屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

2018年11月

粘りが大事か

宿泊業もオフシーズンに入ったので、のんびり釣りに行ける
日が続きます。

でもね、この時期?は釣れない。
午前に行っても、午後に行っても、干潮前後も満潮前後もあまり
釣れない。

ま~そうは言っても、行かなきゃ絶対に釣れないし、いつ釣れる
時期が始まるかもわからないので、行くんですけどね。

で、今日も午後から出発。

・・・・・・。

エサ取りはわりと頻繁にあるんです。
でも、針にかからない程の小さい魚や釣りあげても10cm前後の
チビばっかり。

途中で来たN氏とも、「最近、ダメだね~」 なんて話ばかり。。。

ま、こんな時はせめて魚の当たりだけでも楽しもうと、エサ取りの多い
堤防際にエサを落とし続けて20回目ぐらい。

IMG_20181129_163959

ウミヒゴイ 40cm 

ようやく持ち帰りサイズが釣れました。

で、この後、N氏 「ダツさえ当たらない」 との言葉を残しご帰還。
エサでも2~3時間粘ってこれだから、ジギングは厳しいよね。

で、こちらもそろそろ帰宅準備をと思っていたら・・・・

IMG_20181129_164640

45cm フエダイ。

いや~ひさしぶりにいい引きをみせてくれました。


看板照明の交換

外の看板には照明がつけてあります。

ただ、購入から4~5年経過しているので、充電池の劣化もあり
ほとんど光らなくなっていたんです。

で、充電池式。

ま~看板だけですと、当然、夜間は暗くて見落としてしまいます。
そこで、照明をつけたり、反射板をつけたり、夜光塗料で作ったりと
色々あるんですが、反射板や夜光塗料は当方のDIYで作った看板
には合わないので却下。

照明ですが、有線(コンセントから電源を取ってくる方法)は外部
(漏電、断線、日光での劣化等)なので却下。

電池式は、夜間、常につけておく必要があるので、電池の消耗が
多く、交換の手間とコスパが悪いので、これも却下。

ま~大きなホテル等であれば、看板も大きいし、外部電源からの
電源確保もできるし、それだけの経費をかけてもいいんでしょうが
当方のような小さい所は、経費=お客様への負担増
=宿泊料金UP
となるので、とても気にするところなんです。

で、前回同様、今回も充電池式です。

P1140474

アマゾンにて購入。

ソーラーで充電、夜間暗くなると自動点灯、2個で送料込 1499円。

安い!
異様に軽いのですが、見た目はそれほど安っぽくなくいい感じです。

で、早速取りつけ
まずは古いのを取り外し

P1140473

長年、くっついていたので一体化しているのを無理にはがします。

P1140475

付属品のネジと金具で取り付け完了。

ネジも色々な方法で取り付けできるよう、数種類入っています。

で、あまりに軽く、簡単に設置できたので大丈夫か? と夜に見に行くと

P1140480

ばっちりでした。




運搬車を買う前に

さて、前回、腰を痛めたので、そろそろ運搬車を買わなきゃ~
と思っているんですが、その前に。

当農園は ↓ のように、石組みをしているのですが、この段差が
30cmぐらいあります。

IMG_20181115_143306

当然のことながら、運搬車は乗り越えることができませんので、この段差を
無くす必要があるんです。

で、またまたセメントの出番です。

IMG_20181115_145923

重い運搬車が乗るため、セメントの厚さは10cmは無いといけないので
まずは段の上部は10cm程の深さで、50cmx40cmぐらいの穴を掘ります。

下段は30cmの高さがあるため、まずは囲いを作って、そこにセメントを
流し込むようにします。

ま~これだけ見ると、簡単にすぐにできそうなんですが、実際はここからが
大変。
バケツにセメント、砂、砂利を入れ、かき混ぜ、投入。
それを10回近く繰り返して

IMG_20181115_160540

ようやくこんな感じ。
下段部分の表面がガタガタですが、これはわざとです。

で、半日たってちょい固まったところで枠をとり、ブロックで周りを固めます。

IMG_20181116_111739

なんでこんな面倒なことをと思われるかもしれませんが、まず運搬車の
重量が100kg以上、これに積載物が100kg以上、これがこのセメント部分に
かかるので、中央はしっかり固めたいんです。

逆に周囲は土止めと、ちょい車輪がずれた時の非常時だけなので、ま~
ちょい適当でいいんです。

で、これにセメントを入れて・・・ と行きたいところですが、本日ここまで。

PS1 腰を痛めたのに、また腰に負担をかかることを・・・。

PS2 運搬車最低20万ぐらいかかるんですよね・・・。



一応、もとは獲れたけど

最近、あまり釣れていないらしい。

この時期は、冬魚との切り替わり時期なのか、あまりいい話を
聞かない。
過去のデータでも、いい釣果は記載していない。

ま~なんとかお客様分は確保してきたし、これからオフシーズンで
お客様も減っていくのでなんとかなるんですが。。。

といいながら、本日出発。
天気は快晴、ちょい風あり、波は無し。 
風が気になるけど、それ以外は絶好の釣り日和なのに誰もいない。
やっぱ釣れていないんだろうな~って、ちょいテンション下がり気味。

でも、堤防周りには小魚は沢山いるんです。
ただ、それらがのんびり泳いでいるってことは、それを食べる大型魚が
いないってことなんですよね。

でも、一応仕掛けを投げ入れ。

IMG_20181114_150803

15cm カワハギ系

IMG_20181114_152644

18cm オジサン

IMG_20181114_171746

13cm マツカサウオ

で、ここまで全てリリース。
マツカサウオやオジサンでも、30cm前後ぐらいになると、煮つけ等が
美味しいんですが、さすがに小さすぎ。

で、だんだん風が強くなった夕暮れに

IMG_20181114_170028

40cm ウミヒゴイ(オジサン系)

これは刺身でも美味しい魚なのでキープ。
で、結局これだけ。

結局、他の釣り人は誰もこず・・・。 やっぱ釣れてないんだろうね~。

で、綺麗な夕日を見ながらとぼとぼ帰宅です。

IMG_20181114_171939

パッションフルーツの剪定

夏の間に数百個は収穫したパッションフルーツ。

そろそろ来年のために剪定です。

で、今の現状は

IMG_20181023_152457

ま~写真ではわかりにくいですが、高さ1mx幅1mx長さ5mぐらいの棚が
一杯です。
棚からはみ出た部分は地面についてからも枝を伸ばしています。

元気がいいのはよいことですが、実際はこれだけ繁茂すると、中の方は
影になっており、枯れ枝、枯れ葉がたまっているんです。
で、このまま放置しておくと過湿により病気も発生するし、枝もまとまらない
為、この時期に剪定が必要となります。

で、数本剪定していくと。。。

IMG_20181106_150200

ま~こんな感じで、活きている緑の枝の下に、枯れ枝、枯れ葉が積み重なって
います。

不要な枝を何百本も剪定し、枯れ枝、枯れ葉を取り除きという作業を
延々と続けます。
実際には半日作業を続け、まる3日でようやく終了です。

で、剪定した枝葉は?

IMG_20181106_170851

果樹の根元に敷き詰めておきます。

こうした日々の積み重ねが、腐葉土を増やし、土をやわらかくし
丈夫な樹を作っていきます。





倉庫の棚はリサイクル

おひさしぶりです。

実は、ここしばらく腰を痛めていて、自宅療養をしていたんです。
ま~果樹園の肥料を散布するのに、20kgの袋をいくつも担いで
いたのがいかんかったんでしょう。

3日ほど自宅でおとなしくし、だいぶ傷みもひいたので、ゆっくり
活動開始です。

で、まずは果樹園の倉庫の棚。
以前にベットに使っていたスノコをリサイクルして棚にしたのですが
当然、スノコだけですと隙間があって使いづらい。

で、これまたリサイクルで、これもちょっと前に自宅にある倉庫の
屋根を改修したのですが、その屋根部品を残してあったのです。
これがだいたい1mx1mの大きさで軽くて丈夫、スノコの大きさにも
ぴったりなんです。

もちろんこのままでは、支柱等にあたってうまくはまらないので
ノコギリ等でカットして。。

IMG_20181104_161034

支柱やクランプをよけてはめ込みます。

で、このカットした端材も。。。

IMG_20181104_161011

クランプをそのままにしておくと、タンカン等が当たって傷つくので、端材で
囲みます。

あとは釘穴等でササクレている個所を丁寧にカットして。。。


IMG_20181026_161153

綺麗にぴったりはまりました。

最初は、木の板を貼ろうか、合板で作ろうか悩んでいたのですが
ま~ちょうどいいタイミングで、ちょうどいいサイズ、品質の物が
リサイクルできてよかったです。

ま~この後、果樹が落ちてこないように段差をつけたり、支柱の隙間を
埋めたりと色々することがありますが、まずはいい感じに仕上がりました。





ギャラリー
  • バナナの収穫時期
  • バナナの収穫時期
  • こういう時もないとね
  • こういう時もないとね
  • こういう時もないとね
  • こういう時もないとね
  • わりにあわん
  • わりにあわん
  • わりにあわん
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード