いよいよ年末、今年も終わりが近づいてきました。
で、天候もようやく落ち着き、波も収まってきたので、本日出撃です。

お~っと屋久島南部のNo.1人気場所の魚待はすでに車が3~4台。
早々にあきらめ、続いて堤防へ。
遠目から見ると先端に一人。 よしこれならいいだろうと場所決定です。

時折、強風が吹きますが、ま~冬場にしてはいい感じです。
遠くの瀬には石鯛釣りの人があっちにもこっちにも。 本州からわざわざ
旅費を払い、エサ代(数百円ではありません)にお金をかけ、瀬渡しの
代金を払いって、結構かかっているよな~ よくやるな~ といつも感心します。

で、こっちは。。。
よっしゃ~ チビオジ(オジサン15cm)
きたか~ チビオジ(オジサン13cm)

近くにいたI氏に 「活き餌いります?」 って聞くと 「いらないっす」 と言うので
早々にリリース。
その後にダツ、チビオジ etc..................

昼前になって、ようやく竿がちょっと曲がった!って、35cm フエフキダイ。
ま~これは一応キープでも、時間切れ。

昼食

農園作業

さ、夕方から再度、磯に出撃です。
ちょうど帰り際のお二方 「ムロアジだけ」 「全然ダメ」 ちょっと萎えるな・・・。

でも、一応、先端まで徒歩10分。
ひさしぶりに波も収まり気味でいい感じです。
投げる、投げる、投げる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
一時間経過しても、当たりひとつなく 「やっぱダメか・・・」 と思った瞬間!

来た~!
お~結構ひく、このひきは青物ではないな~、 長物(ヤガラやダツ)でもない
ナンヨウカイワリか? 
って、余裕かましていたら、ふっと根に入られて動かない。Σ('◇'*)エェッ!?

しょうがないので、ばれるのを覚悟で糸をゆるめ様子見。
でた~! いけ行け~! って強引に寄せると・・

フエダイ 48cm

P1120116

早々に納竿。
さっさと帰宅。 一日寝かして明日のタイシャブに。

ま~一応、それなりのが釣れたので、これで
今年終了!
って、明日も行くんだろうな。