屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

釣り

粘りが大事か

宿泊業もオフシーズンに入ったので、のんびり釣りに行ける
日が続きます。

でもね、この時期?は釣れない。
午前に行っても、午後に行っても、干潮前後も満潮前後もあまり
釣れない。

ま~そうは言っても、行かなきゃ絶対に釣れないし、いつ釣れる
時期が始まるかもわからないので、行くんですけどね。

で、今日も午後から出発。

・・・・・・。

エサ取りはわりと頻繁にあるんです。
でも、針にかからない程の小さい魚や釣りあげても10cm前後の
チビばっかり。

途中で来たN氏とも、「最近、ダメだね~」 なんて話ばかり。。。

ま、こんな時はせめて魚の当たりだけでも楽しもうと、エサ取りの多い
堤防際にエサを落とし続けて20回目ぐらい。

IMG_20181129_163959

ウミヒゴイ 40cm 

ようやく持ち帰りサイズが釣れました。

で、この後、N氏 「ダツさえ当たらない」 との言葉を残しご帰還。
エサでも2~3時間粘ってこれだから、ジギングは厳しいよね。

で、こちらもそろそろ帰宅準備をと思っていたら・・・・

IMG_20181129_164640

45cm フエダイ。

いや~ひさしぶりにいい引きをみせてくれました。


一応、もとは獲れたけど

最近、あまり釣れていないらしい。

この時期は、冬魚との切り替わり時期なのか、あまりいい話を
聞かない。
過去のデータでも、いい釣果は記載していない。

ま~なんとかお客様分は確保してきたし、これからオフシーズンで
お客様も減っていくのでなんとかなるんですが。。。

といいながら、本日出発。
天気は快晴、ちょい風あり、波は無し。 
風が気になるけど、それ以外は絶好の釣り日和なのに誰もいない。
やっぱ釣れていないんだろうな~って、ちょいテンション下がり気味。

でも、堤防周りには小魚は沢山いるんです。
ただ、それらがのんびり泳いでいるってことは、それを食べる大型魚が
いないってことなんですよね。

でも、一応仕掛けを投げ入れ。

IMG_20181114_150803

15cm カワハギ系

IMG_20181114_152644

18cm オジサン

IMG_20181114_171746

13cm マツカサウオ

で、ここまで全てリリース。
マツカサウオやオジサンでも、30cm前後ぐらいになると、煮つけ等が
美味しいんですが、さすがに小さすぎ。

で、だんだん風が強くなった夕暮れに

IMG_20181114_170028

40cm ウミヒゴイ(オジサン系)

これは刺身でも美味しい魚なのでキープ。
で、結局これだけ。

結局、他の釣り人は誰もこず・・・。 やっぱ釣れてないんだろうね~。

で、綺麗な夕日を見ながらとぼとぼ帰宅です。

IMG_20181114_171939

果樹も、釣りもやってます

最近、釣りの話ばっかりでしたが、もちろん農園作業も
しています。

本日は、EM散布。

なんですが、あまりに地味。
そして空いた時間は、枯れ枝や摘果、病害葉の剪定等々。
ま~面白みのない話だったりするので、書くことがないんですよ。

でも、一応。

IMG_20181020_145029

タンカンは、こんなに大きくなりました。
よく大きく見せるため、子供の手に乗せたりしている画像がありますが
これは、私(成人男性)の手。
手袋サイズは、LかLLを使っています。

収穫時期の2月まで3カ月以上も先なんですが、すでにMサイズを
超えています。

以前に、無農薬は実が小さいなんて事を見たことがありますが、全く
そんなことはありません。
十分な摘果、肥料、手間をかければ大きくなります。

ただ、今年は台風の直撃もあったので、キズものが多く、落下したのも
あるため、収穫量は減るでしょうね。

ちなみに当農園は昨年2月中に全て完売しました。
(屋久島では3月中~末まで販売)

ということで、ご入り用の方はお早めに。

そうそう、バナナも大きくなってきました。

IMG_20181020_144911

こっちも台風で45度まで傾いたのですが、枯れずに頑張っています。
ま~そのうち支えを入れないといかんですね。

・・・ なんて果樹園の作業をしていたのですが、夕方ちょっと時間を
無理やり作って釣りに。

強風で誰もいない中。

IMG_20181022_162541

フエダイ 38cm

IMG_20181022_171053

ハタ 35cm

なんだかんだで釣れています。


なんかゴメンって感じ

そうそう釣りばかりしてはいられないので、本日は果樹園の作業。

でも、夕方ちょっとだけ行ってくるかと、ジギングに行きました。

最近はずっとエサ釣りだったのですが、エサ釣りは道具も増え
時間もかかるんです。
で、このジギングはそれこそ小さいバックに竿を片手に持って出かけ
1~2匹釣れたら、早々の撤収できるからいいんです。

じゃ何故エサ釣り?

ジギングはルアーを投げてはリールを巻き、また投げては巻きの
繰り返しで疲れるんですよ。
エサ釣りの仕掛けを投げ、ぼーっとウキを見ている方が好きなんですが
そういうことで、本日は果樹園の作業後なので時間短縮のジギングです。

で、磯に着くと、おじさんがオボソ(スマガツオ)釣りをそろそろ終了
しそうな雰囲気。

「釣れますか~?」

おじさん、首を小さく横に振るだけ。。。

そっかやっぱ厳しいかな~と思いつつ、ジギングのセットをし投入です。
1投目 当たり無し
2投目 当たり無し
ま~そうだよね~・・・・

3投目 いきなり ドン! 

お、もうきたじゃん。 ちょい引くけど、エサ釣りで釣った程の大きさじゃ
ないな~なんて寄せてみると

IMG_20181019_165428

48cm ナンヨウカイワリ

前回のナンヨウカイワリが58cmだったのですが、たった10cm短いだけで
重量は半分以下って感じです。
ま、これはこれで身がしまって美味しいんですけどね。

で、4投目 当たり無し

5投目 ドン! ちょい軽い、強引に寄せて

IMG_20181019_165423

あがって来た時は一瞬オボソかと思いましたが、イソマグロ 40cm

最初のナンヨウカイワリの時は、「ジグですか?」 とか声をかけてきた
おじさんですが、目の前で立て続けに見て、黙っていそいそご帰宅です。

ここまでで15分。
おそくら、おじさんは1~2時間はオボソ用の仕掛けを投げ続けたと思うと
ちょっとゴメンって感じです。

ま~すぐにおじさん追っかけて帰るのもどうかと思ったので、あと5投ぐらい
してから帰りです。

・・・ で、帰り始めたところ、後ろでバシャバシャとはでな水音。

戻ってみると、70~80cmぐらいはありそうなツムブリが群れをなして
エサを漁っているじゃないですか。

急いで戻って、竿をセットし、ルアーを急いで付けようとしたら2~3度失敗し
ようやく釣るぞって時には影も形もなくなっていました。

あ~あと10分、残っていれば大物が捕れたのに。。。

2連続はいけるんだけど

さて、昨日の釣果に気をよくし、本日も同じ時間帯に出撃です。

本日も晴天なり。
おっと、昨日は誰もいなかったけど、本日は先端に一人釣り人がいる。

・・・ って近づいていくと、N氏。

う~ん、屋久島の釣り場は、釣れているとどこからともなく人が沸いて
くるんですが、このN氏はおそらくこの堤防で一番釣りにきているんじゃ
ないかと思うぐらい。
ちなみに自分は2~3番目ぐらいか。
・・・ つまり、釣れて人が集まっているかの参考にはならないんですよね。

ま、でもそれ以上に最新の釣り情報を教えてくれるからありがたい方です。

で、N氏と入れ違いに釣り開始。

今日もエサ取りが多いな~ なんて思っていたら、早々にウキがドン!

