本日、夕食のご注文はなし。

明日、会席のご注文あり。

ということで、夕方から釣りに出発です。
ま、日中は暑すぎますからね。

で、堤防に着くと、先端にいたのはいつものI氏。
ちょっと会話して、様子をうかがうもあまり釣れていない感じ。
う~ん ちょっと厳しいか・・・。

でも一応、仕掛け投入です。

釣れん。

エサ取りにやられ、キビナゴ半分だけ。

当たらん。

エサ取りにやられ、キビナゴなし。

釣れん・・・・・・・・・・・。

なんかキビナゴが半分だけかじられるのが続いたので
針を頭の位置から、かじられている腹の方につけかえますか。

   す~ っ お! ウキがゆっくり沈んだ!


P1130316

フエフキダイ 29cm 微妙に小さいが一応キープ。

う~ん、以前にも書いたけど、35~45cmぐらいがいいんだけどな~って
思いつつ、再度投入。

す~ っとまた、ウキが沈んで、お~きたよ。
今度のはちょい重い、「この重量感は50cmぐらいか?」 ってちょっとの
抵抗をかわし、水面に出てきたのは

P1130318

さっきのフエフキが子供に見えるぐらいの、カスミアジ 61cm。
魚も夏バテ気味なのか、60cm台にしては抵抗が少なく、わりと楽に
あがってくれました。

う~ん、本当は御頭として飾るのに、この中間が欲しいだけどな~
なんて思いつつ(実はちょいにやけて)、早々に帰宅です。