防風林の剪定ばかりでは、腕の筋肉がもちません。

そんな時には、のんびりと釣りでもってことで、キビナゴ持って
釣りに出発です。

天気はいいのですが、釣り人はあまりいないんです。
ま~最近はあまり釣れていないしな~と思いつつ、とりあえず
竿を出しておきます。

で、確かに大物はあまり釣れていない。
エサを取るのは小物ばかりなんです。 なんとかあがってきたのは

IMG_20191026_154517

ハタ 20cm。
美味しい魚なんですが、あまりに小さい。
もっと大きくなれよ~と願いつつ、早々にリリース。

で、しばらくはこんなサイズの小魚ばかり。
それなりに楽しませてくれるのですが、こればっかりではね~って感じで
そろそろ終了間際です。

で、最後も小魚の当り。
ま~これも引き具合から10~15cm程度かなと思いつつ、あげてくると
途中で重い?
ん? 途中で磯にひっかっかたか? 

でも、ポンとはずれあげてみると。

IMG_20191026_160839

オジサン 15cmなんですが、体がズタズタです。

引きあげてくる途中で、大物にガブッと食われかけたんですね。
このサイズに食いつくからには、最低でも60~70cmはありそうです。

確かに大物は泳いでいるんですが、小物が多すぎるのか、エサが小さくて
振り向いてくれないのか?
次回は、小物を釣って泳がせ釣りをしようか思案中です。