IMG_20181017_162316

昨日よりちょいサイズUPの 58cm ナンヨウカイワリ。
昨日の写真と似ているけど、ちょい大きめで、昨日のよりはちょいスマート。

ちなみに昨日のナンヨウは、腹に卵でも抱えているのかと思ったら
ただのメタボで脂たっぷりでした。

早々に釣れたので、あとはのんびり、2時間程で撤収です。

で、問題は今後なんですよね。
2週間程前にも2日連続でナンヨウカイワリが釣れたのですが、今回も
2日連続。
ちなみに前回は3連続とはならずボウズでした。

まだまだ行けそうですが、次回はどうですかね。


今期の夜釣りは終了だな

めっきり秋めいてきました。

日中はそれでも暑い日があるんですが、それでも汗ばむほどでなく
夕方には涼しく、夜にはちょっと寒く感じることもあるぐらいです。
・・・ ま~Tシャツ、短パンだから当然なんですが。。。

で、そんないい気候の時には釣りです。

のんびり竿をたらして、秋の星空を眺め、大物を釣る。 
贅沢な暮しですね。

なんですが、竿を投げても釣れない。
たまにエサ取りがエサを取っていくだけで、針にかかるような大物は
当たらない。
以前のデータからもそろそろ夜釣りは終盤だったな~と思いつつ
なんとか30cm程のヘイケ(ホウセキキントキ)を挙げただけで終了です。

じゃ、昼間はってことで、翌日は日中に出発です。

穏やかな日差し、心地よい微風、最適な気温・・・ にも関わらず釣り人が
誰もいない。
う~ん やっぱ釣れていないのか。。。

エサ取りは相変わらず頻繁にあるんですが、大物はこないな~なんて
思っていたら、ふっと見るとウキがない。

慎重に丁寧によせてあげてみると

IMG_20181016_161555

55cm ナンヨウカイワリ、お腹パンパンのメタボ気味。

ま~結局、この一回きりだったんですよね。
2時間そこそこでこれが釣れればいいんですが、これだけ当たりが少ないと
やっぱ釣り人も来ないですね。

雨が降ったからか、急な冷え込みで水温が下がったからなのか?
ま、そうはいっても明日も出発予定です。


海の荒れた後は狙い目

台風後の海もようやく穏やかになったので、ここらで出撃です。

南国屋久島でも、日中の日差しはようやくやわらかくなり
過ごしやすい気候になってきたので、これから当面は気持ちの良い
釣りができそうです。

で、堤防について、海を見ると。。
それこそあちらこちらにキビナゴ等の小魚が泳いでいます。
台風で海が荒れたので、堤防の内側等に小魚が避難していたん
でしょうね。

で、当然、小魚がいれば、それを狙う大物もいるはず・・・ 
海も適度に濁っており、絶好のコンディションって感じです。

早々に仕掛けを投入すると、ダツやオジサンといったいつものや
エサ取りも頻繁に当たる。

で、そんな中

IMG_20181007_140731

あがってきたのは、ヘラヤガラ。

ヤガラは、美味しくてお客さまの人気も高いのですが、このヘラヤガラは
ダメなんです。
四方八方に小骨が入っており、どうにも捌けないので、早々に海に返却です。

で、続いて

IMG_20181007_150042

ハタ 40cm

これはいいです。 屋久島でもかなり上物ですね。
で、なんとこいつは、私の針以外にもう一つ錆びついた針が口に刺さった
いたんです。

ハリを見ると、ネムリバリ。
うん、自分が逃がした物ではないですね。

最後に

IMG_20181007_152729

フエダイ 40cm

個人的にはハタの方が好きですが、こっちのフエダイもわりと上物で
刺身、煮つけ等々なんでもOKです。

粘ればまだまだ行けそうですが、ま、これぐらいでOKですね。

適度にほどほどに、自然を大切に。

台風24号は去った、結果は

今年、最強というか、屋久島に移住して今までで最も強い台風が直撃!!

ということで、しっかり準備はしておきました。

ま~鉢や小物等は倉庫や玄関内に入れ、看板も飛ばないよう
倒し、果樹も大きいものは上部をかなり切り落とし、小さい苗は
それこそハゲになるぐらい剪定をしておいたんです。

