屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

今日はこれぐらいで

最近、日中は暑すぎて、午前中か夕方に釣りに行っているのですが
潮の時間が悪かったり、お客様がお越しになったりでなかなか
じっくりと釣りができません。

ま~それでも必要分はなんとか確保しているからいいのですが
そろそろ大物が欲しい。

で、今日はお客様が “幸い”? 少ないので、夕方から出撃です。

で、潮の時間はいいと思ったのですが、ウキが動かない。
たいていはウキが左右に流れることによって、仕掛け・エサが動き
魚が食いついてくるのですが、ウキが投入した場所を動かない=
エサが広範囲を動いていない ので、魚が当たらないんです。

たま~に、ウキがチョロチョロっと動けば、小魚がつついただけ・・・
という時間が過ぎ、潮が変わると・・・

ウキがじわっ~と沈み、ドン!

IMG_20180808_181427

55cm  ナンヨウカイワリ

よ~し、これからだぞっと、再度投入すること、わずか10分

IMG_20180808_182703

サイズアップの60cm ナンヨウカイワリ

クーラーがパンパンで蓋が閉まらない程。
粘ればまだまだいけそうでしたが、今日はこれぐらいで終了。

やっぱ、ほどほどにしておかないとね。


今年の初物は

毎日毎日、暑い日が続きます。

3大都市圏では、39度だ40度越えただのニュースになっていますが
ここ屋久島は33~35度ぐらいでしょうか。
緑も多く、木陰に入るとちょっとさわやか、夜にはクーラーを切って、窓を
開けて寝ているのですが、明け方は肌寒いことも。

ま、でも日中は暑いんですよ。。。

でも、仕事は待ってくれません。
果樹園では相変わらずテッポウムシの残党と戦い、枯れ枝や新芽を切り、
フラフラになりながら草刈をしています。

で、そんな中で、パッションフルーツは最盛期。

だいたい一日5~10個程度は自然落下しているのを回収しているのですが
そろそろこれも考えもの。

IMG_20180807_152108

パッションフルーツの棚を高さ1.3m程、幅1.5m、長さ4~6mぐらいに
しているのですが、すでに棚はジャングルにようになっています。

IMG_20180807_152649

で、自然落下した収穫物は、この棚の下に落ちているのですが、ウサギ飛びの
ような格好をして、ズリズリと棚の下をくぐりながら回収しているんです。

ま~これが結構、足・膝にくるんです。

かといって、棚の下を容易に歩けるぐらいに高くすると、受粉作業はできないし
台風にも弱いし・・・ ちょっと悩み中です。

で、作業も収穫も本日終了。


見回りして・・・ 最近はこれです。

IMG_20180807_151922

そう、今年、初生りの洋ナシです。

今年は数個しかないので、ほんの味見程度かな~。

そして、栗。

IMG_20180807_151948

こっちは栗ごはん3回分ぐらいでしょうか。
まだまだお客様にたくさんというわけにはいきませんが、こちらも
楽しみです。

 

蜂の巣は鹿避け? それとも。

果樹園は無農薬栽培していると、多々面倒なことがあります。

ま~よく書いているように、病気、害虫といったわかりやすいもの
から、例えばクモの巣がたくさんあり、これがいちいち顔や体に
糸がくっついて鬱陶しいとか、バッタやセミが顔めがけて飛んで
くるといったことがあります。

でも、これらは多少びっくりするとか、クモの糸がくっついて嫌な
感じになるぐらいなんですが。。。

要注意は 蜂。

刺されると痛いし腫れるし、治りかけはかなり長期間かゆみが
とまらないといったこともあるんです。

ただ、今は果樹園に3つ巣を残してあるんです。

IMG_20180719_162130

すでに大きさは直径15~20cm程。
かなり大きいので、今回3つのうち2つは駆除することにしました。

ま~最近は慣れたもので、刺されることはありません。
まずは

IMG_20180719_162937

殺虫剤に、中が空洞の長さ1mぐらいのパイプをくっつけ、巣の周囲から
満遍なく散布します。
最初は巣から蜂が一斉に飛び立って向かってくるのですが、ここは
走って逃げたりせず、静かにやり過ごします。

