屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

初物!

年末年始のお休み・・・ は一般の方で、当方は仕事 も終わり
ようやく落ち着いてきました。

で、そんな時は釣りです。

ま~年始からも何度か行ってはいたのですが、釣れるのは
ダツ、オジサン、エソ等々。

IMG_20200107_151810

こんなのとか

IMG_20200107_151052

こんなのとか。

それでも大きければいいのですが、サイズはどちらも10~15cm程度。
記念写真を撮って、早々にリリースです。

で、本日も釣りですが、ちょっと海が荒れると・・・ 石鯛釣り師が。。。
ま、いいですよ、仲良く、譲り合い、きれいにしていけばね。
ウニの撒きがらとか、ふっとい針とか、場合によってはウニを入れていた
発砲スチロールとか放置していくのはやめてほしいもんです。

ちなみに今日の石鯛釣り師は、ロープが張ってある危険個所に入って
釣りをしていました・・・ 全く。。

ま、新年早々のオバカさんはほかっておいて、のんびり 「安全」 な場所で
竿を出すのですが、上記のような魚ばかりで大きいあたりはありません。

帰ろうかな~と思い始めたその時に・・・ 大きく竿がしなり・・・ きましたよ~。
で、慎重に寄せてきたのはいいのですが、タモがない、引っこ抜くには
大きすぎ、う~んと悩んでいると、30m先のR氏がタモを持ち上げ
「要りますか~?」 のゼスチャー。
こっちも 「助けて~」 と手ぶりで知らせると、すぐに走ってきてくれ、無事

IMG_20200107_160501

ナンヨウカイワリ ゲットです。

サイズはぎりぎり60cmに足りない59cm。
でも、腹が異常に分厚く脂たっぷりです。

身の形のいい場所は、お客様に。
当方は、腹側をちょっと厚めに切って、刺身と焼き魚にしたら絶品、
脂のりのり霜降りでした。

ということで、令和2年の初物は、これで決まりです。



最後はしまらず

2019年も最後です。

今年も色々なお客様との出会いがありました。

果樹園も、バナナやライチといった新顔の販売も
できるようになりました。

ま~まずまずといったところでしょうか。

なんて言いつつ、最後の釣りだってことででかけたのですが
今日は北西の風が強く、いつもの堤防ではできそうにありません。

磯の風裏ポイントへ行き、竿を出すも、これがなかなか・・・。
急に水温が下がったためか、海が荒れ気味のため、潮が悪いのか
当りはさっぱり。

で、そんな中で。

IMG_20191231_155112

釣りあげたのは、この一匹。

カレイの仲間だったと思いますが、正式名称は忘れました。
食べるところも少ないので、早々にリリース。

ま~今年はカツオはいまいちでしたが、ナンヨウカイワリは十分すぎるほど
釣れました。
最後はちょっとしまらなかったのですが、ま、釣りもわりとよかったと
言える釣果でした。

さ、来年も、というか明日から仕事、頑張ります。



さぎおうりょうの島か

さて、屋久島は 「世界遺産」 の島ですが、最近はちょっと違うようです。

以前に、観光協会の多額の横領について記事を書いたのですが
最近は、行政トップの町長の犯罪(?)です。

P1160161

ま、簡単に書くと、出張に伴う航空券は、役場が普通運賃で準備。
それを当日、空港で払い戻し、シルバー割引のチケットを購入し搭乗。

で、差額はフトコロに。 セコイ、セコすぎる。

新聞記事やニュースを見る限り、この犯罪は事実らしいのですが、
町長が否認しているので、最初に  としてあるんです。

そして町長は、搭乗証明を提出を「個人情報」だからと拒否をしているんです。

それこそちょっと待てや~ って感じです。
個人情報はそりゃ大事ですよ、でも、税金でチケットを買い、誰が搭乗
するかも、いつ搭乗するかも明確になっているわけで、何が個人情報
なんでしょうか?

って思っていたら、議会はこの疑惑に対する調査委員会の設置を拒否。

なんで? どうして?

まさか自分たちも後ろ暗いところがあるから、調査されるとまずいのか?
と思っていたら・・・

P1160161

新聞記事の左側に、議長も同様のことをしていたとの事。

で、こっちは犯罪を認め、「返します」とのことですが、いまどき、小学生の
万引きでも、即、警察に通報だよ。
返して、ごめんなさいで済まないよ。 買い取るって言ってもダメだよ。
ましてや三権の長たる議長が、返してチャラにしてってことはないよね?

ちょっと税金を払うのが馬鹿らしくなってきました・・・ 
(ちゃんと納税しているけどね)


で、評題の 「さぎおうりょう」 は、詐欺・横領 ね。 

あまりに馬鹿らしいので、ちょっとやわらかく書いてみました。



釣ったというより、釣れちゃった

冬場になると、天候が荒れたり、寒かったり、小雨が降ったりと
なかなか釣りに行くことができませんが、ようやく天候も落ち着いたので
釣りに出発です。

さて、最近はN氏やR氏が、カツオを釣ったというので、よっしゃ俺も
と思うのですが、彼らがカツオを釣ったジギングは肘の痛みでできません。

ま~アマゾンでサポーターを買ったり、マッサージをしたりと色々手当てを
しているのですが、無理せず本日もエサ釣りでのんびりとです。

で、釣り場。

あ~やっぱりN氏がいます。
よく嫁さんと話をするのですが、N氏と自分、どっちが釣りに行く回数が
多いのでしょうか?
ま~自分も年の半分は行っているかと思うのですが、おそらくN氏は
私以上では、、、?

で、N氏の隣でのんびりエサを投入。
隣でジギングをしているN氏も、両方とも当りがありません。
ま~たまに当方にエソとか、ダツとか、オジサンとか・・・ リリース。

そんなうちにN氏は、「じゃあ」と言ってお帰りに。
当方は、そのまま堤防先端でのんびり・・・・ と思っていたら、こんな
でかいナブラは見たことがないってぐらいの大きさが迫って・・。
で、そのナブラは当方のウキがある場所の方に・・・。

ま~当然のことながら、ウキは沈み、ナンヨウカイワリの55cmが

IMG_20191223_163219

ま~釣れたからいいんですけどね・・・ これは釣ったというより、それこそ
釣れちゃったって感じです。

いつもは、ウキの位置を変えたり、エサの投入場所を変えたり、色々手をかえ
品を変えて魚と知恵比べをしている (つもり) なんですが、ま~今回は
たまたまラッキーってとこでしょうか。

我慢我慢

そろそろタンカンも色づき始めました。

P1160080

ま~今年は出来はいいものができたと思っているのですが、収穫量は
平年の8割程度でしょうか。
十分に摘果もしているので、一個一個の実は大きい(Sサイズ以下は
ほとんど無し) のですが、その分、数はどうしても減ってしまいます。

で、そんな今の時期は

P1160085

渡り鳥がやってくる時期なんですが、すでにヒヨドリ被害が発生
しています。

まだまだ収穫時期には2カ月近くあるのに・・・ 他に収穫時期にあたる
ポンカンとかキンカンがあるのに、何故? って感じです。

かといって袋掛けをするには、まだちょっと早い。
他の農園で袋掛けが始まったら、当方でもと思い、この時期は色々な
農園を見て回っているのですが、袋掛けをしていたのは一件のみ。

ということで、この時期は少数ながらもつつかれた実を取りつつ
我慢の時期なんです。

P1160083

あ~いい天気で暖かい。 20度ぐらいか。

贅沢な悩みとわかっているけど

さて、このところ釣りが好調です。

11月の末に、ナンヨウカイワリ 55cm 58cm
その他にフエダイ等。

そして2日前にも、ナンヨウカイワリ 60cm

IMG_20191203_144809

と、あがっているんです。

そして、このナンヨウカイワリですが、屋久島で一般的に釣れる魚で
もっとも美味しい魚の一つです。

もちろん、例えばハタとか、シマアジとか美味しい魚がいますが、船でしか
大物が釣れないとか、めったに釣れない、年に一本釣れればラッキーと
いった魚は別枠です。

で、本日も出撃すると、海の様子はちょっと微妙。
釣れそうで釣れなさそうな感じ。

なかなかいい当りはないのですが、潮が変わって30~40分後に、
ようやくウキが沈みました。

が、針はずれ。

続いて、またもウキが沈むがこっちは根にあたってハリス切れ。

で、再度投入するし、しばらく待つとウキが沈み・・・・ 慎重にやりとりし

IMG_20191205_152933

近くにいたR氏にタモ入れをしてもらい、ようやくゲット。

ナンヨウカイワリ。 R氏測定で、59.5cmでしたが、ま60cmということで。
結構、魚体に傷がついているので、さっきやりとりをして、切られた奴かな?

で、最初に書いたように、このナンヨウカイワリ、とても美味しい魚です。
しかも60cmぐらいの大型になると脂ものって、ちょ~美味しいんです。

ただですね~贅沢言っているのはわかっています。

でも、そろそろオボソ(スマガツオ)とか、ハタとか、カンパチとか、ツムブリとか
別の魚が見たい(食べたい)です。






椎茸の収穫が始まりました

確か、春先の記事で、椎茸の種菌をつける話を書いたと
思いますが、その椎茸が発芽? をはじめました。

説明書には、翌年から収穫、環境がよいと種菌植え付けの
秋から収穫できると書いてあったのですが、それこそボコボコと
発生しています。

P1150988

P1150987

P1150986

で、その基となるホダ木ですが、今回はウバメガシ(備長炭に使う木)と
マテバシイの2種を使っています。

画像の白っぽい木がマテバシイ、3枚目の黒っぽい木がウバメガシ
なんですが、なんとなくウバメガシの方が肉厚で色の濃い実が
なっているようです。

ま~もっとも数本じゃわかりませんが、2~3年はホダ木が持つと思い
ますので、今後も経過を見ていきたいと思います。

でも、見てわかる通り、市販の物と異なり、相当肉厚で味も濃い
椎茸です。
やっぱ営利販売でなく、自分で作ると違いますね~。

効率よし

肘の痛みで、最近は釣りにあまり行ってなかったのですが
お客様の 「新鮮な魚」 のご要望があれば行きますよ~!