で・・・ 台風、屋久島に直撃。

だったんですが、あれっ? ま~相当警戒していたのもあるんですが
停電時間も半日程度、庭の木々もそれほどの被害はない。

果樹園に行って様子を見るも

IMG_20181001_162840

過湿で実割れや

IMG_20181001_162316

強風での落下もあったのですが、それほど多くの落下は無い。

ま~枝がすれて傷ができたのは仕方ないんですが、拍子抜けするほど
被害はありませんでした。

ただ、バナナは

IMG_20181001_163128

一部は完全に倒れ復活の見込みはないんですが、花芽がついていたのは
斜め45度に傾いており、完全に倒れてはいないので、まだなんとかならない
かな~って感じです。

いや~ほんとよかった。
今年は果樹は全滅、屋根瓦も数枚は飛んで、倉庫は倒壊かと思って
いたのですが、わりと軽微な被害で済みました。

で、翌日は快晴、海もおだやかなため久しぶりの釣りです。

ダツやオジサン、その他もろもろ・・・ わりと頻繁に当たります。

ま~そんな中で

IMG_20181002_141939

ナンヨウカイワリ 48cm

美味しいのが釣れたので、これで帰宅です。
 



もとは取れたかな

天気もいいし、果樹園の作業もひと段落・・・ というか釣りに行きたい
ので、小休止。

夕方2時間、ちょっと出撃です。

最近は磯場に行かず、もっぱら堤防釣りが増えたのですが、
理由は磯場は行くのが面倒なのと、堤防で十分釣果がでるからです。

先日も夜釣り3時間弱で。。

IMG_20180919_211258

フエダイ30~48cmを5匹に、ほかヘイケ等々。

で、今回は夜釣りではありませんが、ま~これだけ魚の活性が
高ければいけるんじゃね~って感じです。

おっと先に来ている、N氏に話を聞くと、「ヒラマサ70cmに切られ
その後にまたヒラマサが・・・ ナンヨウカイワリが・・・」 なんて
言っていたので、よしよし、ほんじゃいっちょやったるかいなんて
気合いが入ります。

・・・ なんですが ・・・

ほとんど当たりも無く、針が切られる。
すでに4~5回も切られている。 根がかりもあり仕掛けもロストしている。

ま~根がかりは底釣りをしているとつきものですが、この針切れは
おそらくフグ。

ウキをつけて上を流しても、底に落としても フグ。

もうやめようかな~、 エサもあるしな~、 もう一回だけ~、なんて
考えが頭を周りつつ、ちょっと竿先が揺れたので、ん? って感じで
合わせると・・・

なんか重い、あまり引かない、これはウツボか?
なんて思って寄せて見ると

IMG_20180922_180103

45cm ハタ。

いや~この一匹に救われました。
針もすでに10本近くロストし、このままでは大赤字や~と思っていたところ
だったんです。

ま~このサイズは、島内の鮮魚店でも数千円はしますので、ゆうに赤字分を
解消・・・ といいたいところなんですが、ま、売るわけじゃないので関係
ないんですけどね。





なんとか確保

台風22号はとんでもない強さだったので、こっちくるなよ~と
毎日、天気図をにらんでいました。

気象庁の予報は遅いので、米軍関係とかヨーロッパの予報を見ており
だいたい予報通りに去っていったので、ほっと一安心。

・・・ なんですが、海は荒れている。
満潮に近い時は、堤防の上までしぶきがあがってくるので、今回は
干潮時に出発です。

で。。。

IMG_20180913_130740

ま~当然のことながら、外洋側は結構な荒れ模様。

でも。。

IMG_20180913_131135

内側はわりとおだやか。

で、通常はウキ釣りと底物の両方で狙うのですが、潮の流れが速く
ウキはすぐに流され、何度もやり直ししなきゃいかん。

底物は、おもりが流され絶対に根がかり連発になるだろうからと
今回は早々に2本竿とも堤防際での落とし込みに変更です。

ま~逆にこんな荒れて濁りがある時は、魚も岩陰や堤防といった大きな
障害物の近くに隠れているだろうな~なんて思っていたら・・・
まさに的中!

IMG_20180915_170300

30cm フエダイ。

この後、38cmのフエダイも追加したところで、当たりが止まり。
しばらく粘ったけど満ち潮になって、堤防の上までしぶきがあがってきた
ので撤収となりました。

ま、いい魚が確保できたのでよかったよ。



ギャラリー
  • たんかん 今年の失敗は
  • たんかん 今年の失敗は
  • たんかん 今年の失敗は
  • たんかん 今年の失敗は
  • パッションフルーツの剪定後
  • パッションフルーツの剪定後
  • パッションフルーツの剪定後
  • パッションフルーツの剪定後
  • 粘りが大事か
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード