屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

この冬、一番の大仕事

屋久島のオフシーズンは冬、この時期になると色々なところで
看板の掛け替えとか、改装等が始まります。

で、当館の今年の一番メインは・・・・ 壁塗りです。
建築から7年ほどしか経っていないのですが、台風の多い屋久島では
壁も早く痛みます。

建築当初は艶のある黒色だったのが、今では ↓
DSC06602

ってな感じで、色が落ち、ところどころひび割れみたいにもなっています。
こりゃやばいって思い、この冬の大仕事となりました。

とはいっても、じゃペンキを塗って終わりではありません。

まずは、高圧洗浄機で壁の汚れを落とします。 洩れがないように
丁寧に洗浄機をかけます。

続いて、タオルで汚れをこすり落とします。 もちろん手作業です。
「力」もいります。 時間もかかります。

で、まだまだですよ~。 続いてもう一回汚れ落としで洗浄機をかけます。
これでようやく前段階の終了。 ここまでのべ日数3日ほど。 もちろん
天候の良い日しかできませんので、実際の期間はもっとかかっています。

続いて、きちんと下地を乾燥させるため、2日晴れが続く日の2日目に
ようやくペンキ塗りです。
丁寧に、窓枠や桟につかないよう、また塗り残しがないよう塗ります。

家は四角形ですから4面あるんですが、1面を塗るのに1日かかります。
もちろん一人で塗るし、業者のようにローラーでばっ~と塗れないので
時間もかかります。

ま~そんなこんなで3面終了し、ようやく最後の1面、駐車場側の面です。
一番日光や風が当たり痛みも激しいのですが、最後になった理由は 
          ↓
DSC06603

塗る位置が非常に高い! 梯子を2本かけ、長い方は壁とロープで固定し
動かないようにして、その状態で梯子に登り、(もちろん刷毛とバケツを持って)
ゆらさないようゆっくり (それでも丁寧に) 塗り・・ ようやく・・ ようやく・・・ 終了。

DSC06604

DSC06605

鮮やかな、そして当館のイメージカラーのブルーに変身です。

で、この後、2度塗りが待ってます。 終わらない・・・・・。


でもね~、業者に依頼すると50万~100万。 今回は自分の労務費を
除くと、ペンキ代 17,000x2、刷毛400x2、梯子10,000
合計 ¥45,000弱。 
ペンキもいいものを自分で選択できるので、納得です。



チアシードを育ててみる


最近、色々なところで見かけるチアシード。

スーパーフードとか、ダイエット効果とか、豊富な栄養素とか
活性酸素を除去するオメガ3脂肪酸とか、ま~色々言われています。

で、育ててみよう、あわよくば特産品に! なんて思って色々育て方
苗や種の販売を調べてみたんですが、これがほとんど無い、というか全く無い。 

う~ん、それなら!!って、食用のチアシードを購入してそこから
発芽、育苗してみようって思っちゃいました。

で、数百?粒のチアシードを播種したんですが、ま~遠く海外から輸送されて
きたので、そんなに期待していなかったのですが、数百のうち、10粒程度が
発芽しましたよ。

で、そこから丁寧にポットに植えたんですが、これまた時期が悪かったのか
育て方が悪いのか、残ったのはたった一本。

でも、苦節3カ月。
この度、ひょろひょろした苗ですが、紫色の綺麗な花が咲きました。

P1040032

まずは、ここからです。
今回は種を取り、育て方を勉強し、多く発芽・育苗し、2~3年後には
国産、無農薬のチアシードを発売・・・ の予定です。


今日が初釣、初釣果としよう

と、タイトルには書いたのですが、実は年末年始からスカばっかり
だったんです。
ま~確かに、15cmのオジサン、20cmのベラ、10cmのエソと
いった写真に撮るまでもないのは釣れていたんです・・・。

で、今日は久しぶりにエサを持って本気モードで出発です。
西風に耐え、寒さに耐え、粘ること1時間
まずは・・・・・

DSC06599

20cmのオジサン。 ま~かろうじて煮つけの材料になるか・・・

で、しばらく待って、「おっちょっと引きが強いぞ


DSC06600

25cmのバラフエダイ。 フエダイであれば刺身にでもかろうじて
のサイズですが、シガテラ毒持ちなのでそのままリリース。

で、またしばらく経って・・・・・ 
ウキがスポッと沈み、そのまますごい引きが~~~
ゆっくり丁寧によせ、タモ網がないので、5m先の入江まで引っ張り
波の合間に取りこんだのは・・・・・

DSC06601

ナンヨウカイワリ 73cm 4kg弱。
生簀に放り込んだら、さっきのオジサンがエサのよう。
よし、これを今年の初釣果としよう! (実際は違うけど)

で、この後は、同じくナンヨウカイワリの67cm、
アカジョウの53cm、35cm
アカハタの33cm と久しぶりの絶好釣でした。

いや~カマの塩焼き、腹身の刺身は絶品でした!



ウリンの行先は、玄関のDIY

以前から、よくないな~なんて思ったいたんです。
新築入居してからしばらくして気付いたのですが、玄関を入った靴脱ぎ場。

DSC06572


ま~タイル貼りなんですが、このタイルが曲者。
ざらざらして汚れがつきやすく、取れにくい・・・ (って最低じゃん) すぐに白っぽく
なって何度か水洗いをし、デッキブラシでこすったんですが取れない・・・・・。
なんでこんな物をメーカーは作るんかな~、 工務店もこんなん選ばんでも~ と
思っていたんです。

で、先日購入したウリンの出番です。
長さを合わせて丁寧に貼ります。
温度、湿度で木は収縮膨張するので、1~2mm程度の隙間を空けて貼ります。
当然、長さが合わない場所は切ります。
でも、このウリンはメチャメチャ硬い。 とてお手ノコでは切れないので、丸ノコで
切るんですがきっちり押さえてゆっくりきっちり切ります。

ま~てな感じで、思った以上に綺麗に仕上がりました。
で、このいいところは両面テープ貼りなんです。 ま~20年は腐らないと言われる
木なんでよっぽど問題はないのですが、どうしても反ったり、腐ったりしたところは
交換可能です。
もちろん、天然の木なんで雰囲気もGOOD! ってな感じで、久しぶりに満足のいう
出来具合です。

P1040025
  
P1040024





ウリン(ハードウッド)の購入

DSC06573

ウリンという樹を購入しました。

で、このウリン。 知っている方は当たり前なんですが、興味のない方は全く
わからないですよね。

これは、外国産の木材で、非常に硬く土に埋めておいても20年以上は持つと
いう樹です。 日本で言えば、黒壇とか、鉄刀木とかいう樹に近いのでしょうか。

本当は、地産地消を心がけている者として、外から、しかもより遠い外国産を
購入するのは心情に反するのですが・・・ 
ま~今回だけは特別に目をつぶって・・・・・。

で、これをどうするかは、次回の報告です。



明けましておめでとうございます

昨年はたくさんの方にお越しいただきありがとうございます。

6年続いたHPもかなり古くなってきましたので、思い切って更新です。
昨年から、色々なHP制作会社に問い合わせをしていたのですが、
これが本当に様々。
金額も3万程度から50万またはそれ以上。
更新費用も一回当たり数1千円といったところや、月々費用がかかる
(これが毎月、毎年だとかなりの金額に・・・)

ま~そんな中でも格安で月額費用もかからない、しかも更新は簡単に
自分でできるところがありました。

で、切り替えです。
気持ちも心機一転、2016年を頑張りますので、皆様、
BLUE DROP をよろしくお願いします。

ギャラリー
  • 冬は地味なんです
  • 冬は地味なんです
  • 冬は地味なんです
  • 冬は地味なんです
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • リハビリはこれぐらいから
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード