めっきり秋めいてきました。

日中はそれでも暑い日があるんですが、それでも汗ばむほどでなく
夕方には涼しく、夜にはちょっと寒く感じることもあるぐらいです。
・・・ ま~Tシャツ、短パンだから当然なんですが。。。

で、そんないい気候の時には釣りです。

のんびり竿をたらして、秋の星空を眺め、大物を釣る。 
贅沢な暮しですね。

なんですが、竿を投げても釣れない。
たまにエサ取りがエサを取っていくだけで、針にかかるような大物は
当たらない。
以前のデータからもそろそろ夜釣りは終盤だったな~と思いつつ
なんとか30cm程のヘイケ(ホウセキキントキ)を挙げただけで終了です。

じゃ、昼間はってことで、翌日は日中に出発です。

穏やかな日差し、心地よい微風、最適な気温・・・ にも関わらず釣り人が
誰もいない。
う~ん やっぱ釣れていないのか。。。

エサ取りは相変わらず頻繁にあるんですが、大物はこないな~なんて
思っていたら、ふっと見るとウキがない。

慎重に丁寧によせてあげてみると

IMG_20181016_161555

55cm ナンヨウカイワリ、お腹パンパンのメタボ気味。

ま~結局、この一回きりだったんですよね。
2時間そこそこでこれが釣れればいいんですが、これだけ当たりが少ないと
やっぱ釣り人も来ないですね。

雨が降ったからか、急な冷え込みで水温が下がったからなのか?
ま、そうはいっても明日も出発予定です。