屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

2019/11

椎茸の収穫が始まりました

確か、春先の記事で、椎茸の種菌をつける話を書いたと
思いますが、その椎茸が発芽? をはじめました。

説明書には、翌年から収穫、環境がよいと種菌植え付けの
秋から収穫できると書いてあったのですが、それこそボコボコと
発生しています。

P1150988

P1150987

P1150986

で、その基となるホダ木ですが、今回はウバメガシ(備長炭に使う木)と
マテバシイの2種を使っています。

画像の白っぽい木がマテバシイ、3枚目の黒っぽい木がウバメガシ
なんですが、なんとなくウバメガシの方が肉厚で色の濃い実が
なっているようです。

ま~もっとも数本じゃわかりませんが、2~3年はホダ木が持つと思い
ますので、今後も経過を見ていきたいと思います。

でも、見てわかる通り、市販の物と異なり、相当肉厚で味も濃い
椎茸です。
やっぱ営利販売でなく、自分で作ると違いますね~。

効率よし

肘の痛みで、最近は釣りにあまり行ってなかったのですが
お客様の 「新鮮な魚」 のご要望があれば行きますよ~!

余談ですが、よくお客様から屋久島は海に囲まれて海産物が
豊富でいいですね~ なんて言われます。
ま~実際、豊富だと思います。
ただ、屋久島の漁師の方が獲った魚は、ほとんどが鹿児島の港に
あげられ、そこで競りを経て、それから再度、屋久島に戻ってくる
らしいんです。

なぜかって?
市場規模が違います。 屋久島で競りをしても大した金額には
ならないでしょうが、鹿児島で競りをすれば、鹿児島だけでなく
九州、本土まで運ばれるので、当然競りの金額は高くなるそうです。

ということで、屋久島のスーパー (一部の鮮魚店は自前の船が
あるので別) の魚は、屋久島で獲って、鹿児島の競りを経て
再度、屋久島に運ばれ・・・ なんてなっているそうです。 なんだかな~

さ、余談が過ぎましたが、天候もいいので肘に負担がかからない
エサ釣りに出発です。

海はいい潮目ができていますし、わりと小魚も多い、時々大きな魚も
はねている、といい感じです。

ま~だからといって頻繁に当たりがあるわけでなく、のんびりしていると

IMG_20191127_151056

55cm ナンヨウカイワリ

久しぶりのナンヨウ君です。 ただ思ったより引かなかったのは、産卵後で
体力が低下していたのでしょうか?

で、終了間際に

IMG_20191127_163130

40cm フエダイ。

ま~3時間で、これだけ釣れればよしでしょう。

PS 
翌日、肘の回復具合を確かめに、ちょっとジギングです。 
一ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

で、軽めのジグを肘を確かめつつ投げると

IMG_20191128_162951

58cm ナンヨウカイワリ

30分足らずで、早々に帰宅です。



満開のひまわり

さて、当館がある地域は屋久島南部の 平内区

そして隣の区は、小島区といいますが、この地区では
ひまわりが満開です。

P1150972

ま~これが夏だったら、たいしたニュースにはならないと思いますが
今は、11月末。
もうすぐ師走。
東京では寒冷前線が・・ とか言っている、この時期です。

P1150962

P1150969

蜂も元気に飛び回っています。

で、つくつぐうらやましいというか、当館のある平内区でも・・・
あまり北部地区には行かないので知りませんが、南部地域では
小島のひまわり、麦生のコスモス(最近は見てませんが)が一面に
咲き乱れ、それは見事なものです。

こういった地域興しといった物は、地区の活性化につながり
とてもいい事だと思うのですが、ここ平内区では移住して10年、
そういった物を見かけたことがありません。

ハイビスカスでも、ブーゲンビリアでも、パパイヤでも、その他の草花でも
なにか「花」=「華」になるものでもやらないですかね~。


Youtubeは、勉強になります

当農園は、タンカンを主産物としながらも、その他色々な
トロピカルフルーツを栽培しています。

で、今回はバナナ。

以前は、本屋で園芸本を購入し、勉強をしていました。

その次は、インターネットで 「バナナ 育て方」 といったような検索を
かけて調べていました。

そして今は、Youtube です。

もちろん、日本語(日本人)のYoutubeは参考にならないので
海外の農園のサイトを覗いているのですが、言語は不明ながらも
その手順等はおおいに参考になります。

P1150976

ま~こんな感じでバナナの花が咲いています。

で、だんだん垂れさがりバナナの実が大きくなっていくのですが
このバナナの実の間に、虫が隠れたり、クモが巣を張ったりします。
もちろん葉が擦れて実が傷ついたりもします。

で、何気に見ていたバナナ農園のサイトでは、ある程度、実が大きく
なったら花を切り落としたり、実の先にある花のカス(黒くなっている部分)を
手で千切っていたり、実をビニール?袋で囲っていたりしていたんです。

はっきり言って、日本語のサイトは園芸本はたくさん見ましたが、こういった
事は一切記載がありませんでした。
で、早速

P1150974

花を切り落とし、黒い部分を手でちぎり、ビニールをかぶせました。
空気穴は無いと蒸れすぎてダメになるだろうと思い、穴もいくつか
開けました。
もちろんYoutubeでは、かぶせている素材がビニールなのかは不明
でしたので、失敗するかもしれませんが、よりいいものを作っていくための
先行投資と思っています。

花を切り落とす時期、収穫のタイミング、追熟の方法、こういったカバーの
素材やかぶせる時期、はずす時期等々、まだまだ試行錯誤は続きますが
一歩ずつですね。

無い方がいいんだけどね

さて、アマゾンの Black Friday 前ではありますが、トレイルカメラを
購入しました。

P1150928

通常、トレイルカメラは、野生動物等の撮影に使うのですが、当方では
利用目的が違います。

そう、防犯カメラ です。

そして室内ではなく、農園用になります。

ま~以前にも書いた記憶がありますが、屋久島に限らず農作物の
窃盗が多発しています。
バナナ泥棒、ポンカン泥棒、タンカン泥棒、農機具泥棒・・・・。
先日も、豪雨被害を受けた長野地区で、ブドウの窃盗被害のニュースが
ありましたが、全くとんでもないことです。

しかも、例えば長野地区であれば、遠方から来た泥棒であれば、なかなか
犯人発見とならないかもしれませんが、ここ屋久島は離島です。

観光客の方がミカンを1~2個もぎっていくぐらいはかまわないと思って
いるのですが、大量に盗んでいくのは、わざわざ観光の方が盗んでいく
とは思えません。

そう、間違いなく地元民なんです。

そして、見つかれば顔見知りばかりのこの地域で、相当暮らしにくくなると
思うのですが、屋久島の窃盗犯はそういった基本的な知識さえないようです。
そういえば、焼酎泥棒で被害額一万円そこそこの人がいたのですが、
その人は島外に行ってしまいました。。。

ま、そういうことで、余分な経費をかけ、こういった防犯カメラを設置して
いるんです。

ちなみに、複数 です。
記憶容量も、32GBのSDカードを入れ、かなりの容量があります。

P1150929

具体的な、数量 設置場所 は、もちろん内緒です。

あ~こういった心配なしに、のんびり暮らしたいものです。


ここ数年で一番いい出来かも

さて、今年の農園ですが、台風の直撃がなかったためか
色々な果樹がいい出来です。

やはり台風が来ると、強風による枝スレ等の傷が増えたり
過失による実割れ、病原菌の発生、塩害、また木が揺さぶられる
ことにより栄養分を吸収する根が傷んだりといい事は全くありません。

で、その台風が来なかったのと、年々レベルアップ?している
はずの作業内容により、タンカンもいい感じに育っています。

P1150902

表皮に傷が少なく、綺麗な緑色になっています。

P1150903

また大きいものはすでに2L~3Lサイズになっており、大半の物は
すでにMサイズを超えるぐらいになっています。

とはいっても、Sサイズ以下になりそうなものは、今でもどんどん
摘果していっていますし、病害跡が酷そうな物も摘果していますので
全体の数量としては、ちょっと少ないかな~って感じです。

そういえば、前期も3月中旬頃までは屋久島のタンカンの適期でしたが
2月中に売り切れとなってしまいました。
今年も2月で多分売り切れだろうなと思いつつ、今日も農園作業です。

で、今は?

日がよく当るように防風林の剪定、下草刈り(除草剤不使用)、
枯れ枝切り、病害虫のチェック等々。

すること盛り沢山ですが、やっぱこうして成果が見えてくると楽しいもんです。






エサがなくては始まらない

さて、前回書いたように、次回は泳がせ釣りだとばかりに
オキアミを買ってきました。

IMG_20191030_145759

これを使いサビキ仕掛けで、小魚を釣り、それを大物に食わせる・・・
構想(妄想?)はバッチリ。

小魚もサクサク釣れ、それを泳がせの仕掛けにセットをすれば、あとは待つだけ。
ま~正直なところ最近、ジギングのしすぎで左の肘が痛いんです。
キビナゴの釣りやこういった泳がせ釣りなら問題ないのですが、ジギングのように
頻繁に肘を使う釣りはちょっとね~。
少し前に、大物釣るど~とばかりに、80gのジグを投げすぎたのか、、、

てなことで、まずはサビキ釣り。

道具を軽くと思い、ジギング用の短い竿で長いサビキ仕掛けを投げようとすると
からまるからまる。
仕掛けを半分に切って、再度投入。

で、すぐに・・・・ の予定が全く釣れない。

ウキがぴくりともしない。

潮の流れも早く、あっというまに50mぐらいは流されてしまうので、撒き餌の
効果もない。

ということで、小魚一匹もかからず、したがって泳がせ釣りをする以前の問題で
釣り終了。
のんびり海を眺めてきただけの結果です。

IMG_20191030_145429

ま~あまり手抜きとか、慣れないことはするもんじゃないですね。
ギャラリー
  • 屋久島まんきつ商品券
  • ようやくアベノマスク
  • ようやくアベノマスク
  • 忍耐の勝利
  • 忍耐の勝利
  • 忍耐の勝利
  • 忍耐の勝利
  • 上昇するか
  • 夏に向けて
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード