屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

タンカン 収穫終わって剪定へ

さて、タンカンの収穫は全て終了したのですが、続いて剪定作業が
すぐに 始まります。

そうすでに次の新芽、花芽ができ始めているので、ここで遅れては
次年度の収穫に影響がでてしまうのです。

P1120690

で、この剪定。
ある意味、柑橘の栽培で最も重要な作業と思うんです。

例えば、肥料をやり忘れても前年の栄養が残っていたり、その年だけは
収量が減るのを仕方ないと思えばいいんです。

農薬を忘れても (当方は無農薬ですが) 病害跡が増えたりするだけです。

でも、剪定を間違えると、来年だけでなく3年後、5年後、10年後まで影響が
でてしまいます。

例1(当農園ではありませんが)

P1120663

このように縦長のっぽでホウキのようになってしまうケースや

例2(当農園ではありませんが)

P1120664

枝を伸ばし過ぎて葉付が悪く、ひょろひょろした細い枝ばかりとなってしまうと
これを作りかえるのは至難の業ですし、その数年は収穫量も激減、実も
いい実をつけることはありません。

P1120691

で、これは当農園の樹です。

がっしりとして、緑も濃く、葉も多い、その上こじんまりをまとまっているのが
おわかりいただけるかと思います。

ま~こんな感じになるよう、まだ小さい枝を見て、その3年後、5年後を想像し
また、日当たり、実がついた時の様子(例えば実で重くなった時に地面に
つかないか、枝が重なって折れないか等) を考えて一本一本切っていくんです。

ま、そういうわけで、当農園は
バカみたいな安売り はしていません。
愛情込めて丁寧に育てていれば、そんな値段?? ってありえないです。

 「屋久島南部のタンカンは美味しい」 って数年前から
書いて売っていたのですが、今年はぞろぞろ同じ文言で売り出しているのが
いるんです。
人まねしないで自分の言葉で売ってね~とよく思いますが、もうひとつ大事な
ことは、「屋久島南部は全て美味しい」 のではありません。
きちんと手入れをし、樹が健康に保たれているからこそ、美味しい実が
つくんです。


 

プルメリアもいいかも

昨日、お越しになったマレーシアの方。

お土産に 「プルメリア」 の種を持ってきてくれました。
「プルメリア」 ? どっかで聞いたけど、なにそれって感じだった
のですが、ネットで画像を見たら結構いいじゃないですか。

「プルメリア」の画像検索結果 ネットより

他にも、白や黄色等、色々な色があっていかにも南国風なんです。
当館には、ハイビスカスやブーゲンビリア(屋久島では紫色が多いのですが
これもこだわって、赤色です) があるんですが、このプルメリアも育てて
みようとなりました。

で、これもネットで育てかたを調べてみると、キッチンペーパーに包んで
発芽してから植える方法と、最初から土に植える方法とあるみたいです。

ついでヤフオク等で値段等を調べると、5粒程度で700円ぐらいで販売
しているのもあるんです。
え~じゃここにある100粒以上の種は???

実は、このマレーシアの方、当地でプルメリアの一大農園を持っていて
結構な富豪さんらしいんです。
はは~じゃえんりょなく・・・・。

種も豊富にあるので、キッチンペーパーに包んで室内に置いておくもの
同様に保温器に置いておくもの、それから土に植えるものと3通りで
挑戦です。

「ま~一週間から10日ぐらいで発芽してくるよ」 とのことでしたが
本日3日目。

P1120667

P1120671

すでに5~6粒、発芽しているんです。
お~いいじゃん、この調子この調子って感じで、こまめに水を替えたり、
温めたり・・・。

花が咲くには種からだと3年ぐらいはかかるそうですが、この成長を
見るのも楽しみです。

PS 色々な種があるのは、さまざまな品種をMIXして持ってきてくれたそう。
 いや~感謝感謝。


タンカンの時期も終わりかな

さて、当農園のタンカンはすでに販売終了。

今年も多くの方、リピーターの方に喜んでいただいてなりよりです。
また、追加注文も何件かお断りして申し訳ありません・・・・。

どうしても数(収量)を多くしようとすると、摘果が減り実が小さくなったり
手入れがいき届かないため、品質が低下してしまうので、このぐらい
(2月中旬頃) で終わりなんです。

それともう一点。
味が落ちるんです。

P1120654

たまたま取り忘れて樹に残っていたタンカンです。

で、カットすると、「ス」が入っています。
こんな症状は今年初ですから、やっぱり時期が遅くなっているんですね。

で、味は 「う~ん」
糖度は14度もあるんですが、微妙に味にボケがきています。
ま~それでも十分美味しいんですが、やっぱり自信を持って販売できる物
ではないですね。

ということで、屋久島のタンカンの適期は2月末までかな~。

PS 時期が多少遅れる湯泊、栗生地域はまだ多少いいみたいです。
それ以外の地域のタンカンはお勧めできませんね。

こんな観光協会はいらない

今日はお客様の送迎で久しぶりに屋久島2のフェリー
ターミナルへ行ってきました。

ま、相変わらず変化なし・・・ おっ 荒川登山バスの案内が
あるじゃないですか。
で、ちょっと2~3部いただき!

3月1日より荒川登山バスの運航が始まったので、お客様への
案内に必要なんですよ。

ん? これは昨年の古い案内 じゃん。
(11月末で終了しているので、3か月も放置)


で、その後に 宮之浦の観光案内所 へ。
ここは高速船やフェリーターミナルから200m程離れていて
こんな場所、本当に案内が必要な人は来ないぞ! といつも
思っているんです。

ま~おいといて、バス券の購入したり、新しい案内をもらったり
していたのですが、そこでフェリーターミナルへあった古い案内の
件を伝えると・・・

「昨年の古い案内が有って、お客様が間違えるんじゃなですか」
「あ~それは観光協会が置いたのじゃなくて、保全協会が置いた
ものです」

「でも、古いしバス時刻表が違っているので観光客の人が困るじゃない
 ですか」

「でも、うちじゃないですから」
「いや、だから観光協会は観光客の利便性のためにあるんでしょ
撤去するとか、要請するとか必要じゃないんですか」

「でも、ここに保全協会って書いてあって、うちじゃないですから」

・・・ 中略 こんなやりとりが続く ・・・

「それでお宅は観光協会に入っているんですか」
「それって間違った資料を置いてあるのを指摘するのに必要な事
ですか」

「いえ、参考までに・・・」

結局、明確な返答もなにもなく・・・ 一体、観光協会はどこを見て仕事を
しているんでしょうね。
私の認識では、お客様の利便性を高め、より満足していただくため
トラブルが無いようにするためと思っているのですが、どうやらそうでは
ないようです。

あくまで、決められたことだけするという内向きの考えのようです。
これで観光の島とは。。。 どうやってリピーターを増やすの?

ま~だからこをお金が足りないと、観光客の善意の「協力金」を
組織的な横領 したりするんでしょうね。

なさけない。。。。

PS ちなみに当方は観光協会に入りません。
最初に、新規開業から2年は入れないとあった時からいい印象を
持てないんです。

本当に観光客のためを考えるなら、新規で要領を得ない宿こそ積極的に
受け入れ、指導や案内、アドバイスをする必要があるんじゃないでしょうか。

ましてや行政(保健所等)から開業の許可をいただいているんです。
それを単なる観光協会(社団法人 役所の下部組織みたいなもの)で
補助金(税金)で運営しているところが、拒否するって????

アカシアの開花

最近、暖かい日が増えてきたんです。

で、あちこちに新芽が出てきたり、気の早い花が開花していたりと
いい季節になってきました。

で、駐車場から車を降りて、ふっと見ると。

P1120568

P1120569

ゴマ粒より小さいつぼみがあったのは見ていたのですが、ようやく開花
しました。
銀葉アカシア プルプレアの花です。

以前に3本購入したのですが、冬の寒さを乗りきれず2本は枯死。
残った一本は、その後も順調に育ち、今年初めて花を咲かせました。

駐車場から見ると、建物は濃いブルー、それに映えるように、高い場所には
このアカシアの黄色、中段にはフェイジョアの赤花、地面にはジャスミンの
黄色になるよう木々が育ってきています。

夏の暑いのはちょっと苦手なんですが、早くこれらの花が咲き誇る様子を
見てみたいもんです。

粘ってヒラマサ

さ~天気もいいし釣りにでも行くかって感じで本日出発。

ま、天気はよかったんです。
波もそう高くない、「お~ひさしぶりにいい感じじゃん」 って感じで
はじめたのですが・・・

100m飛ばしてジグの着底を待っていたんですが、どんどん左に
流れていく、流れていく、流されて・・・。
結局、余分に50mぐらい流されて、それでも底に着かないほど
流れがきついんです。

でもな~ここは右に投げると瀬にひっかかるんだよな~
ってなんとかギリギリの範囲で投げ、着底を待たず適当な
ところでシャクリ始めたんです。

ま、当然ながら当たりはない。
でも、今日は魚が欲しいんだよな~(すでにやる気は半減気味)
でも、もうちょっと、もうちょっと~(あ~あと2回ぐらいでやめるか)
でも、半まで待つか~

って、ドン!

うわっきたじゃん。 う~ん結構引くので青物やな~、でもちょい軽いから
小さめかな?ってひとり言を言いつつ、波に乗せて無事取込み。

P1120567

47cm ヒラマサ。

ま~ちょっと小ぶりだけど、今日はこれでOK. 本日終了。


たんかん終わって? ようやく釣りに


タンカンの出荷もほとんど終了~。

ってことで、ようやく釣りに行けるんです。
今までは、タンカンの収穫出荷の合間にちょこっとできるかどうか
だったのですが、今日だけのんびり釣りに出発です。

・・・今日だけ? ま~実のところ収穫出荷は終わっても、これから
来年のために剪定 ← これがもっとも大事、収量、出来具合に大きく
影響します それから肥料まき、EM散布等々 果樹園の作業満載
なんです。

ま~それは今日だけおいといて・・・

ちょっと東風が強いので風裏ポイントまで。
風の直撃は無いんですが、それでも巻いた風があちこちから。
う~ん、やる気まんまんで出発したのですが、早々に気持ちが萎え気味。

でも、せっかくきたからにはと、餌の投入。

・・・ ダツ1のみ ・・・

やっぱ気象条件が悪いかな~、でもあのサラシが気になるよな~
って感じで再度エサ投入。

で ふっとウキが消えた?

あれ~あまりひかない・・・ お~っとそっちは岩があってまずいじゃん
ゆっくりこっちを向かして、そうそう、いい子じゃん・・・ ってな感じで
寄せてきたら・・

P1120536


お~、おひさしぶりヒラスズキ 70cm。
思ったよりひかなかったけど、まるっと太って美味しそうです。

で、結局風も強くなったので2時間ちょいで早々に撤退。



当農園のタンカンは酸っぱい?

タンカンの収穫、発送も順調でぼちぼちお客様からの
「声」 が聞こえてきます。

ま~大部分は好意的、絶賛、お褒めの言葉なんですが、まれに
「酸っぱい」 と言った声もお聞きするんです。
で、特にそういった悪評だけが、レビューに投稿されたりするので
困ったもんなんです。

で、実際に酸っぱいのか?

まずお客様のお手許に届くまでの経路ですが
当農園の場合     
 収穫 ⇒ 配送 ⇒ お客様 

一般のお店
 収穫 ⇒ 配送 ⇒ JA/問屋 ⇒ セリ ⇒ 配送 ⇒ お店 ⇒ 販売
 ⇒ お客様

となるわけです。
つまり当農園からは3~4日で届いている物が、店頭販売や収穫後即発送を
行っていない業者の場合は、それこそ1~2週間かかってしまうんです。

で、このタンカン、収穫間際は酸味が残り、人によっては酸っぱいと感じます。
でも1週間~10日程置いておくと酸味が抜けて甘味だけが残るんです。

そうなんです、甘味だけのは 古いんです
もちろんそれがいいと言う方は、保存していただければ酸味が抜けるんです。

で、それをご案内する書面ネット上での案内 
をしているのですが、あまり見ていただけないんですよね~。
せっかく適切な保存情報等をご案内しているのに残念・・・。

でも、当農園のは、本当に甘い=糖度が高いの? 

で、実際に実験です。
店頭品の糖度レベルは、11~13度が一般的。

P1120531

当農園で収穫した、難有り(左)一ヶ月常温放置。
すでに皮はシワシワです。

右も当農園の収穫した物ですが、2日目。

P1120533

下が難有り 一ヶ月放置した物ですが、中身はジューシーそのもの。
上の2日目と断面だけ見ると違いはわからないぐらいです。

で、糖度は 難有り 13度、2日目 13.5度。 大差無し。

味、難有り 甘味が強調されています。 個人的にはちょっと甘ったるい。
2日目 甘酸のバランスがよく個人的にはこっちが好み。

ま~そういった感じで、適度な酸味が欲しい人は1週間~10日程で
食べていただく、酸っぱいのが嫌いな人はそれ以降って感じですね。

たんかん タンカン TANKAN

ここ2週間ほどブログの更新ができなかったのですが
ま~理由は簡単。 タンカンの収穫が始まったんです。
P1120473

単純に収穫だけじゃん! って言わないでください。

実際には、一個一個手に取り、完熟具合を確かめてから切ります。
次にヘタの部分を再度丁寧に切り取ります。

これをキャリーに入れて車に持ち込みってのを繰り返すのですが
なんせ舗装道路でない自然の果樹園の中を10~20kg程あるキャリーを
運ぶんです。
実際、この時期になるとタンカンの糖度を上げるために、下草を除草剤で
枯らす方も多いのですが、当農園ではそんな不自然、薬漬けの方法は
とりません。

画像で見てもおわかりいただけるかと思いますが、下草や枯葉、枯れ枝を
残しておき、樹が元気でいられるようにしているんです。

「じゃ、糖度低いんじゃない?」 ってそんなこともありません。
通常出荷される店頭品は、糖度11~13度、当農園は12~13から最高で
15度以上もあるんです。

で、収穫後には、一個一個拭いて汚れを落とし、すぐに箱詰め、伝票書き
発送と続きます。

ということで、ここしばらくはこの繰り返しが続いており、ま~正直、暇が
なかったんです。
でも、ようやく一段落。

ふっと、見るとすでに次の芽が。

P1120529

梅干し、梅酒ように植えた、梅の花が咲き始めました。

P1120524

タンカンに続く主力商品を予定している、ライチのつぼみが沢山ついてます。
国産ライチはほとんど売っていないし、輸入物は味がかなりおちてしまうので
これは期待大! です。

じゃ、もうひとふんばりかな。

シマアジには遠いけど

さて、シマアジ釣り2回戦。

自宅周辺では天候がよかったのですが、いざ釣り場へ着くと
ほぼ向かい風、波高し。
う~ん、ちょっと嫌だな~、でもな~オキアミ解凍しちゃったしな・・・。
ってな感じでいやいやスタート。
ちなみに離れたポイント (屋久島南部一級ポイント) は今日も満員電車。

さて、仕掛けを遠投する(つもり)も風が強くて飛ばず。
で、そんな気分が乗らない時には当たりもない。

あ~帰るか~、でもな~、わ~風強なってきた~、オキアミ残ってるし~
なんてブツブツ言いながら、それでもひたすら耐える。

で、2時間経過。

ふっ と見ると、ウキが消えているじゃないですか!

おわっやべっ・・・
お~結構な引きじゃないか、慎重に慎重によせて、お~この引きは
カツオやムロアジじゃない、シマアジか? 魚体がギラっと見えて
お~やっぱシマアジもしくはナンヨウカイワリか???

で、

P1120447

55cm カスミアジ。
う~ん、ちょっと落ちるけど、冬で脂ものっているしな~ でキープ。

お~と、続いて

P1120448

おひさしぶり、青チビキ 62cm。
これ見かけによらずうまいんだよね。  で、キープ。

そして、納竿。

ま、シマアジはお預けだけど、食べごろキープでまずまずでした。

ギャラリー
  • 夜釣りはまだ上向かんな~
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 石積みの補修
  • 石積みの補修
  • 石積みの補修
  • アシナガバチの対策に
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード