屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

看板 リニューアル 2日前

あれ? ちょっと前にも看板の作り替えの話が・・・ って思われる
かもしれません。

実は、当館には看板が 3枚 あるんです。

1個目は、駐車場にある一番大きな看板で、先日作り替えしたもの。
2個目は、建物直下にある看板で、一番メイン
3個目は、道向かいにある看板

で、今回は一番メインの2個目の作り替えです。

P1130217

よくよく見るとわかりますが、バックの色がまだらです。
フォークの隣にあったナイフが落ちています。
バックの板は、ボロボロで押すとベコッとへこみます。

ということで、3連休前の作り替えカウントダウンです。

で、2日前 7/13

P1130211

前日、夜に文字の大きさ、デザインを決めておいたものです。
これを板に貼っていきますが、以前は知らなかったのですが、スプレーノリ
という便利な物があって、シューとひと吹きすれば簡単に貼れ、はがすのも
楽です。

P1130213

続いて、糸のこで切っていくのですが、一番気を使う作業です。
線からはみでないよう、慎重に切っていきます。

そういえば、一番最初に糸のこを使ったのは中学の技術の授業だった
かな~? 今でもこういったことって学校でしているのか?
ま~色々勉強(?)したけど、無駄になったものも多いけど、体で覚えた
ことってなかなか忘れないもんだね。

P1130214

約2時間かかってこんな感じ。
それなりにうまくできている気がしますが、切り口が粗いので、サンドペーパーを
かけて丁寧に修正して、本日終了。

P1130215





エコツアー? 自然破壊だろ。

海亀の産卵を見に行ったお客様が、怒っていました

「何があったんですか?」

「どうもこうも、個人で行った人達は、みんな静かにライトもつけないよう
(海亀はライトで照らされるとびっくりして、産卵をやめてしまう)
にしていたんですよ。
でも、〇〇ツアーの送迎バスが来て、海岸を照らすよう、ぐる~っと
浜をライトで照らし、わいわいがやがやとうるさい。
もちろんガイドは注意もしない。あれでは産卵せずに帰ってしまうよ」

「おまけに監視員も個人には注意をするのに、ツアーには何も言わない。
あれは賄賂でももらっているのか?」

・・・・ 確かに、怒る気持ちも、納得できない気持ちもわかります ・・・・

ガイドも増えました。
それにともない 質の悪い ガイドも増えました。

たまったペットボトルを海岸で焼いている
会社のマークをつけながら、皆が迷惑するような場所に駐車する
タバコのポイ捨て etc.

もちろん全てのガイドが悪いと言っているわけではありません。
いや、いいガイドさんもたくさんいます。

ガイド知識を増やすため、歴史本だけでなく百人一首まで勉強する人
忙しい時でも、さまざまな研修をしている人
仕事がない時に、わざわざ思い荷物を背負って体を鍛える人 etc.

でも、質の悪いガイドほど、融通が利く、自由にさせてくれると勘違い
され評価されてしまうんです。

そりゃ雨の日に、他人の迷惑関係なしに港の入口にデンと車を止め
お客さんを乗せるガイドと、マナーを守って駐車場で止めるガイド。

産卵のために上陸しようとする海亀を煌々と照らして見せるガイドと
マナーを守って静かにライトも照らさず待つガイド

どっちが評価されるんでしょう?
おそらくマナーを守っているガイドは、融通がきかない、愛想がない
せっかくお金を払ったのにろくに見せてくれない と酷評されお客さんが
減ることになるんでしょうね。

こういった問題に対処するため、ガイド協会、観光協会ってあると思うの
ですが、どうなんでしょう????

少なくとも監視員さんも、賄賂をもらっていると誤解されないよう
きちんと注意しましょうよ。
自然豊かな屋久島を後世にのこしていくために。 



ライチ農家は遠い

P1130152

これはマンゴー。
すでに大人の握りこぶしぐらいの大きさになっています。

ただ、マンゴーを市販するには、すでに宮崎のブランドが浸透しすぎていて
いまさら 「屋久島のマンゴーですよ~」 って売っても勝てないと思うんですよね。
ま~そういった意味では、そのまんま東はすごい。
ただのお笑い芸人ではなく、きちんと宮崎の宣伝をしてブランド価値を向上
させたと思います。

逆に鹿児島現知事の原発政策はあっちへすりよったり、こっちへ言い訳したりで
見苦しい・・・・。

ま~なんてことは置いといて、ライチです。

P1130173

当農園のライチが色づいてきました。
今でこそ、台湾あたりから生ライチが輸入されてきましたが、まだまだ国産
ブランドもない、ましてやライチは3日経つと味は全く変わってしまうような
鮮度命の果物なんです。

もしかして、これは新たな屋久島ブランドになるかもと、試しに植え付けて
早5年。 ようやく初収穫が見えてきました。
(ま~たんに好物だから植えたってこともありますが)
大きさはピンポン玉ぐらいでしょうか。

P1130174

ま~2年前の台風で枝が折れたり等はしましたが、今のところはそれなりに
順調に育っているようです。
うん、これならいけるかも? って思い、苗の増産開始です。

とはいっても苗を必要数だけ買うのも高い。
で、取り木です。

P1130176

根の発芽もしており、順調に育ってきているようです。

でも・・・・ ん?

取り木に半年、それから鉢で生育に半年、それから畑に植え付けし
実がなるまで5~6年、実際に販売できるようになるには・・・ 10年か??

う~ん、先は長いな~

ブルーベリーの収穫 始まりました

ここんとこブログの更新していなかったな~ って、
正直書くことがなかったんです。

雨、雨、雷、雨、雷、暴風、停電ってな感じで、釣りも行けない
農園作業も進まない状態だったんです。

ま~そんな中でも植物は季節を感じ、順調に育ってきました。
で、これからはブルーベリーの収穫です。

P1130155

P1130153

すでに高さは3m近くある大きな苗が4本植えてあるのですが、順調に色づいて
きました。
すでに5~6年前から収穫できるようになっていたのですが、だんだん木が
充実してきたのか、最近はかなりの大玉が収穫できるようになってきました。

で。

P1130157

こんな感じ。
左の小さいのが市販されているサイズぐらいなんですが、右側の大玉サイズが
沢山とれるようになってきました。

大きさはサクランボやビー玉より大きいぐらいなんです。
で、味も濃く美味しいものができました。

ま~そうなると蟻との競争です。
無農薬で栽培しているので、蟻が沢山よってきて、ちょっと収穫が遅れると
皮をくいやぶってダメにしてしまうんです。

ということで、今日も雨にも負けずせっせと収穫です。


夜釣りはまだ上向かんな~

6月も中旬過ぎ。 梅雨まっただ中 (カラ梅雨だけど・・・)


例年なら、そろそろ夜釣りも上向いて、入れ食い、ざくざくって

感じなんです。

で、もういいんじゃないかなって出発です。


堤防の上でお会いしたI氏としばし雑談。

先日、中間の堤防でさくさくっとヘイケをあげたそう。

「ほほ~」 それじゃ今夜はばたばたっといくかな・・・ と。


なんて期待大なんですが

夕暮れ・・・・ シ~ン・・・・・・・・・・・・・・

日 没・・・・・ シ~ン・・・・・・・・・・・・・・


ま~今年はカラ梅雨で、まだ春から夏へ季節が変わってないから

仕方ないのかな・・・ これでドバ~って雨が降ると、また海の様子も

変わっていくんでしょうけどね。


で、日も暮れて20時頃。

ようやくバタバタっと来たのは


P1130139


ヘイケ 30cm前後 2匹。

ま~今はこんなもんでしょ。

菜園の夏野菜もそろそろ

すでに6月も半ば。 夏日を記録する日もちらほら。
そういえば、梅雨なのに雨は少ないな~なんて感じの今日この頃。

で、菜園の方も夏野菜が育ってきました。

キュウリは収穫が始まっています。

ナスも順調です。

P1130131

採れたての浅漬けは最高です。

P1130134

トマトも順調です。
これは温度がまだちょっと足りないので、色づきまでもう少々。

なんていい感じなんですが、実は害虫も多い。
ま~無農薬・EM栽培しているので、当然といえば当然なんですが、
モンシロチョウはいつも5~6匹が乱舞しています。

P1130135

見ている分にはいいのですが、こいつは青虫の親。
ま~できるだけおっぱらうのですが、すぐに戻ってきてしまいます。

P1130133


ナス科につくニジュウヤホシテントウは、毎日10~20匹ほど捕殺しています
が絶えることがありません。

ま~そんなこんなで虫と戦いつつ夏を待っています。



石積みの補修

さて、当館は県道沿いにあるのですが、土地は道から山側に2m程
上にあります。

それを支えているのが、大きな石の壁。

P1130138

大人がひとかかえ、もしくはそれ以上あるような岩で用壁を作っているのですが
石が大きいため隙間も大きいんです。

で、そこから木は生える、草ははびこる、土は流れ出す。
そのまま放置すると石壁が崩れてくるのか? って感じなんです。

P1130128

ま~これは土地の保存の問題もありますが、見栄えも悪い。
ということで、暇をみつけてはちょこちょこ補修をしているんです。

得意のセメントをこね、石をパズルのように組んで固めて・・・

P1130129

ま~こんな感じで一か所ずつ補修をしています。

石が大きいため、隙間も大きく40cmx40cmもしくはそれ以上の個所もあるので
バケツ一杯で隙間一か所程度。

う~ん、先は長い。

アシナガバチの対策に

熱っ

またこの時期がやってきました。
そうです、アシナガバチとテッポウムシ(カミキリムシ)の時期なんです。

テッポウムシはタンカンの樹に穴を開けて、最悪枯らしてしまうことに
なるのですが、毒はない、痛くもない。
だから、見つけ次第、手でつかまえて捕殺しているのですが、アシナガバチは
手でつかまえるわけにはいきません。

この時期は巣づくりで農園のあちこちで作っているんです。
特に無農薬栽培にしてから、エサが豊富にあるのかその数は激増。
だいたい2日に一個程度は見つけているんです。

見つけてどうするか・・・・ 簡単です。

P1130075

低い位置にある巣は、一瞬のスキをついて長靴でふみつぶします。
高い位置にある巣は、遠目から殺虫剤をかけると親蜂が逃げていきますので
そのスキに手で巣を落とします。

でもね~どうしても見落としがあって、時々(年に数回)は刺されてしまうんです。
ま~ミツバチは蚊のちょっと痛い程度。
アシナガバチは、結構痛いというか、刺された瞬間は 熱痛い!って感じ
なんです。

ま~刺された時に、すぐに毒を搾り出し水で洗い流しておいたので、そんなに
問題はないのですが、それでも2~3日は腫れて触ると痛い、その後は一週間
程度は痒くなるんです。

毎年毎年これもいかんな~ということで、今年は買っちゃいました。

P1130093

そうポインズンリムーバー。
注射器の逆バージョンで、毒を吸い出すものですね。

それと
P1130092

虫ササレの薬。

「ムヒ」って、お子ちゃま向けのゆる~い薬かと思って、敬遠していたのですが
今回色々調べると結構評判がいい。
しかも、このムヒアルファEXは 「アンテドラッグ」・・・ って知らなかった・・。
皮膚の表皮にステロイド成分が効くのですが、体内には入っていかないらしい。
時代は進んでいるんだ~って感じです。

これでいつ刺されても大丈夫、って痛いから嫌なんですけどね。

で、安心して作業していると、背後でポトッって音が・・・ 
また出たか?

P1130078

今年初のクワガタムシです。

これはやさしく樹に戻してあげましょう。
ま~嫁さんに言わせると、これはクワのはえたゴキブリ。
カブトムシは角の生えたゴキブリなんですけどね。


海亀の産卵も増えてきたかな

今日は宿泊いただいた方を送迎がてら、島内一周。

狭い島で、そうそう変わりはないけど、たまには見てまわらないと
新しいスポットやら新情報やらわからないんですよ。

で、西部林道経由ですが、西部林道は世界遺産地域なので開発も
できないし、当然のことながらお店も何もない。
ちょっと猿が増えたかな~って感じです。

そして着いて先は、永田・いなか浜。
そう、海亀の産卵日本一のスポットなんです。

P1130038

気の早い亀は4月頃から産卵で上陸してくるのですが、今年は遅れ気味
らしい。 屋久島のもう一つの産卵スポットの栗生海岸でもほとんど
あがっていないらしい。
う~ん、これも温暖化なのか、自然環境が悪くなっているのか・・・・。

ん?

海亀の観察会参加料が 
¥1500.!!!
P1130039

移住当初に一度参加したことがあるんだけど(7~8年前) その頃は
確か¥800 ぐらいだった気がする。

なんかここ数年、屋久島ではお金を徴収することばかりなんですよね。
数年前にはなかった縄文杉登山の入り口 荒川登山口まではシャトルバス
乗車が必須になり、今年は ¥690x2(往復)

今年からは、縄文杉や宮之浦岳登山者には、協力金として、
¥1000 を別途徴収。
山中泊の人は ¥2000

白谷雲水峡(もののけ姫の森)やヤクスギランドに行く人には
協力金 ¥500

ま~トイレの汲み取り費用とか、清掃費用とか、色々かかるのはわかるんです。
でもね~ 世の中デフレと言われる時が長く続いているのに、なんで屋久島
だけこうも費用がUP UPするんでしょうね?

ちなみに大雑把な数字ですが

海亀観察会 1500x80(一日定員)x120(4か月)= 1440万

縄文杉登山 1000x60000(H28登山者数)= 6000万

白谷雲水峡 500x100000(H27入山数)= 5000万

協力金ですから、一部支払わない人もいるでしょうが、係員がいるので
わりと徴収率はいいそうです。
それと海亀観察会は、中学生以下は無料ですし、常に満員ってことも
ないでしょうから、当然のことながら上記金額より落ちるでしょうが、それでも
この合計額はすごい。

ま~これが 適正、公正 に使われていればいいんです。
以前あった観光協会の横領のようなことがなければね・・・。

~~~~~~

そうそう観光スポットの話だった。

永田浜には海亀の足跡がたくさんありました。
そろそろピーク時期だから増えてきたんですね。

P1130064

栗生海岸でもちらほらと産卵の話も聞こえてきます。
で、こちらは今年から協力金 ¥200

ま~だいたいシーズンになると、20~30人ぐらいはきますので、
200x20= 4000円x3カ月(ぐらい?)= 36万。
海岸清掃費とか、ボランティアの方へのお礼とか考えて、これぐらいが
妥当な気がするんですけどね・・・・。

P1130068







夜釣りには、まだ早い

屋久島の夜釣り解禁は、6月
ま~それまではあまり釣れないから、勝手にそう思っているだけ
なんです。

が、今日は休日、微風、天気よし。
「もしかして、そろそろいいんじゃね?」 なんて気が早く出発です。

暖かくなったといっても、気温は陽が落ちると15度ぐらい。
南国屋久島ですっかり寒さに弱くなったので、しっかり本州仕様冬服で
防寒です。

夕方・・・ あ~誰もおらん。 やっぱ釣れてないんだろうな~
なんて思いつつ夕暮れを待って投入です。

で、日が陰ったその時。

す~っ とウキが流れます。 あ~この横にウキが流れるのはダツだな。

で、針をはずそうとしていると、隣の竿が ドン!
お~ひさしぶりのフエフキダイ。 ちょっと小さめ28cm。

で、その後は当たりがパタリと止まり・・・・。
あ~星が綺麗だな~ 天の川に、北斗七星に・・ って実は北斗七星しか
知らないんです。

なんて、その時 
ズン!
お~きたで~ 
この重量感のある重さは、フエダイ50cmか、
ハタか。。。 よ~し
え~い と反動をつけて堤防に乗ったのは
エイ (お前かよ、ガックリ)

続いて、また ズン!

この重量感といいぞ~ よ~しよ~し、水面に浮いたぞ~
バタバタ バタバタ

ん? 魚なら バシャバシャ だろ?

え~い ・・ 略 ・・ またエイかよ

とこれで、がっくり。
結局、夕暮れにダツとフエダイが釣れただけでした。

P1130008

ギャラリー
  • 屋久島まんきつ商品券
  • ようやくアベノマスク
  • ようやくアベノマスク
  • 忍耐の勝利
  • 忍耐の勝利
  • 忍耐の勝利
  • 忍耐の勝利
  • 上昇するか
  • 夏に向けて
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード