本日は刺身盛りの注文が。

で、釣りに出撃なんですが、最近はこの刺身盛りに適している
中~小型が難しい。

先日は4日連続で出撃し、6匹のナンヨウカイワリ大型
(50~60cm) ばかり。
ルアーを投げると40cm前後のオボソ(スマガツオ)が1~3匹。
ま~好調っていえば好調なんですが・・・。

でも刺身盛りに使うとなれば、皿の大きさは30cm前後。
つまり同じぐらいか、ちょっと大きいまでのサイズでないと、貧弱
だったり、皿からはみ出して過ぎてみっともないんです。

そんなことを考えつつ本日はキビナゴ投入です。

今日はちょい波が高い。
時々、波しぶきが飛んでくるし、足元に迫る波もちょっとこわい。
ちょっと高めの位置に足場を決めて、あとは待つ。

で、まずは。

P1130482

ダツ 80cm。
ま~こいつは頭とシッポを切り取って皿盛りに使うので、とりあえずキープ。

続いて。

P1130484

ナンヨウカイワリ 32cm。
皿盛りにベストサイズです。 脂がちょっと足りないのですが、鮮度の良さと
微妙な歯ごたえがあり、GOODです。

ま、今日はこれで終了してもOKだったんですが、まだまだキビナゴも時間も
あるので、再度投入です。

で。

P1130485

ナンヨウカイワリ 60cm。
さっきのが子供に見える大きなサイズです。

ま~これで十分。
正味、1時間半でこれだけ釣れればOK!
キビナゴ放流し、さっさと片付けて撤収です。

皿盛りは、小型のナンヨウカイワリの御頭に、小型のコリコリした歯ごたえの
刺身と大型のたっぷり脂肪ののったカイワリの食べ比べですね。