さて、先月の豪雨災害で、荒川登山口までの道路が閉鎖
されていたのですが、ようやく明日開通です。

この道路は、縄文杉登山へのメインの入り口であり、縄文杉登山の
9割以上の方が利用していた場所だけに、屋久島の観光産業は
結構なダメージを受けていたんです。

な~んて思っていたら、本日豪雨、これから梅雨本番ということで
またすぐに閉鎖にならないかな~とちょっと心配なんですが・・・

そういえば、先日の豪雨災害のその後の検証はどうなったの?

ガイド協会が、天気予報(警報等)だけにとらわれず、独自にツアー中止
を決めるといったことを検討するってニュースがありました。

その後の検討結果は?
是非、公開して欲しいというか必要だと思うですよ。
お客様に 「ガイド協会の基準でツアー中止だから、今日は止めた
方がいい」 とか言えるんですよ。
まさか、ガイドを雇わない人は、知ったこっちゃないってことはないですよね。

また、認定ガイドが150名程、無認定が50名程いるそうですが、
人の命を預かるものだから、いい加減 『資格』 として、認定ガイドしか
ダメってなりませんかね・・・ 行政さん。

ま、当然のことながら、認定ガイドは屋久島、屋久杉の地理、歴史
観光案内、雑学等は当然として、気象予報士の資格までとはいいませんが

天気図の見方ぐらいはできますよね?

ロープワーク
(非常時のロープの使い方)はできてあったり
前ですよね??


非常食も当然持参していますよね???

 ・・・ 豪雨災害の際、チョコレートを分けあったと美談がありましたが
まさか、あの大雨で入山しながら非常食がなかったってこと?

先は長いな~