屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

2017年08月

海遊びは狩猟だよ

さて、こう暑いと泳ぎに行きたい。

でも、目の前に海があっていつでも行けると思うと、いつの間にか
行ってないという状況なんです。

で、知らず知らず8月も後半、こりゃいかんということで海に出発です。

ま~のんびり泳いで、魚でも見ていれば~って思うんですが、
どうしても目の前に獲物がいると体がうずうずして落ち着かないんです。

ということで、本日はイソモン採りです。
狙いはトコブシ。 
ま~簡単に言ってアワビの小さい種類なんです。
もちろん泳がなくても採れるんですが、どうしても人が入りやすい場所は
採りつくされており、人が行かない場所で探さないといけないんです。

お~今日もキビナゴの群れが・・・ 大きなアオブダイが・・・ あっちは
熱帯魚の群れが・・・ でも、獲れない物に興味なし。
ひたすらトコブシを探します。

P1130292

ま~アベレージサイズはこれぐらい、3~4cm、大きいと4~5cmぐらいです。
小さいのは資源保護のため残しておいてと。。。

ざっと、2時間でこれぐらい。
P1130290

もちろん 天然。 
無添加で調理して、会席ご注文の方の前菜にお出ししています。

バタフライ ピーのデザート

さて、まずはバタフライピーを初耳の方もいらっしゃると思います。

当方も初めて聞いたのですが、東南アジアの方でわりとメジャーらしい
青色の花なんです。

で、この花。
乾燥した花を煮出すと綺麗な青色の液が抽出できるんです。

これをハーブティーにして飲んだり、デザートの着色料にするんです。
そう 天然の着色料 です。
赤色何号とか、青色何号といった合成着料と異なります。

で、このバタフライピー、マレーシアからのお客様が種をお土産に
お持ちいただき、発芽、成長させ、本日開花となりました。

P1130320

大きさは朝顔よりふたまわり小さいぐらい。
さっそく花弁を積んで、煮出してみます。

P1130323

まだ、漬けたばかりなので、色は抽出できていませんが、この後綺麗な
青色の液体になってくるんです。

で、

P1130343

本日のお客様のデザートは、自家製の杏仁豆腐、無農薬・EM栽培の
ドラゴンフルーツ、そしてバタフライピーを使った自家製寒天。
もちろん保存料、着色料、農薬、その他合成物質は全く入っておりません。

このバタフライピー、効能は沢山あります。
アンチエイジング
アントシアニンはブルーベリーの約4倍、よって目の疲れにいい
動脈硬化の予防
生活習慣病の予防
 等々。

まだ日本での栽培農家はないらしいので、本格的に栽培してみるか。





欲張り過ぎはダメか

日中は暑過ぎて、釣りにならないので、今日はAMに出発です。

水面を見ると・・・ お~ いるいる

60~70cmはありそうな大きな(おそらく)カスミアジが十数匹ウロウロ。
ダツの群れがウヨウヨ。
あっちでは1mを超える(おそらく)ローニンアジが水面でバシャっと。
30~40cmのツバメウオもヒラヒラ。

よ~っしいくで・・・・ とその近辺にルアーを投げるも反応無し。
手を替え、品を替え、色々試すも反応無し。

う~ん、それならっと遠方に 「エイヤ~っ」 と投げいれると
すぐに、グン!と来ましたよ。
ほほ~この引き、泳ぎ方は青物やな~、ちょい小さいか。

で、あがってきたのは、オボソ(スマガツオ)約28cm。

・・・・ ここでちょい思案 ・・・・
2名分ならちょうどいい大きさ、しかもオボソ、でも、これだけウヨウヨしていると
もっと大きい魚もくるんじゃないか????

・・・・ 思案終了 ・・・・
急いでルアーを外し、ハリを背掛けにして泳がせ釣りに移行です。
よ~し、これで70~80cmの大物釣るで~~

なんですが、ちょい思案が長くて、魚は弱り気味。
底の方へフラフラと水没中。 ま~そのうち泳ぎだすだろうと思っていたが
一向にその気配無し。
う~ん、ちょい陸揚げ期間が長すぎたか・・・ ま~これを持って帰って
食べるか・・ と思い、引き上げようとしたら

グイ グイ グイ 
バチ!
 
うわ~ 根掛かりで切れちまったよ・・・ 
しょうが無いので、再度ルアーを投入するも、その頃にはあれだけ沢山
いた魚も姿は見えず・・・・・・・・・・。

あ~あ、欲を出したばっかりに。。。




この中間がいいんだけどな

本日、夕食のご注文はなし。

明日、会席のご注文あり。

ということで、夕方から釣りに出発です。
ま、日中は暑すぎますからね。

で、堤防に着くと、先端にいたのはいつものI氏。
ちょっと会話して、様子をうかがうもあまり釣れていない感じ。
う~ん ちょっと厳しいか・・・。

でも一応、仕掛け投入です。

釣れん。

エサ取りにやられ、キビナゴ半分だけ。

当たらん。

エサ取りにやられ、キビナゴなし。

釣れん・・・・・・・・・・・。

なんかキビナゴが半分だけかじられるのが続いたので
針を頭の位置から、かじられている腹の方につけかえますか。

   す~ っ お! ウキがゆっくり沈んだ!


P1130316

フエフキダイ 29cm 微妙に小さいが一応キープ。

う~ん、以前にも書いたけど、35~45cmぐらいがいいんだけどな~って
思いつつ、再度投入。

す~ っとまた、ウキが沈んで、お~きたよ。
今度のはちょい重い、「この重量感は50cmぐらいか?」 ってちょっとの
抵抗をかわし、水面に出てきたのは

P1130318

さっきのフエフキが子供に見えるぐらいの、カスミアジ 61cm。
魚も夏バテ気味なのか、60cm台にしては抵抗が少なく、わりと楽に
あがってくれました。

う~ん、本当は御頭として飾るのに、この中間が欲しいだけどな~
なんて思いつつ(実はちょいにやけて)、早々に帰宅です。



これぐらいが調度いい

ようやく庭、果樹園の台風片付けもほぼ終了し、平穏な日に戻って
きました。

ま~そんな時は、食糧確保をかねて釣りです。
台風後は、海水がかきまぜられたり、潮が変わったりするので
わりと釣果がのびるんです。

で、夕方から出発。

そうそう、当方の釣りですが、竿は3号、ハリスは6号を使っているのですが
わりと屋久島の夜釣りでは仕掛けが細いんです。
ある人には、「それじゃ戦えないでしょ」 って言われたこともあるんです。

でもね~ これでいいんですよ

趣味で大物釣りばかりしている人、こだわって決まった魚種を狙う人
ま~それぞれなんですが、当方は お客様のための 魚が
必要なんです。
大物を釣ったとしても、消費するまでに時間がかかれば鮮度は
落ちますし、かといって料理全てをその魚オンリーってわけには
いきませんからね。

・・・ で、

フエフキダイ 45cm
エバ 43cm

P1130293

そう大きさも GOOD! です。
小さすぎてもショボイし、大きすぎてもお皿に飾れない。
調度、35~45cmぐらいが一番いいんです。



台風5号は、とうに去った 果樹園は

さて、台風5号の爪跡は・・・ 庭が落ち着いてきたので続いて
果樹園の片づけです。

ま~折れたり、倒れたりした果樹をくやんでも仕方がないので
庭、自宅の後回しにしていたのですが、果樹園に着くまでドキドキです。

で、

ドラゴンフルーツの棚は半分が崩れ、枝もかなり折れてしまってます。
ま~ドラゴンは売り物ではないし、わりと成長も早いので、ま・いっかって
感じです。
どっちかというと、これを直していくのですが、重量があるうえ、トゲが
するどいので、いつも血だらけになってしまうんです。

P1130283


続いて、フェイジョア。
45度に傾いていますが、どうやら枯れてはなさそう。
葉は今のところ生き生き、濃い緑色をしています。

無理に起こすと根を傷めそうなので、このまま放置。

P1130284


ライチは枝が固く柔軟性に欠けるので、結構折れています。
ま~逆に早めに枝が折れ、風を受ける面積が減った分、根元がゆすられて
いなさそうなので、結果OKか。

P1130286


そして、グレープフルーツ。
今年、初収穫の予定で野球ボールぐらいまで育っていたのが、あだに
なりました。
実が大きいだけにボトボト。

P1130287

でも、こちらも木がゆすられていなさそうなので、来年は期待できるか。

で、一番肝心なタンカン。
これは、数年前から剪定を繰り返し、丈夫な樹形を作ってきたので大きな
被害はなかったので、ひとまずホッとしました。
もちろん実にキズが増えたり、ところどころ小枝が折れたりはしているのですが
ま~許容範囲かな。

で、これから片づけ・片づけ・片づけです。






台風5号過ぎ去った・・・ 庭が

迷走を続けた台風5号、まさか屋久島は来ないよなと
思っていたのですが・・・ 直撃です。

半日以上の停電2回、暴風吹き荒れることまる3日。
食材を詰め込んだ冷蔵庫の温度は、開けないまでも少しずつ
温度が上がり・・・・。

ようやく過ぎ去りました。

で、庭に出て、ショックというかションボリというか。。。

ゴーヤー、キュウリの棚が崩壊。
支柱も何本か折れ・・・

P1130280


P1130281

パパイヤは葉が全部なくなって、これから育つのか・・・

P1130279

フェイジョアの何本かは幹から裂けてしまい・・・。

P1130278

他にも、秋収穫用に育てていた、トウモロコシは全滅、
オクラ、キュウリの苗も全滅。
看板も傾き、完熟前のパパイヤも落ちていました。


ま~嘆いてしても折れたもの、無くなったものは戻らないので、ひたすら
片づけです。

明日は果樹園に行くつもりですが、こっちの被害はどんなもんやら・・・。
ふ~




ギャラリー
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • シソの実の収穫
  • シソの実の収穫
  • シソの実の収穫
  • シソの実の収穫
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード