屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

2連続はいけるんだけど

さて、昨日の釣果に気をよくし、本日も同じ時間帯に出撃です。

本日も晴天なり。
おっと、昨日は誰もいなかったけど、本日は先端に一人釣り人がいる。

・・・ って近づいていくと、N氏。

う~ん、屋久島の釣り場は、釣れているとどこからともなく人が沸いて
くるんですが、このN氏はおそらくこの堤防で一番釣りにきているんじゃ
ないかと思うぐらい。
ちなみに自分は2~3番目ぐらいか。
・・・ つまり、釣れて人が集まっているかの参考にはならないんですよね。

ま、でもそれ以上に最新の釣り情報を教えてくれるからありがたい方です。

で、N氏と入れ違いに釣り開始。

今日もエサ取りが多いな~ なんて思っていたら、早々にウキがドン!

IMG_20181017_162316

昨日よりちょいサイズUPの 58cm ナンヨウカイワリ。
昨日の写真と似ているけど、ちょい大きめで、昨日のよりはちょいスマート。

ちなみに昨日のナンヨウは、腹に卵でも抱えているのかと思ったら
ただのメタボで脂たっぷりでした。

早々に釣れたので、あとはのんびり、2時間程で撤収です。

で、問題は今後なんですよね。
2週間程前にも2日連続でナンヨウカイワリが釣れたのですが、今回も
2日連続。
ちなみに前回は3連続とはならずボウズでした。

まだまだ行けそうですが、次回はどうですかね。


今期の夜釣りは終了だな

めっきり秋めいてきました。

日中はそれでも暑い日があるんですが、それでも汗ばむほどでなく
夕方には涼しく、夜にはちょっと寒く感じることもあるぐらいです。
・・・ ま~Tシャツ、短パンだから当然なんですが。。。

で、そんないい気候の時には釣りです。

のんびり竿をたらして、秋の星空を眺め、大物を釣る。 
贅沢な暮しですね。

なんですが、竿を投げても釣れない。
たまにエサ取りがエサを取っていくだけで、針にかかるような大物は
当たらない。
以前のデータからもそろそろ夜釣りは終盤だったな~と思いつつ
なんとか30cm程のヘイケ(ホウセキキントキ)を挙げただけで終了です。