余談ですが、よくお客様から屋久島は海に囲まれて海産物が
豊富でいいですね~ なんて言われます。
ま~実際、豊富だと思います。
ただ、屋久島の漁師の方が獲った魚は、ほとんどが鹿児島の港に
あげられ、そこで競りを経て、それから再度、屋久島に戻ってくる
らしいんです。

なぜかって?
市場規模が違います。 屋久島で競りをしても大した金額には
ならないでしょうが、鹿児島で競りをすれば、鹿児島だけでなく
九州、本土まで運ばれるので、当然競りの金額は高くなるそうです。

ということで、屋久島のスーパー (一部の鮮魚店は自前の船が
あるので別) の魚は、屋久島で獲って、鹿児島の競りを経て
再度、屋久島に運ばれ・・・ なんてなっているそうです。 なんだかな~

さ、余談が過ぎましたが、天候もいいので肘に負担がかからない
エサ釣りに出発です。

海はいい潮目ができていますし、わりと小魚も多い、時々大きな魚も
はねている、といい感じです。

ま~だからといって頻繁に当たりがあるわけでなく、のんびりしていると

IMG_20191127_151056

55cm ナンヨウカイワリ

久しぶりのナンヨウ君です。 ただ思ったより引かなかったのは、産卵後で
体力が低下していたのでしょうか?

で、終了間際に

IMG_20191127_163130

40cm フエダイ。

ま~3時間で、これだけ釣れればよしでしょう。

PS 
翌日、肘の回復具合を確かめに、ちょっとジギングです。 
一ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

で、軽めのジグを肘を確かめつつ投げると

IMG_20191128_162951

58cm ナンヨウカイワリ

30分足らずで、早々に帰宅です。



満開のひまわり

さて、当館がある地域は屋久島南部の 平内区

そして隣の区は、小島区といいますが、この地区では
ひまわりが満開です。

P1150972

ま~これが夏だったら、たいしたニュースにはならないと思いますが
今は、11月末。
もうすぐ師走。
東京では寒冷前線が・・ とか言っている、この時期です。

P1150962

P1150969

蜂も元気に飛び回っています。

で、つくつぐうらやましいというか、当館のある平内区でも・・・
あまり北部地区には行かないので知りませんが、南部地域では
小島のひまわり、麦生のコスモス(最近は見てませんが)が一面に
咲き乱れ、それは見事なものです。

こういった地域興しといった物は、地区の活性化につながり
とてもいい事だと思うのですが、ここ平内区では移住して10年、
そういった物を見かけたことがありません。

ハイビスカスでも、ブーゲンビリアでも、パパイヤでも、その他の草花でも
なにか「花」=「華」になるものでもやらないですかね~。


Youtubeは、勉強になります

当農園は、タンカンを主産物としながらも、その他色々な
トロピカルフルーツを栽培しています。

で、今回はバナナ。

以前は、本屋で園芸本を購入し、勉強をしていました。

その次は、インターネットで 「バナナ 育て方」 といったような検索を
かけて調べていました。

そして今は、Youtube です。

もちろん、日本語(日本人)のYoutubeは参考にならないので
海外の農園のサイトを覗いているのですが、言語は不明ながらも
その手順等はおおいに参考になります。

P1150976

ま~こんな感じでバナナの花が咲いています。

で、だんだん垂れさがりバナナの実が大きくなっていくのですが
このバナナの実の間に、虫が隠れたり、クモが巣を張ったりします。
もちろん葉が擦れて実が傷ついたりもします。

で、何気に見ていたバナナ農園のサイトでは、ある程度、実が大きく
なったら花を切り落としたり、実の先にある花のカス(黒くなっている部分)を
手で千切っていたり、実をビニール?袋で囲っていたりしていたんです。

はっきり言って、日本語のサイトは園芸本はたくさん見ましたが、こういった
事は一切記載がありませんでした。
で、早速

P1150974

花を切り落とし、黒い部分を手でちぎり、ビニールをかぶせました。
空気穴は無いと蒸れすぎてダメになるだろうと思い、穴もいくつか
開けました。
もちろんYoutubeでは、かぶせている素材がビニールなのかは不明
でしたので、失敗するかもしれませんが、よりいいものを作っていくための
先行投資と思っています。

花を切り落とす時期、収穫のタイミング、追熟の方法、こういったカバーの
素材やかぶせる時期、はずす時期等々、まだまだ試行錯誤は続きますが
一歩ずつですね。

ギャラリー
  • 楽しい話題をしよう
  • 楽しい話題をしよう
  • 楽しい話題をしよう
  • 楽しい話題をしよう
  • 楽しい話題をしよう
  • ウッドデッキ完成
  • ウッドデッキ完成
  • ウッドデッキ完成
  • ひとまずデッキはここまで
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード