今日は2組のお客様・・・・ 外国籍の方のお刺身があるんです。

で、いつものように釣りに出発です。
ま~昨日は強風、荒天で釣りにならなかったので、なんとか今日中に2匹は
必要だな~なんて思っているのですが、これがなかなか・・・。

堤防先端では時折、青物がばちゃばちゃしているのですが、これがキビナゴ
にもルアーにも反応しない。
(ちなみにルアーは当方でなく、当方の両端でジギングをしていた方々)
一度だけ「いい加減釣り日記」氏が、オボソらしきものを掛けたのですが
あいにくの針外れ。

う~ん、しぶいな~ なんて思っていたら・・・ ようやくダツが一本。

通常はリリースサイズなんですが、本日はキープ。

そして、その後にアカジョウ 40cm。

IMG_20180416_143912

うん、いい感じです。

ま、今日はこのアカジョウとかダツとか変わった魚がいいんです。
なぜかって、先にも書いたように本日は外国籍のお客様なんです。

これが日本人の方であれば、オボソ(スマガツオ)とか、ナンヨウカイワリとか
ブリといった脂ののった魚が好まれるのですが、外国籍の方はちょっと
違うんです。(一般的に)

牛肉でも日本人は霜降りの肉が高級で美味しいとされているのでしょうが
外国の方では赤身の肉の方が好まれていたりするように、刺身でもちょっと
好みが違っていたりするんですよね。

また、アジとか、カツオとか、タイといった一般的によく知られた魚をお出し
するより、ちょっと変わった風貌の方が面白く受けたりするんです。

ということで、今日はちょうどいい感じの魚が釣れて当たりですね。