最近は天候が落ち着かず、雨が降っていたり、風が強かったりと
なかなか釣りに行けずにいました。

で、ようやく出撃! 
波はおだやか、風は微妙に西風が強いが、ま~なんとか・・。

で、釣開始!

今日はちょい本気モードで、大きくシャクリを入れたり、ジグを
上下の変化をつけたり、横への変化をつけたり、巻きとりスピードを
早くしたり、遅くしたり、途中で変化をつけたりと、ま~色々手を変え
品を変え当たりを待ちます、待ちます、、

約30分経過・・ いい加減だれて座り込んで適当にリールを巻いて
いると、なりやら足元の瀬で、バシャバシャ!というか、
バチバチ!!
って音がしたので、ボケッと見ると50~60cmぐらいの魚がそれこそ
うじゃうじゃ、水族館以上にひしめき合ってエサを漁っているじゃない
ですか。

で、こんな時に当方のジグは100m沖合。
急げ急げ~ とばかりリールを巻きます。 え~と一回転約90cmで
100m先だから、110回転巻けばいいのか? でも急ぎ過ぎると海面に
浮いてしまうし~ なんてどうでもいいことを考えながらひたすら
巻きます。

ようやくジグを足元に戻ってきた時には、群れの最後尾。
よ~しまだいるな~、よし食えよ、ほら食えよ、ほらほらっ、お~い
群れが通りすぎてしまうよ・・・ って瀬の際、30cmで
ガツン!

きた~って、背に近すぎてやり取りもなく、そのまま岩を引きずって
完了。

P1040885

カスミアジ 75cm 推定6kg。  そうそうに撤収。

家に戻りさばいてみると、お腹から大量のキビナゴが。

P1040886

胃袋がはちきれそうなぐらい入っていました。