だんだん落ち着いて=元気がなくなってきたら直接、巣に殺虫剤を
かけていきます。
で、この頃になると、逃げ遅れたりしたのが・・・

IMG_20180719_162626

で、最後に枝から切り離してOK。

IMG_20180719_162846

ま~こんな感じで危なげなく駆除終了です。

ちなみに巣に気付かず、近寄りすぎて刺されたことはありますが、
駆除中に刺された事は一回もありません。

・・・・・・・・・・・ で、ここでさっき巣を3つのうち、2つを駆除と書きましたが
残りの1つは?

実は、果樹園に鹿が出て新芽を食い荒らしたりするので、嫌がってこなく
なるかな~っていう気持ちと・・・
もう一つは人避け というか 泥棒避け です。

今年のポンカン、タンカンの時期は、収穫前に、倉庫に侵入した
泥棒がつかまり、それ以降は盗難がなかったそうです。

ただ、まだまだ油断はできませんので、これを見て、うちの畑はやばい
って思って入らないようにしてもらうためです。

ま~こんな事を考えなくてもいいように平和に過ごしたいもんですね。


夜釣りも好調

暑すぎる。 って前回も書いた。

それぐらい暑い。

で、今日は夕方は農園作業をしたので、夕暮れからの夜釣りです。
この時間になると、ようやく外気が気持ちよくなってくるんです。
で、前回は7時頃にカスミアジが釣れたので、そのちょい前ぐらいの
6時半ごろから出勤です。

で、これまた同じ仕掛け、同じ場所に投入して待つこと・・・

IMG_20180718_193605

そうそうにイケカツオ 70cm ゲットです。

ま~大物でうれしいんですが、こいつはカツオといいながら体が平べったく
あまり脂がのっていない。
本カツオやオボソ(スマガツオ)のように、身を厚く切って刺身にせず
ちょっと薄めに切って刺身にしたり、味をつけて調理するのに向いています。

で、日が落ちると

IMG_20180718_194526

バタバタと30cm前後のヘイケ(キントキダイ)が釣れてきます。
ま~その合間に、テリエビス、マツカサウオ、ウツボ等々、休む暇がないぐらい
賑やかな状態です。

で、ちょっと落ち着いた頃。

一台、車が入ってきて、2名の釣り人がきたんです。
ま、来るのはいいんです。
でもね~ ずっ~と鈴をチャラチャラ鳴らし続け・・・  うるさいって
当たりかまわず強力なライトで照らし・・・ こっち向けるな眩しい
(1~2回のたまたまだったら我慢します)
その強力なライトで当方のウキ、海面を照らし・・・ お~いおバカさん
 魚が逃げるし、マナーを守れ

って感じで一気に嫌な気分に。。。

ほんとゴミを捨てたり、マナーを守らない釣り人が増えました。
当方は自分のゴミは持ち帰るのですが、あわせて近辺のゴミも拾って
いくのですが、港の中、海面、いたるところにゴミだらけ。

は~って感じで、もう帰るかって思ったところで、最後の大当たり

IMG_20180718_212833

45cm フエダイ。 美味しい魚が釣れました。 
ちょっと気分

犯人は、こいつか!

暑すぎる。。。。

日中は農園作業も、釣りも行けない。
ま~かろうじて夕方近くになってから、果樹の樹の陰に入りながら
枯れ枝、病害枝、夏芽の剪定や害虫駆除をしているぐらいなんです。

で、夕暮れ間近になって、ようやく釣り場へ出勤です。

IMG_20180715_093132

暑くなって、最近はよく当たりは多いんですよね。

これは25cmぐらいのオジサンとフエフキダイ。
なんか重いな~と思ったら、2匹一遍に釣れたりとなかなか忙しい。

しかし

IMG_20180717_191531

結構、頻繁に針が折られたり、曲げられたり。
こりゃ30~40cmぐらいの獲物じゃないな~ってことで、針を太軸の物に
変更し、ドラグを微調整して再投入です。

・・・・・・・・ ウキがじわっ~って沈みます。

これ微妙なんですよね。
小魚がウキの浮力と拮抗してなかなか沈まないケースと、大物が
ゆっくり回遊しているケースとあるんです。
ま、たいていは小物なんですが。。。

でも、ぐっと竿をあおって合わせると、きたきた~!

急に走り出し、2度、3度と強い引きがありますが、ドラグの微調整がきいて
なんとかしのぎ

IMG_20180717_185936

60cm カスミアジ

お腹がパンパンで体が丸く太っているので、長さ以上に重量があります。
推定5kg?ぐらい

針を折っていたのは、こいつだったのかな~?


IMG_20180716_190729


次の収穫物は

雨が続きます。

梅雨は終わったと思ったのですが、その後に台風7号
それから最近の豪雨と雨ばかりです。
湿気が多く、畑や果樹園もぐちゃぐちゃ、釣りも行けない
それでも、本州のように大きな災害になっていないだけ
ましと思わないといけないですね。

最近はドシャブリは別として、小雨程度なら気にせず果樹園の
作業です。

で、今は防風林の剪定。

雨が続いてなかなか作業ができなかったため、ちょっと遅れ気味
なんですが、今はせっせと防風林を切っているんです。

防風林というぐらいですから、ほかっておけばいいんじゃない?って
思われるかもしれませんが、放置しておくと上ばかり茂って
風除けになる中段付近がスカスカ。
また、蔓等が絡まってしまうと、強風の時に風を流すことができず
枝が折れてしまうんです。
(枝が分かれていると、別々に風を受け流すのですが、蔓が絡まると
大きな塊になってしまい、モロに風を受けてしまうんです)

で、

IMG_20180706_141054

太い枝はチェーンソーを振り回し

IMG_20180707_155159

細い枝は剪定鋏でひたすらカット。

で、腱症炎になる前に雨が降って中断。
合間に果樹の見回りで

IMG_20180706_140947

完熟したパッションフルーツの自然落下が始まりました。

IMG_20180706_141034

ライチは雨が多く温度が低いため、色づきがもうちょっと。

今年はライチの授粉時期に雨が多く、収穫量が少ないので販売は無しと
なってしまいました。



無農薬はびびるな~

ようやく長く続いた雨が終わり快晴です。

今年は異様に雨が降り続き、せっかくお越しいただいたお客さまも
雨ばかりで、ヤクスギランドや縄文杉も通行止めで行けず、なんか
申し訳ない気持ちでいっぱいだったんです。

ちなみにいまだに 
「屋久島は1月の間に35日 雨が降る」 とか
「一年中、雨ばかり」 とかおっしゃる方がいますが、はっきり言って
そんなに降っていたら住めませんよ。

当方は中部地区からの移住ですが、体感的には名古屋と降雨日数は
変わらない。 (これが屋久島北部はかなり雨が多いですが)
ま~山中とか、北部地域だったらもっと違ったかもしれませんけどね。

で、話がそれましたが、ようやく太陽が見えました。
となるとやりたいことが山積みですが、まずは果樹園です。
雨が降り続いたせいで、果樹の樹の幹が ↓

P1140359

ま~こんな感じで苔が生えたりしているんです。

果樹も生き物ですから、水気は欲しいが常に湿った状態ではよく
ありません。 
最初は亀の子タワシでこすって落とそうとしたのですが、これがなかなか
頑固ですし、また入り組んだ場所とか、枝のはえている間なんかは
タワシが入らずどうしようっか? って感じだったのですが・・・
閃きました!

高圧洗浄機は勢いが強すぎて樹を痛めてしまうのですが、噴霧器なら
シャワーのような弱い勢いからだんだんと強めていくことができます。
で、樹を傷めない程度で、強めにし、かつ殺菌作用のある木酢液を
混ぜて・・・・

P1140361

綺麗な樹の肌が出てきました。
って書くと簡単なんですが、実際は跳ね返った苔とドロが混じった水を
浴びて、泥だらけになっての作業なんです。

ま~この後で病害が出ないよう、葉っぱの方にも木酢液やEMを
かけたり、枯れ枝をとったりと作業はつきないのですが、ひとまず
すっきりです。

ほんと無農薬は手間がかかる・・・ と思っていたら

P1140357

樹上にヘビまでいるじゃないですか。

前回はスズメバチに今回はヘビ。 
う~ん、無農薬でエサも豊富、環境もいいから天敵も多いのでしょうが
ちょっとこわごわです。

頭が三角形のヘビは毒有り、丸いのは毒無しなんて聞いたことが
ありますが、そんなはっきりわかんないですよ。
ま~なんとか樹上から落とし、道路の方に追い立てて逃がしたのですが
枯れ枝取っている時に、目の前にいたらびびるよな~。。。。

ま、なんて事をしながら、果樹園の作業が続きます。

そしてタンカンは元気です。

P1140362

現在、直径3cmぐらいでしょうか。
濃い緑の実と葉っぱで、まさしく健康優良児って感じです。

KETER物置の補修

屋久島に移住して早々に購入したKETERという物置。

P1140342

10年近く経過してきますと、色々不具合もでてくるんです。
特に最近、雨漏りがひどく、倉庫内で保管していた電化製品が
壊れてしまったこともあります。

ま~その度にシリコン等で隙間を埋めて補修等をしていたのですが
そろそろ限界です。

P1140343

で、思い切って屋根だけ交換することにしました。

屋根をとりはずすのですが、すでにネジはサビだらけ、場所によっては
スカスカで効いてないネジもあります。
・・ 「高い買い物なんだからネジぐらいステンレスを使えよ~」

シリコンはナイフで切って、べりべりって感じではがします。

続いて、新しい屋根材となる柱の組み立てです。

P1140345

ま~この辺は果樹園の倉庫を作った時に慣れたもんでささっと。

で、この屋根材とKETER壁部分を取りつけるのが難点です。
当然、とりつけように穴とかはないし、木の部分にはネジは打てても
壁のプラ部分には打てない。

ステンの太い針金で固定したり、壁のプラ部分に穴を開けてから
取りつける等でなんとか固定ができました。

あとは、また手慣れた波板の取り付けです。
中央部分は採光用のポリカーボネイトの波板、あとは耐久性抜群の
ガルバリニウムの波板です。

P1140346

なんせ昨日まで雨、明日からも雨ということで、作業日が今日しかなかった
ので、ちょい横着をしましたが、なんとか完成です。

外見はいまいち風に見えますが、中から見るとわりといい感じです。

P1140347

ちなみに屋根のてっぺん重なる部分は 「入」 の字のように重ねて
シリコンで隙間を埋めているので完璧です。

ちなみにこの KETER物置 購入時は 15万ぐらいだったと思います。
広さは 4平方メートルぐらい。
しかも上物だけですから、これに敷石になるブロック等も大量購入
しています。

また果樹園の倉庫は12平方メートルぐらい、高さもあるので今後
必要に応じロフトを作ることも可能です。
費用はKETERとほぼ同額。。。

次は全部自分で作ろっと。

獲ったど~!

って、魚だったらいいんですが、今回は果樹園での話。

今の時期は、先にも書いたのですがテッポウムシや病害虫の退治
以外に、防風林の剪定という仕事もあります。

この防風林ですが、当然剪定は必要です。
そのまま放置すると、蔓がからまったり、上ばかり延びて下がスカスカで
防風の役目を果たさなかったりするばかりか、果樹への日当たりにも
影響します。

で、まずは防風林の上部を剪定。
これは果樹より若干低めに剪定します。 そうすると防風林は横に伸びて
間が密になってくるんです。
あとは枯れ枝の処理や横に飛び出している枝の処理等々。

で、今日もそんな処理をしていると、耳元で

ぶ~ん

やべっ蜂だ! 顔にもパシって当たったので急いで退避です。

で、落ち着いた頃にゆっくりゆっくり近づいて巣の場所を確認すると

ん?

スズメバチ じゃん。。。。。

P1140350

アシナガバチは刺されると痛いのですが、ま~これは我慢できる。

しかし、スズメバチは命に関わる、ちょ~危険な蜂で、これと比べると
アシナガバチなんて、へって感じぐらいです。

殺虫剤を持って、まずは巣の周囲に大量に散布、じょじょに近づいて
巣に集中的に散布を繰り返しますが、さすがスズメバチ、なかなか
巣に近づけません。

繰り返しヒット&アウェイを繰り返し、巣に近づく(といっても2mぐらい)
事ができるようになると、続いて1mぐらいの細いパイプを殺虫剤に
つなげて、巣の中に直接噴霧です。

・・・ 30分 様子見 ・・・・

ようやく動くものがなくなったので、長い剪定鋏で枝ごとチョッキン。

アシナガバチだったら鼻歌を歌いながら、3分程度で処理できるのですが
さすがに今回はちょっとビビり気味。
実際、この後に見つけたアシナガバチの巣は2分もかからず終了です。

P1140349

ま~巣の形状がアシナガバチは巣の外に親蜂がたかっているのですが
スズメバチは、この円形の中に親蜂が入っているから退治しにくいん
でしょうね。

で、比べてみると

P1140353

アシナガバチは5cmぐらい(左)に対し、スズメバチは20cm以上も
あります。
しかし、軽い。
ソフトボールとハンドボールの中間ぐらいの大きさですが、小指で持てる
ぐらいで、100gないんじゃない?って感じです。

********* ↓ ちょいグロイ画像です **********

P1140354

蜂の子も一杯です。

そうそう、アシナガバチ へって書きましたが、刺されると痛いですよ。
気分も悪くなるし、刺された場所は腫れあがります。

ただ、我慢ができるという意味で、決してにぶいとか痛みを感じないと
いうわけではありません。





真面目な人ほど民泊をやめる?

違法民泊の話 第2弾

日経に ↓ このような記事が出ていました。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31215790R30C18A5000000

ま~簡単にいうと、民泊の法律ができ、その規制が厳しいので
それを守ろうとする真面目な人は止めていくということです。

で、ふ~ん、そんな厳しいんだとか、真面目な人が損するなんてと思った方
ちょっと待ってください。

もともと許認可を得ずに宿泊業をしていた人は、法律違反 なんです。
ただ、規制が厳しくなり、設備投資や宿泊日数制限等の規定が明確になり
採算が合わないからやめるだけです

飲食業や宿泊業をするなら保健所や消防署
リサイクル品を売るなら古物商
お酒を売るなら許認可
会社を起業するにも法人設立 etc.

何をするにも今の日本では許認可や届出が必須なのは当たり前です。
もちろん関係ない職種に関しては許認可の有無なんて知らない人も多い
でしょうが、これだけ違法民泊が騒がれていた中で知らなかったは
宿泊業をしていればありえません。

だから真面目な人ではなく、単なる法律違反者です。
記事の中で、民泊をさだめた法律がなかったので・・・ とありますが
無い=民泊OKでなく、その場合は簡易宿泊業の法律が適用されるだけの
ことです。

記事としては、面白おかしく行政批判をしたり、じゃ増えすぎる宿泊者を
放置するのかって感じになるのでしょうが、それは法律の範囲内で考える
ことであって、決して法律違反をしてもいいだろうとはなりません。

ま~たまたま違法民泊で大きな事件がなかったからよかったもののような
防火設備もない、衛生講習もうけていない食中毒の危険もあったなかで
ラッキーだったということでしょう。

各予約サイトは許可番号等の提出を義務づけ、無い施設はサイトから
削除するといったことをしているので、今後は大丈夫だと思いますが。。

さて。







ギャラリー
  • 今日はこれぐらいで
  • 今日はこれぐらいで
  • 今年の初物は
  • 今年の初物は
  • 今年の初物は
  • 今年の初物は
  • 蜂の巣は鹿避け? それとも。
  • 蜂の巣は鹿避け? それとも。
  • 蜂の巣は鹿避け? それとも。
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード