屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

強風、微雨 草刈日和です

なぜかって?

まず強風。
草刈機で刈った草ですが、風がないと草のカスが周囲に飛び散るんです。
当然、自分にもかかってきます。

切ったばかりの草なので、汁が飛び散ったり、細かいカスが服や体に
ついたりと結構不快なんですが、これを強風が吹き飛ばしてくれるんです。

それから少量の雨 というかしめりけ。
当然、草を刈る際に土も削ってしまうことが多々あります。
これも土が乾いていると、土煙りが舞い目や鼻をやられてしまうので
適度なしめりけがあるとベストなんです。

ということで、本日草刈デーとなりました。

P1040746

長らく放置していたので、草は30cm~1mぐらいに育っています。
ま、実はこれがいいんですよ。
やはりそれなりに育っていないと十分な堆肥の量がとれないからね~。
除草剤なんてもってのほかです。
草はしおれ堆肥にならないし、土は固まってしまうので使いません。

ま、その分、労力は余分にかかるんですが、これも美味しい果樹を
作るためがんばりますよ~。
今日はそのために 「刃」 も交換済みです。

以前は気付かずに古い刃で刈っていたのですが、切れない分
腕の力で振り回したり、すぐに蔓が絡まって取り外しに手間・時間が
かかったりと結構無駄が多いんです。

で、この新品 (もちろん国産) の刃はすばらしい。
刈るというか、草の上を滑らせるだけでサクサク刈れます。
古い刃の2倍以上の作業効率で進んだのですが、それでも一時間が
限界。
ま~果樹園の1/3は済んだので、今日はよしとしましょう。

P1040747

で、その後はのんびり畑の散策です。

P1040730

パッションフルーツは開花が始まっています。
あと2カ月ぐらいで収穫かな~。

P1040748

スリナムチェリーは、実がふくらみ色づき始めています。
これは一か月後ぐらいでしょうか。 あっさりとしたさわやかな味
なんですが、蟻の大好物。
いつも蟻との競争で、なかなかのんびり食べることができないのが
難点なんです。

客室のフックもこだわって

お客様のお部屋ですが、それなりに備品、設備をそろえて
きたのですが、それでも時々ご要望があります。

で、今回はフック。
服等をかける場所がないと、ポーランドの方が身ぶり手ぶりで
大げさに教えてくれました。
ま~確かに言われてみればそうだなと思って、早速準備・・・

でも、色々こだわって備品設備をそろえていますので、100均等の
安物や趣味が合わないのは嫌なんです。

で、ようやく見つけました。

P1040735

アンティークっぽい金属製の鳥のフックです。
もちろん≪格安≫で購入成功です。

で、これまたそのままつけるのでは芸がない。

P1040736

ちょうどよく曲がった木があったので、これを利用するんですが
一番の難所は最初のカットです。

というのも不自然に曲がっているので、両端をきちんとあわせて
カットしないと壁にぴったりくっついてくれません。
3~4回は切りなおしをし、微妙な調整はディスクグラインダーで
がしがし削ります。

で、まだまだですよ~。
次は、表面がひび割れたりささくれていたりすので、これも削ります。

P1040737

ま、これは大雑把、適当でも大丈夫。
左が使用前、右が使用後ですが、1mmも削ると綺麗な木肌がでて
木のいい匂いもするので、ちょっと幸せ気分でがんがん削ります。
実際はこの後に、紙やすりをセットしたサンダーでえんえんと仕上げの
削りをしていくのですが、ま~この辺で腕はパンパン、削りかすが
舞って鼻と目はかゆいというか痛い・・・。

で、ようやく納得の仕上げができた後は、下穴をあけてフックをとめて
出来上がりです。


P1040738

部屋に取り付けると、なかなかいい雰囲気です。
イメージは森の木にいる鳥なんですが、いかがでしょうか?

P1040740

う~ん、ハンガーがしょぼい。
これもフックに合うのを探すか・・・・・。

本日の釣果は 200匹

まず、 「むやみに」 大漁はしません!

よく雑誌やTVでも、〇〇魚を〇匹!とか、釣り船の甲板を
埋め尽くすほど魚が載っている記事や画像を見るんですが
ちょっと嫌な気持ちになってしまうんです。

基本的に、自宅や隣近所に配っても余ってしまうほどは釣らない
ようにしています。

ま~自慢したいとか、せっかく来たんだからとか理由はあるん
でしょう・・・ でもね~。
実際のところ、4~5年前ぐらいまでは、屋久島でもムロアジが
バケツ一杯とか、クーラーボックスからはみでるぐらいとか
連日入れ食いだとかあったんです。

で、今は・・・ ほとんど釣れません。
たまに群れにあたって2~3匹程度は聞くんですが、以前のように
バケツ一杯なんて年2~3回聞くかどうか。
温暖化とか、海流の変化とか色々理由はあるんでしょうが、
「めったやたらに取りすぎ」 もあると思うんです。

で、前置きが長くなってしまったんですが、200匹とは。

P1040728

小アジというより、豆アジです。
体調は5~7cm程度で、この時期は群れをなして港に入ってくるんです。
さすがにこのサイズですと、100匹単位でないと料理の一品にもなりません。

いや~久しぶりの入れ食い、魚の引き?を堪能です。
もっとも駆け引きや重量感を楽しむということはないんですけどね。

でも、200匹も? 前置きであんなに書いたのに? と思われるかも
しれませんが、これがちょうどいいんです。

当日は、から揚げにして骨や頭まで食べちゃいます。
明日は、残りを南蛮漬けにして、また違う味わいで全部食べちゃいます。
ちゃんと 「自家消費」 、「お客様への一品」 そして「新鮮なうちに完食」
な分しか釣ってません。

もっと粘れば、500匹、1000匹ぐらいはいけたんですが、数年後、将来を
考えて、今日はこのへんで終了です。

 

フェイジョアの花に要注意

このところの暖かさのおかげで、フェイジョアの花が
咲き始めました。

P1040710

ハイビスカスやブーゲンビリアといった花とは違いますが、いかにも
南国風の花で綺麗なんですが、この花は要注意です。

実は、この花は食用になるんです。
見栄えもいいし、味もほんのり甘みもあって美味しいので、料理の
添え物としてお出しすることもあります。

ただ、あまり「花」を食用にしすぎると、実の数が減ってしまうので
ま~そこはほどほどにって感じなんですけどね。

で、何が要注意かというと・・・
美味しく甘い花なので当然、虫もよってきます。

先日、何気なく花を パクッ といただいたところ、なにかコリコリ感が。
と思った瞬間、唇が 
痛!  

あわてて出してみると、ハサミムシ(尻尾がハサミになっている虫)ごと
口の中に・・・・
それからは、慎重に花の中を見てから、口にいれるようになったのは
いうまでもありません。

ちょっと違う気がする

まずは、この記事。

P1040724

先日の新聞に載った記事なんですが、「GWの≪遭難≫者増加傾向」
とあります。

で、記事を読んでいくとそれは違うんじゃない?と思ったので
たまにはまじめに書いてみます。

この記事には、GW期間中の遭難者が増えているとのこと。
2010年~12年 には1~2件
13年 3件
14年 5件
15年 4件 発生しているとのこと。

でも、この期間の縄文杉登山者数は
13年~15年で 4000名前後とあります。 つまり少ないとされている
10年から12年は統計の数字が記載されていません。

分母の数字を表示しなければ、いくら分子の数字の増減を言っても
片手落ちだと思うんですよね。

また、13年には死亡事故が2件あったと記載されているのですが
これも内容を読んで ?って感じなんです。
1件は63歳女性が急にふらついて倒れ心肺停止。 もう1件は81歳!
の男性の心肺停止。

これは≪遭難≫ではないんじゃないですか???

当館にも色々なお客様がお泊りになりますが、81歳であれば強引にでも
縄文杉登山はやめていただいて、ほかのスポットをお勧めしています。

また、GW期間中は通常期間の5~10倍以上の方が登山するので
これも分母がかなり違うので、増加傾向とはいえないと思うんです。

もちろん≪慎重≫は当たり前です。
革靴やサンダルのようなもので登山する人、ビニール袋に荷物を入れて
登山する人もいて、これは論外なんですが、このいたずらに人を
不安にさせるような記事
についてはちょっとおかしいと思っています。
これが、≪怪我≫、≪アクシデント≫といった表現ならわかるんですが・・・

PS こういった内容を書くと、亡くなった方に失礼とか不謹慎といったことを
言う方がいるんです。
決して、そういった意味でなく、いたずらに人を不安にさせる記事や、
不正確な記事についておかしいし、間違っていると言いたいことをご理解
ください。

トウモロコシ苗を増やすには

さて、前回トロモロコシの苗は100本以上あると書いたのですが
それはこういった理由なんです。

通常、種をまく時には、だいたい3粒程度を一緒の場所にまいて
発芽しなかったり、成長の悪いのを取り除いて1本にします。

じゃあ、成長のいい苗が2.3本出た時は・・・ 泣く泣く切ってしまう
んですが、当方はこれを生かします。

P1040706

で、大事なのは、ここ数日続いた雨。
土がぶにょぶにょ? やわらかくなった時がそのタイミングです。

丁寧にそっとやさしく苗を引き抜きます。
土が固いとダメなんですが、この土の固さを見る判断と苗を
丁寧に引き抜くテクニック。

P1040707

細根も含めて綺麗にとれました。
で、これを別の鉢に植え替え、EM液肥をかけて育てるんです。

って本当か?
なんて思われるかもしれませんが、↓ これが証拠品です。

P1040708

一週間前に処理をした苗ですが、抜いた苗と残した苗の区別も
つかないぐらい順調に成長しています。

ま、これで合計150本ぐらいはいけるでしょう。
猿がこなければね。

夏野菜の準備は順調

このところ雨が続いているのですが、それでもだんだん
暖かくなってきました。

本日は、雨天の中、ソラマメの収穫完了。
莢の長さは30cm以上もあるぐらいの大きな物がごろごろ。
莢をむいて塩茹でし保存。
GWにお客様への大事な食材です。

で、そんな頃に届いたのが、夏野菜の苗。

P1040701

トマトやナス、パセリ、ズッキーニ等々。
離島なので、通販で購入するとどうしても本土より1日以上は
到着が遅くなってしまうのです。

でもね~ ここ屋久島で売っている苗は全て 「実生」 苗で接木苗
ではないんですよ。
高温多雨で虫も多いのですが、病気も多い。
実生苗ですと、それこそ 「あっ」 という間に苗が全滅ってことも
よくあるので、送料がかかっても苗がちょっぴり元気がなくても
接木苗を購入しています。

で、届いた苗は、やっぱりちょっとしょんぼり気味。
でも、EM液肥をこまめにあげ、風除けをしていたら元気元気に復活です。

もうちょっと天候が落ち着いたら植え付けなんですが、このところの
天候不順でちょい先かな~。

ま、この接木苗以外にも、今年はトマトが30本以上、トウモロコシに
いたっては100本以上は育っているんです。
こちらは天候次第もあるんですが、「猿」 次第でもあるんですけどね。



「美味しい」 無農薬栽培を目指して

P1040671

ご存知、木酢液です。

なぜかというと、タンカンの栽培はもともと減農薬で栽培しているのですが
将来は 「無農薬」栽培にしたいと思っているのです。

畑を購入した時も、農家の方の話でも 「無農薬は無理だよ~」 とよく
言われているんです。
ただ、屋久島の中でもごく少数ですが、無農薬栽培をされている方が
いるんですよね。
(ちなみに家庭菜園は別ね、家庭用と販売用はやっぱり違いますから)

でも、以前にそういった方のタンカンを食べたのですが 「うまくない」
というかはっきりいって 「まずい!」
果皮が厚く甘みも酸味も足りなく、いくら無農薬といってもこれではな~
なんて思ったことがあります。

ま~当方も減農薬(JAの1/4程度)なんですが、農薬散布をした日は
終日ぐったり・・・ これを毎年続けるのか・・・・・ なんて思っちゃうわけ
ですよ。
もちろん収穫の半年以上前にしか散布しないので、果皮も問題なく
使えるのですが、「健康第一、安全安心」 をモットーに、それから
美味しいタンカンを作っていきたいと思っているんです。

で、この木酢液の散布を行い、EM液の散布を増やし、EM堆肥を
加え、健康な木を作っていきたいと思っています。

P1040670

で、本日 ぶわ~っと撒いたのですが、農薬と違い、液が舞っても
なんか気持ちのいい匂いに包まれました。

星があってよかった

熊本の震災のため、ブログを書くのもどうかと・・・
ここでは屋久島のいいところ、自然豊かなところなんかを
紹介したいと思っているのですが、どうしてもね・・・。

そうはいっても農園の作業はしなくてはいけないし、キャンセルが
あったとはいえ、これから来るお客様の魚も釣らなくてはいけない。

で、気分を切り替え
天候もよいので久しぶりの夜釣りに行ってきました。

で、最近はあまり釣れない。
他の方の釣ブログを見てもあまり釣れてなさそう。
実際、キビナゴをつけて何度も竿を振るが当たりもなし。

・・・・ だんだん暗くなってきたその時 ・・・・

いきなり竿がしなり急いで持ち上げたのですが、どうやら魚は
根に入ったもよう。
「おい! やさしくするから出てこいよ」 とか 「もう安心だよ」
と心で話すのですが、どうも伝わらず。
押せども引けども動かず・・ 糸を張ったり、ゆるめたりするも動かず。
だんだんイライラして、ちょい強引に引っ張ると・・・・・

プツン!

まじか~ ひさしぶりの大当たりだったのに。
でも、魚はいる! と確信し、再度投入。

グン!

再び竿がしなります、根にはいられないよう急いで丁寧に
ひきよせます。
浮いてきた魚を見て、がっくり・・・ 真っ赤 (に見えた) な魚体は
バラフエダイ(悪名高いシガテラ毒をお持ち)か~~ でも
だからといって針がはずれるわけでもないので、そのまま堤防まで
抜きあげ・・・ は~ 

ん~? 星がある!!

P1040669

これはバラフエダイでなく、クロホシフエダイ(54cm)じゃないですか。
いや~適当にあげたのに、針がはずれなくってよかった。

その後にカマスも追加したのち、寒くなったので撤収です。

ドイツ人もなかなかやるな

さて、以前にイギリスの方の話を書きましたが、
今回は、ドイツの方です。

ドイツの方ってわりときまじめな方が多いのですが
今回の人は両腕にびっしりとタトゥーがあって、最初は
「おっ!」と思ったのですが、笑顔がいいんです。

ま、あっちではタトゥーはファッションだからな、と納得して
お相手していたんですが・・・ バックから取り出してきたのが

P1040651

高級リンツチョコレートのBOX。

メールで数回お話しただけなんですが、こんな物をお土産で
いただけるなんて・・・ 

で、中身は。

P1040652

やっぱり本場はセンスが違います。
綺麗です、華やかです、香りも違います。 味はこれからゆっくりと
味わわせていただきます。

こんなのいただくと、すぐ 「値段は?」 と低レベルな計算をしがち
なんですが、計算しなくても・・・ !! って感じです。

*************************

で、このカップルお二人。 10年付き合っていたのですが、
本日、雨の中、ヤクスギランドで婚約したそうです。

お二人の一生の思い出の場所として、当館を選んでいただき
当方達にとっても忘れられない思い出になりました。  感謝。
ギャラリー
  • 贅沢な悩みとわかっているけど
  • 贅沢な悩みとわかっているけど
  • 椎茸の収穫が始まりました
  • 椎茸の収穫が始まりました
  • 椎茸の収穫が始まりました
  • 効率よし
  • 効率よし
  • 効率よし
  • 満開のひまわり
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード