屋久島の冬は暖かいので、本来は冬に枯れてしまう
夏野菜の苗も残っています。

教えをうけているEM先生のところは、ピーマンや茄子の苗が
4年物、5年物といった物(もちろん温室でなく、露地植えです)も
あり、その苗の太さはとても野菜とは思えないぐらいの物もあります。

で、当方の野菜畑も・・・ トマトの落ち種から発芽した新芽が
この冬を越してたくさんあります。

P1040362

P1040361

で、今日は夏に備えて、この苗の移植作業です。

ま~数にして数百本はあるので、適当に掘り起こします。
その中でも大きく成長し、根の張りがよいのを選別し
ポットに移植していきます。

P1040363

もちろん培養土は、堆肥とEMをまぜてふっくらしあげています。
一番寒い時期も無事過ぎましたので、おそらく問題なく成長して
くれよ~ってな感じです。

ま、買えばてっとりばやいんですが、なんせトマトの苗は高い、
しかも病気にかかりやすいので、こうやって何世代も作付けして
この地域にある苗を作るのがいいんですよ。

ちなみに冬越しさせた2年物の苗も残っていて、こっちは4月ぐらい
から収穫可能で、現在は花が咲いています。

PS 今日はいい釣り日和。
おっきいのをかけたんですが、あいにく根にはいられあえなく
プッツン、さようなら。

ちきしょ~って感じでした。