じゃ、昼間はってことで、翌日は日中に出発です。

穏やかな日差し、心地よい微風、最適な気温・・・ にも関わらず釣り人が
誰もいない。
う~ん やっぱ釣れていないのか。。。

エサ取りは相変わらず頻繁にあるんですが、大物はこないな~なんて
思っていたら、ふっと見るとウキがない。

慎重に丁寧によせてあげてみると

IMG_20181016_161555

55cm ナンヨウカイワリ、お腹パンパンのメタボ気味。

ま~結局、この一回きりだったんですよね。
2時間そこそこでこれが釣れればいいんですが、これだけ当たりが少ないと
やっぱ釣り人も来ないですね。

雨が降ったからか、急な冷え込みで水温が下がったからなのか?
ま、そうはいっても明日も出発予定です。


海の荒れた後は狙い目

台風後の海もようやく穏やかになったので、ここらで出撃です。

南国屋久島でも、日中の日差しはようやくやわらかくなり
過ごしやすい気候になってきたので、これから当面は気持ちの良い
釣りができそうです。

で、堤防について、海を見ると。。
それこそあちらこちらにキビナゴ等の小魚が泳いでいます。
台風で海が荒れたので、堤防の内側等に小魚が避難していたん
でしょうね。

で、当然、小魚がいれば、それを狙う大物もいるはず・・・ 
海も適度に濁っており、絶好のコンディションって感じです。

早々に仕掛けを投入すると、ダツやオジサンといったいつものや
エサ取りも頻繁に当たる。

で、そんな中

IMG_20181007_140731

あがってきたのは、ヘラヤガラ。

ヤガラは、美味しくてお客さまの人気も高いのですが、このヘラヤガラは
ダメなんです。
四方八方に小骨が入っており、どうにも捌けないので、早々に海に返却です。

で、続いて

IMG_20181007_150042

ハタ 40cm

これはいいです。 屋久島でもかなり上物ですね。
で、なんとこいつは、私の針以外にもう一つ錆びついた針が口に刺さった
いたんです。

ハリを見ると、ネムリバリ。
うん、自分が逃がした物ではないですね。

最後に

IMG_20181007_152729

フエダイ 40cm

個人的にはハタの方が好きですが、こっちのフエダイもわりと上物で
刺身、煮つけ等々なんでもOKです。

粘ればまだまだ行けそうですが、ま、これぐらいでOKですね。

適度にほどほどに、自然を大切に。

最近の懐中電灯

台風は去った。

今年は何度か台風の被害にあい、宿泊業も果樹園もかなり痛い目に
あったのですが、ま~日本全国で豪雨や地震等で被害もあり、
それよりはましかな・・・ と自らを納得させているような感じなんです。

特に屋久島は災害でなくても停電はよくあるんです。
ちょっと前にも発電所の設備更新とかいって、数時間停電をしていた
のですが、この発電所の設備うんぬんって結構頻繁にあるんですよ。

ま~離島だから・・ 田舎だから・・・ ってあきらめてはいるんですけどね。

で、災害の必需品といえば 懐中電灯

数年前から使っていたのが ↓

IMG_20181003_110500

Gentos 閃 という、懐中電灯で、これが消費電力が少ない(電池のもちが
いい)わりに、光量が強く気にいっていたんです。

で、今回の台風時にも使おうと思っていたら・・・ 点かない。

中を開けてみると、電池が腐食してしまっているんです。
一応、防滴使用だったのですが、長年の使用でパッキン等が傷んでいたん
でしょうね。 ま~4,5年は使ったと思うのでよしとしましょう。

で、今回、新たに購入したのが ↓

IMG_20181002_214355

メーカー名はよくわからないのですが、今回は防滴使用でなく、完全防水。
なんと水深50mまでOKなんです。

もちろん50mまで潜ることはありませんし、夜にシュノーケルをすることも
ありませんが、これだけ防水がしっかりしていると、台風・大雨時や釣りの
時などに安心して使えそうです。

で、加えて

IMG_20181002_214425

USB充電で、充電池つき、もちろんこの配線もついて送料込 ¥2000.

耐久性はこれからですが、ちょっと安すぎですね。




台風24号は去った、結果は

今年、最強というか、屋久島に移住して今までで最も強い台風が直撃!!

ということで、しっかり準備はしておきました。

ま~鉢や小物等は倉庫や玄関内に入れ、看板も飛ばないよう
倒し、果樹も大きいものは上部をかなり切り落とし、小さい苗は
それこそハゲになるぐらい剪定をしておいたんです。

で・・・ 台風、屋久島に直撃。

だったんですが、あれっ? ま~相当警戒していたのもあるんですが
停電時間も半日程度、庭の木々もそれほどの被害はない。

果樹園に行って様子を見るも

IMG_20181001_162840

過湿で実割れや

IMG_20181001_162316

強風での落下もあったのですが、それほど多くの落下は無い。

ま~枝がすれて傷ができたのは仕方ないんですが、拍子抜けするほど
被害はありませんでした。

ただ、バナナは

IMG_20181001_163128

一部は完全に倒れ復活の見込みはないんですが、花芽がついていたのは
斜め45度に傾いており、完全に倒れてはいないので、まだなんとかならない
かな~って感じです。

いや~ほんとよかった。
今年は果樹は全滅、屋根瓦も数枚は飛んで、倉庫は倒壊かと思って
いたのですが、わりと軽微な被害で済みました。

で、翌日は快晴、海もおだやかなため久しぶりの釣りです。

ダツやオジサン、その他もろもろ・・・ わりと頻繁に当たります。

ま~そんな中で

IMG_20181002_141939

ナンヨウカイワリ 48cm

美味しいのが釣れたので、これで帰宅です。
 



初バナナの花が咲く・・ はず・・ だけど

果樹園の見回りをしていたら、今まで気付かなかった
バナナの花ができているじゃないですか。
IMG_20180928_145451

ま~このちょっとグロテスクな紫色をした長さ40~50cmぐらいのものが
花の部分です。

で、ちょっと上の部分を拡大すると。

IMG_20180928_145505

受粉前のバナナの実がごろごろ。

バナナは樹でなく、草なので成長も早く、たくさんの肥料と水がいるからと
せっせと世話をしていたのですが、ようやくここまできました。

これで花が咲いて受粉をしたら・・・ 国産、無農薬、完熟の美味しいバナナが
食べることができる。
以前に何かの番組?映像?では、東南アジアから輸入されているバナナは
早取りし、防腐剤のプールに浸かって運ばれており、それを見てからは一切
輸入物は食べなくなっていたんです。

ま~輸入物を食べない=日本ではバナナはまず食べられない って事
なんですが、ここ屋久島で地元産のバナナを食べて久しぶりに甘く美味しい
と感動したんです。

で、バナナを育て始めてようやく・・・・ よ~し、もうちょっと大きくなったら
監視カメラをつけて・・(数年前に他果樹園で盗難があった) と思っていたら

あ~ 台風24号で倒れるね。。。 

まだまだ本当の美味しいバナナを食べられるのは先になりそうです。




もとは取れたかな

天気もいいし、果樹園の作業もひと段落・・・ というか釣りに行きたい
ので、小休止。

夕方2時間、ちょっと出撃です。

最近は磯場に行かず、もっぱら堤防釣りが増えたのですが、
理由は磯場は行くのが面倒なのと、堤防で十分釣果がでるからです。

先日も夜釣り3時間弱で。。

IMG_20180919_211258

フエダイ30~48cmを5匹に、ほかヘイケ等々。

で、今回は夜釣りではありませんが、ま~これだけ魚の活性が
高ければいけるんじゃね~って感じです。

おっと先に来ている、N氏に話を聞くと、「ヒラマサ70cmに切られ
その後にまたヒラマサが・・・ ナンヨウカイワリが・・・」 なんて
言っていたので、よしよし、ほんじゃいっちょやったるかいなんて
気合いが入ります。

・・・ なんですが ・・・

ほとんど当たりも無く、針が切られる。
すでに4~5回も切られている。 根がかりもあり仕掛けもロストしている。

ま~根がかりは底釣りをしているとつきものですが、この針切れは
おそらくフグ。

ウキをつけて上を流しても、底に落としても フグ。

もうやめようかな~、 エサもあるしな~、 もう一回だけ~、なんて
考えが頭を周りつつ、ちょっと竿先が揺れたので、ん? って感じで
合わせると・・・

なんか重い、あまり引かない、これはウツボか?
なんて思って寄せて見ると

IMG_20180922_180103

45cm ハタ。

いや~この一匹に救われました。
針もすでに10本近くロストし、このままでは大赤字や~と思っていたところ
だったんです。

ま~このサイズは、島内の鮮魚店でも数千円はしますので、ゆうに赤字分を
解消・・・ といいたいところなんですが、ま、売るわけじゃないので関係
ないんですけどね。





なんとか確保

台風22号はとんでもない強さだったので、こっちくるなよ~と
毎日、天気図をにらんでいました。

気象庁の予報は遅いので、米軍関係とかヨーロッパの予報を見ており
だいたい予報通りに去っていったので、ほっと一安心。

・・・ なんですが、海は荒れている。
満潮に近い時は、堤防の上までしぶきがあがってくるので、今回は
干潮時に出発です。

で。。。

IMG_20180913_130740

ま~当然のことながら、外洋側は結構な荒れ模様。

でも。。

IMG_20180913_131135

内側はわりとおだやか。

で、通常はウキ釣りと底物の両方で狙うのですが、潮の流れが速く
ウキはすぐに流され、何度もやり直ししなきゃいかん。

底物は、おもりが流され絶対に根がかり連発になるだろうからと
今回は早々に2本竿とも堤防際での落とし込みに変更です。

ま~逆にこんな荒れて濁りがある時は、魚も岩陰や堤防といった大きな
障害物の近くに隠れているだろうな~なんて思っていたら・・・
まさに的中!

IMG_20180915_170300

30cm フエダイ。

この後、38cmのフエダイも追加したところで、当たりが止まり。
しばらく粘ったけど満ち潮になって、堤防の上までしぶきがあがってきた
ので撤収となりました。

ま、いい魚が確保できたのでよかったよ。



ようやく晴れた

このところず~っと雨ばかりでした。

釣りには行けない、野菜は受粉しないと散々でしたが、ようやく
久しぶりに太陽が出ました。

ま~北海道の地震や、その前の台風21号や、ちょっと前の豪雨災害等
があったので、雨が続くぐらいは我慢しなきゃいけないですね。

でも、ほんとこのところ災害多すぎ。
温暖化のせいなのか、地殻変動の活発化なのか、理由はもちろん
わかりませんが、ちょっと今後が心配なので、食糧や飲料水の備蓄と
発電機のメンテぐらいはしとこうかなと思っています。

で、ようやく晴れ。
早速、気になっていた果樹園に行ってきました。
ま~雨が続くとどうしても、病気が発生してしまうので、そうそうに木酢液を
かけてあげたかったんです。

木酢液で殺菌および樹を活性化させ、数日後にEM散布で元気にする
って感じでしょうか。

で、散布しながらチェックすると・・・

IMG_20180913_161658

過湿のため、実がいくつか割れています。
もちろん摘果して廃棄。

IMG_20180913_161914

病気で落下した実も多数。。。

ま~お天道様には勝てませんと思いつつ、散布を続けます。
台風はいつものことですが、今年は異常に雨が多いので、今後の生育が
ちょっと心配ですが、ま~なるようにしかなりません。

その点、ハウス栽培はいいな~と思うのですが、管理され過ぎた実は
美味しくないんですよね。

でも、もともと樹が元気なため、一部は病害、落下もありましたが
今のところなんとか昨年並み? ちょっと落ちるぐらいでなんとかなりそうです。

IMG_20180913_161711

それから、以前からちょっとずつ収穫量が増えてきたドラゴンフルーツ。

P1140427

まだまだ大きく販売を展開という状況ではありませんが、今年から
お試しで販売開始です。

このドラゴンフルーツ、南国のトロピカルフルーツの一つですが
イメージとしてスイカ? ナシ? のような感じです。

マンゴーやバナナのようにねっとり、甘いといった感じでなく
さっぱり、多汁のフルーツなんです。

今年は数量限定なので、ご入り用の方はお早めに。


タンカンの樹が枯れた・・・

日々、せっせと病害虫の駆除や枯れ枝の夏芽の適枝を
しているのですが、どうしても見落とししてしまいます。

テッポウムシの成虫の時期は過ぎたのですが、今は卵から
孵った幼虫の駆除なんですが、実はこのテッポウムシ、成虫は
枝(といっても直径2~5mm程度)の周囲の皮をはいでしまうので
その枝は枯れてしまいます。

とはいっても、直径2~5mm程度の枝なんで、ま~あまり害はない。

問題は幼虫の方なんですが、これは樹の枝の中に入り中身を
食い荒らすんです。
で、一見、樹の表面は問題ないんですが、いつの間にか樹は
スカスカ、で、最後に直径1~2cmの穴を開けて出てくるんです。

ま~成木はしょっちゅう見ているのですが、今回見落としていたのは
直径3cm程のようやく今年から実をつけだした苗なんです。
まさか、こんな小さい樹に卵を産むとは・・・ と気付いた時には時
すでに遅く、根元周辺は食い荒らされていました。

急いで駆除したのですが、1週間後。

IMG_20180906_174500

チ~ン・・・ あ~あ、せっかく枝ぶりもよく樹も元気だったのに残念です。

ま~これも年にたった2~3回、テッポウムシ用の農薬を散布していれば
問題はないのですが、さすがに無農薬だと週3~4回、見回りしていても
ダメなんですよね。

  ・・・ 農薬に頼りたくなる気持ちも強くわかります ・・・ 

ま、枯れた物は仕方ない、気を取り直して今日も草刈、病害虫駆除です。

で、その他のタンカンは元気です。

IMG_20180906_174707

だいぶ大きくなってきて、ゴルフボール前後ぐらいまで育っています。

ギャラリー
  • 2連続はいけるんだけど
  • 今期の夜釣りは終了だな
  • 海の荒れた後は狙い目
  • 海の荒れた後は狙い目
  • 海の荒れた後は狙い目
  • 最近の懐中電灯
  • 最近の懐中電灯
  • 最近の懐中電灯
  • 台風24号は去った、結果は
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード