回はスイス在住の日本人KA氏、年齢はま~老人といって間違いない
お歳です。

到着の2日前になって電話があり
「港からどう行くの?」 → レンタカーが便利でバスは不便で高額ですよ
って感じが案内すると、いきなり 

そんなん聞いてない、最初から言うべきだ、キャンセルする、キャンセル料は
払わない・・・・ ってな感じがで怒りまくり。
でも、ちょっと待ってください・・・ 料金や立地、その他条件を見て予約した
のはKA氏。 

そして確かに当館がある南部地域は白谷雲水峡等に行くには不便ですが
逆に温泉巡りや滝見物、ゆっくり過ごすには最適な場所。
もちろんお客様から質問、相談があれば丁寧にお答えしていますが、
嫌がるお客様もいらっしゃるので、根掘り葉掘り日程等をお聞きすることは
ありません。

ま、なんて丁寧に説明しても、自分の言い分ばかり・・ それどころか
「裁判でも警察でも勝手に言え、こっちはスイス
在住だから関係ない」


あ~これが最近
よく聞く 「切れる老人」 か。
こういった人には何を言っても無駄なんですよね。 

先にも書きましたが、当館も10年営業していると、見習いたい方、尊敬できる方
も沢山いらっしゃり、是非こういう人になりたいな~なんて思うことも多々あります。
逆にこういった人にはなりたくないな~と思う人も散見され、絶対こうなりたくない
反面教師にしようと強く感じたりもします。

ま、なんて気持ちでちょっとイライラしていたので、のんびり釣りに。
雨上がりなので、先客は一人だけ。

ぼ~っとして癒される・・・ なんて暇はありません。
ダツがしょっちゅう当たるし、その合間に

IMG_20180412_152930

ナンヨウカイワリ 62cm。

あ~やっぱり神様はよく見ています。 
ちゃんとお越しになれば、こんな美味しい魚が食べられたのに残念でしたね。


ま、でもああいった人は他のお客様とトラブルを起こすケースが多いので
やめてもらってホッとしたのも事実です。




ギャラリー
  • 次のDIYはテーブル まずは欠き込み
  • 次のDIYはテーブル まずは欠き込み
  • 次のDIYはテーブル まずは欠き込み
  • 次のDIYはテーブル まずは欠き込み
  • 次のDIYはテーブル まずは欠き込み
  • まずは梅、次にスリナムチェリー、続いてパッション
  • まずは梅、次にスリナムチェリー、続いてパッション
  • まずは梅、次にスリナムチェリー、続いてパッション
  • まずは梅、次にスリナムチェリー、続いてパッション
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード