昨年のタンカンは、奄美地区がミカンコミバエのため出荷停止でした。
で、屋久島のタンカンも早々に売り切れとなりました。

ま、屋久島での継続的な発生がなく、無事出荷にいたったのですが
当然、今年も要注意です。

で、毎日のように・・ 「ミカンコミバエの活動時期に ~~ 注意 ~~」
なんて放送をしています。

で、ここまではOK!

で、ここからはNG!

少し前に気付いたのですが、ミカンコミバエの発生を調査するために
テックス板というものを屋久島のあちこちに設置しているんです。

そのテックス板が当農園に 「勝手に」 設置されていました。
さすがにタンカンの樹には設置されていないのですが、防風林に
いくつもかけてあるんです。

P1040777

趣旨はわかります。
きちんと調査をして、対策をとり、被害がでないようにする責任が行政
にあると思うんです。

でも、「危険」なもの(本当に危険かわかりませんし、その説明もない)
を勝手に設置するのは・・・ しかも小学生の通学路で触れることが
できる場所や、当農園 ・・ いわゆる私有地 ・・ に勝手に入り危険物を
了承なく設置していくのはいかがなものかと思うんです。

田舎だから仕方ないじゃん、そんなもんだよという声が聞こえてきそう
ですが、じゃ小学生が勝手に触ったら? 何も聞いていない園主が
気付かずに触れたら?

う~ん ちょっといかんじゃないの?