屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

2019年01月

これは何でしょう?

IMG_20190127_133643

表題にも書きましたが、これはなんでしょうか?

お店の人も言っていたのですが、TVでも取り上げられ、聞いた人の中では
正解はいなかったとのこと。

実はこれは ↓ この仲間。

IMG_20190127_133630

そう、魚のウロコ取りです。

当方でも、しょっちゅう魚をさばくため、ウロコ取りは100均の安物でなく
それなりにしっかりしたものを使っています。
ただ、一般的なこの形状はウロコがかなり飛ぶんです。
それこそ気をつけていないと、1mぐらいは飛んでいくので、その後の
片づけが大変なんです。

で、先に出たウロコ取りは、ウロコが飛ばないらしいんです。
売値は4000円程。
ま~ウロコ取りにしては非常に高額なんですが、一生物として使って
いくので、今後の手間等を考えたら、いい買い物したかな~と思っています。

・・・ で早速と言いたいところですが、最近はあまり釣れない。
せっかくの美品も、手のひらサイズのオジサンではあまりに寂しい。

ということで、ジギングに出発です。

相変わらず、南の磯では、オキアミのカゴ釣りがさかんなんですが
1時間にムロアジ1~2本、よくてオボソ(スマガツオ)の小サイズが
混じるぐらいでしょうか。

臭いし、手間だし、釣具は重いし、コスパは悪いしで、あまり
やりたくない釣りなんですよね~。
もっといかんのが、このオキアミを入れているビニール袋を多くの人が
海へ捨てたり、その辺へ放置したり、その場で燃やしたりしているん
です。
釣りは楽しく、周囲の人とも楽しくしたいのですが、こういった人達とは
お付き合いしたくないですね。

ま~そんな様子を横目で見ながら、ジグを投げる。
当たりがないので、ミノーに変えて投げる。

と、一投目で、水面直下で当たりです。
水面近いので、最初はダツかな~と思っていたのですが、寄せてみると

IMG_20190129_110501

シイラ 約1m

激しくバタバタしていたので、針が危ないとしばらく放置してから
はずしにいくと・・・

IMG_20190129_110718


ミノーがへし折れていました。。。

ちなみにこの魚は、ウロコが無いというか、非常に細かいので
ウロコを取る必要がありません。
ということで、新品ウロコ取りはまた次回に。


そのアンケートに意味は?

さて、沖縄の県民投票が色々話題になっていますが
ま~結果はさておいて、議会(一部の人)が投票の権利を
奪ってしまうというのはおかしいでしょう。

いくら投票で選ばれたからといって、≪全ての≫議案、選択肢を
委任したわけではないと思います。

ま、それはおいといて、当方も仕事柄、投票ではありませんが
色々なアンケートがきます。

まずはA(としておきます)からのアンケート

「じゃ、
私(アンケートの集計人)が、質問して
書きますので 
答えてください」

色々質問はあったのですが
「Aは今後とも必要ですか?」

ちょっと待てって感じです。
Aについての質問を、Aの人がして、Aの人がアンケート用紙に
書き込んでいくのに、Aが今後必要ですかって、、、、
「いらない」 って言えるわけないでしょう。
色々、言いたいことはありますが、さすがにお宅の会社は
いらないですよって、言えますか?

アンケートが終了後に、こちらから要望を言ったのですが、それに
ついては、その後全く返信はなし。
ま~こんな会社はいらんけどね。

で、続いて、役所のBという部署から
過去一年の、月別、国籍別、人数を出して欲しいとのアンケート依頼。

これって簡単に書いてあるけど、どれほどの手間がかかると思って
いるかわかっているのでしょうか?
(っていうか、全く理解していないでしょう)

パソコンでその項目別に集計しているようなところであれば、すぐに
集計できるかもしれませんが、当方のように零細、個人営業の所では
そんなことはしていませんよ。

つまり、過去の紙の宿帳を全部ひっくりかえし、手作業で集計していく
必要があるんです。
当然、15分や30分程度で終わる作業ではありません。
このタンカンの出荷作業で忙しいし、夜は確定申告や受注、発送作業
をしている中で、そんな時間はありません。

ましてやそれを集計して、どんな意味=今後どうしていくのでしょうか?
例えば、オーストラリア人が、4月に全島で50名いました・・・ で???

意味のない仕事ほどやりたくないものはありません。

是非、そのアンケートの結果の後の意味を教えてください。

・・・ 後日談

Aの方に、「〇〇が欲しいんですが、いくらぐらい?」と聞いて
おいたんです。
で、一応、翌日、「〇〇はどういった物(種類、品番、機種)ですか?」
とTELがあったので、答えておきました。。。。

1週間、返事無し・・・ 
「以前に、〇〇の件で聞いていたんですが」

担当者・・・・ 「・・・あ、メーカーからまだ連絡がなくて・・・」
(あ、嘘ついたね、今、忘れていたって顔したし、だいたいメーカー
に問い合わせれば、1、2日で回答くるよ)

担当者・・・・ 「急いで、確認します」
3日以上連絡無し

次、同様のアンケートがあったら、ちゃんと答えるよ。
「Aですか? 不要ですね」







微妙な獲物やな~

宝クジは買わなきゃ当たらない。

釣りも行かなきゃ釣れない。 例え最近はあまり釣れてないと
いっても、今日こそは群れが来るんじゃないか、爆釣するんじゃ
ないかと夢見て、今日も出発です。

いつもはエサはキビナゴなんですが、最近どうも釣果が悪すぎ。
ちょいとポリシー変更して、数年ぶりのオキアミも持参しましたよ。

結構、強風の中、他に釣り人2名。
一名はダツ狙いなんですが、あきらかに釣れていない。 
ダツさえ釣れていないので、こっちのオキアミもキビナゴも釣れない。

ま~エサ取りは多いので、そのうちにこのエサ取り=小魚を
目当てに大物がくるんじゃないかと、ひたすら我慢なんですが
これが全くダメなんです。

ひたすら打ち返していると、竿がじわ~っと重い。
でも、少しずつリールは巻ける。
こりゃゴミか藻でもひっかけたなと思って、巻きあげてくると

IMG_20190125_105839

ひさしぶりのタコです。

確か2年ぐらい前に、シュノーケル中に大タコを捕まえそこなって
足一本ちぎった時以来のご対面です。

ちょっと面倒なので、捨てようか悩んだのですが、一応持ち帰り。
家で塩もみし、ぬめりをとって調理用に保存となりました。






果樹園の防風林

さ~タンカンの最後の追い込みです。

すでに予約販売を開始しているのですが、収穫はもうちょっと先。
早すぎてもダメで、一応は2月1日収穫をしようかなと思っています。

で、それまで暇か?
と思われるかもしれませんが、最後の追い込みです。

それは防風林を剪定し(ま~普段からしていますが) 日当たりを
よくし、最後の糖度UP、色づけUPを目指します。

IMG_20190118_150147

何度か剪定をしているのですが、今でもこんな風に防風林の先が
延びていて、タンカンが日陰になってしまっているところもあるんです。

で、剪定バサミで伸びた枝の先をチョキチョキ。
と簡単に書きますが、当然のことながらあちらこちらにすごい量です。
ちょっと太いところはチェーンソーも出してバッサリ。

IMG_20190118_150226

ま~こんな感じですっきり。

台風、強風の心配もなくなったので、場所によっては思い切って

IMG_20190123_161236

1mぐらいばっさりです。
ちょっと後ろの緑とかぶってわかりにくくなっていますが、小屋が半分
隠れているのがおわかりいただけるかと思います。

ま~そんなこんなで最後の追い込み中で、ようやく念願の実りの時を
迎えてきました。
これだけ手間暇、愛情をかけて育ててきましたので、安売り、投げ売りは
したくないんですが、どこの世界にも 「おバカさん」 はいるんです。

ほとんど投げ売りに近い金額で販売する人もいるんですが、そういった人は
宣伝文句もパクったりしているのでたちが悪い。
一般のお客様は宣伝文句や写真でしか判断ができないから、安い方へ
流れてしまうんです。

「屋久島南部のタンカンは美味しい」 と最初に書いたのは私ですが
すでに何軒もまねしているし・・

「標高1000m近い山からの冷涼な風と、海からの温暖な風・・・」も
似たような文言が散見される。

だいたい他より安くすれば、全てのお客様を取れると思って
いるのでしょうか?

当方でも他店でも、お客様が減れば、同様に金額を落としていくのは
当たり前なんです。

で、結局は皆が安値販売 
⇒ 今後の作付け、肥料等の金額が減る、手間をかけない
⇒ 安かろう悪かろうの品があふれる となってしまいます。

ま~今のところは当方はよいお客様に恵まれて、何年も購入を続けて
いただいている方も何人もおり、励まされています。

そんな中で、無人市に出ているタンカンを買いあさったり、JAが
買い取りできないB・C品のタンカンを、人の宣伝文句をパクって
販売しているのを見ると、とても残念な気持ちになってしまいます










グレープフルーツは商品にならないな

さて、タンカンの収穫まであと少しってところなんですが
その前に本日は、グレープフルーツの収穫です。

IMG_20190120_155840

当農園では実験用にグレープフルーツの苗が数本植えてあるの
ですが、昨年から実をつけるようになりました。

ちなみに昨年は数個、今年は10数個、このまま順調に成長して
いけば、3,4年後には何十個っていう計算になるはずです。
で、それならば珍しい国産グレープフルーツの販売・・・ って訳には
いきそうにないんです。

ま~見ての通り、実がでかい。
通常販売されている外国産の一回り以上は大きいのですが、その分
風に吹かれれば、すぐに実に傷がついてしまうんです。

タンカンのように200~300gぐらいで、かつ果皮が固いと大丈夫
なんですが、このグレープフルーツは700g程もするんです。
おまけに果皮が若干柔らかいので、余計に傷がついてしまいます。

ま~温室栽培で、農薬たっぷりなら綺麗な実ができるんでしょうが
そこまではするつもりなく。。。

ということで、この珍しい国産グレープフルーツは、お越しになった
お客様だけが味わっていただける物となりました。

IMG_20190120_161701

ま、といっても一ヶ月ぐらいは保存して追熟させる必要があるので
まだ食べる事ができるのは先になりますけどね。



冬でも暖かい・・ ですが

ちまたでは最強寒波とか、初雪といったニュースもあるようですが
ここ屋久島は暖かい。

日中はジャージ程度で十分、農園作業なんかしているとTシャツでも
OKって感じなんです。
ま~そうはいっても、人の体は慣れるもの。
日中15度前後はあるのに、「さぶっ」って思うことも多々あります。

でも、自然界はちゃんと気候、気温に正確なんです。
これは、夏野菜の万願寺(ししとう・ピーマン系)なんですが、本来は
一年草。

IMG_20190113_113740

なんですが、いまでもこんもり茂っています。

実は、この苗は2年生。
一昨年の冬を越し、昨年の夏には大量に収穫し、また冬がやってきたって
ところです。
ま~屋久島でも北部の方は気温が低いので、枯れてしまうようですが
温暖な南部ではちゃんと手入れをしてあげると冬越しできるんです。

で、メリットは

IMG_20190113_113801

夏に比べ収穫量は減ったとはいえ、今でも実をつけます。

IMG_20190113_113717

大きなボールに一杯の収穫が可能です。

ま~これからより一層寒くなると収穫は一旦休止になりますが、苗が
育っているので、3月頃から「夏野菜」の収穫ができるんです。

ま、暖かいから葉物野菜は、冬でも虫がついて大変なんですけどね。


やる気があるのはイカだけか

冬場のオフシーズン、お客様用の魚があまりいらない時期は
色々な試し釣りをするんです。

以前はイシダイを狙ったり・・・ これは仕掛けが重くて面倒。
 また、ウニを事前に取っておかなきゃいけないのも面倒。

クロ(グレ)を細竿で狙ったり・・・ オキアミが臭い。 小さいウキを
 常に凝視していなくてはいけないので疲れる。


で、最近は小魚を釣って、それをエサにした泳がせ釣り。
ま~他にいい魚が釣れないからってのもあるんですが、
これで大物が釣れたら一発逆転、、、 とばかりに日々通っているんです。

・・・ といっても2日間だけですが、これが全くダメ。

魚があまりいないってのもあるんですが、それでも先日は
隣にで釣っていた人が、84cmのツムブリを釣っていたしな~。
(ちょいうらやましい)

で、本日はタンカンの袋掛けをしていたので、あまり時間がない。
ジギングにしようかと思ったのですが、今日はエギング=イカ釣り
でもしてみるかと、いつもの磯に。

IMG_20190110_163429

で、これがガンガン来るわけですよ。

30分ぐらいの間に、300g前後を4匹。
まだまだエギを追いかけてくるのもいたのですが、ま~あまり獲りすぎても
いかんので、今日はこのへんで。


収穫前の最後の仕事

タンカンの収穫まであと一ヶ月程。
実の方もいい色になってきました。

IMG_20181231_140121

で・・・ 大きな農園で大量のタンカンを栽培している場合は、あとは収穫
待ちだけなんでしょうが、当方のように少量で高品質を目指している場合は
最後の仕事があります。

それは、ヒヨドリ対策です。

ま~このヒヨドリは困ったもんで、色づきがよく、大きく、汚れがなく
甘い実からつついていくんです。
こっちも多少のことであれば、自然のことだからと目をつぶろうと思うの
ですが、それこそ一日に10~20個ずつダメにされるんです。

そんなヒヨドリが

IMG_20190102_152117

色づきを待っているのか、枝に停まり糞をした痕です。
ま~これも当然このままでは商品になりませんので、洗って拭いて汚れを
取って・・・ と面倒な作業が増えてしまいます。

ということで、前置きが長くなりましたが、袋掛け作業が最後の仕事です。

少量といっても、それでも何千?個とあるので、一辺にはできませんので
いい実から順番にかけていきます。

IMG_20181231_160215

ま、面倒ですが、これも一年間、こまめに丁寧に育ててきた実が台無しに
ならないよう頑張りますよ。

で、今年の販売は 1月15日頃を予定しています。
昨年も2月中には完売しましたので、ご入り用の方はお早めに。



今年も・・・ いつもの

明けましておめでとうございます。

今年は、ブルードロップ11年目。
いまだにサービスやアメニティ等の改善を含め、まだまだ勉強中です。
より一層努力していきますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、そうはいっても、すること、しなきゃいけないことは変わりません。
今日も新鮮な刺身を求めて、釣りに出発です。

・・・ なんですが、最近の屋久島はあまり釣れないのと、帰省中の人で
釣り場が込み合っているんです。
今日もいつもの堤防は10名近く・・・ 風も強いので場所は変更。

う~ん、やっぱり釣果は渋い

IMG_20190101_144413

いつもの一号
15cmぐらいの5匹

IMG_20190101_140919

いつもの2号
50cm~1m程 4匹

ま~それなりに当たりはあるし、手ごたえも感じるのでいいんですが
やっぱりまだまだ渋いですね。

釣果UPにまた通わなきゃ・・・と思うのですが、そろそろタンカンの
追い込みが。
その辺はまた後日。



ギャラリー
  • バナナの収穫時期
  • バナナの収穫時期
  • こういう時もないとね
  • こういう時もないとね
  • こういう時もないとね
  • こういう時もないとね
  • わりにあわん
  • わりにあわん
  • わりにあわん
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード