屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

釣り

この中間がいいんだけどな

本日、夕食のご注文はなし。

明日、会席のご注文あり。

ということで、夕方から釣りに出発です。
ま、日中は暑すぎますからね。

で、堤防に着くと、先端にいたのはいつものI氏。
ちょっと会話して、様子をうかがうもあまり釣れていない感じ。
う~ん ちょっと厳しいか・・・。

でも一応、仕掛け投入です。

釣れん。

エサ取りにやられ、キビナゴ半分だけ。

当たらん。

エサ取りにやられ、キビナゴなし。

釣れん・・・・・・・・・・・。

なんかキビナゴが半分だけかじられるのが続いたので
針を頭の位置から、かじられている腹の方につけかえますか。

   す~ っ お! ウキがゆっくり沈んだ!


P1130316

フエフキダイ 29cm 微妙に小さいが一応キープ。

う~ん、以前にも書いたけど、35~45cmぐらいがいいんだけどな~って
思いつつ、再度投入。

す~ っとまた、ウキが沈んで、お~きたよ。
今度のはちょい重い、「この重量感は50cmぐらいか?」 ってちょっとの
抵抗をかわし、水面に出てきたのは

P1130318

さっきのフエフキが子供に見えるぐらいの、カスミアジ 61cm。
魚も夏バテ気味なのか、60cm台にしては抵抗が少なく、わりと楽に
あがってくれました。

う~ん、本当は御頭として飾るのに、この中間が欲しいだけどな~
なんて思いつつ(実はちょいにやけて)、早々に帰宅です。



これぐらいが調度いい

ようやく庭、果樹園の台風片付けもほぼ終了し、平穏な日に戻って
きました。

ま~そんな時は、食糧確保をかねて釣りです。
台風後は、海水がかきまぜられたり、潮が変わったりするので
わりと釣果がのびるんです。

で、夕方から出発。

そうそう、当方の釣りですが、竿は3号、ハリスは6号を使っているのですが
わりと屋久島の夜釣りでは仕掛けが細いんです。
ある人には、「それじゃ戦えないでしょ」 って言われたこともあるんです。

でもね~ これでいいんですよ

趣味で大物釣りばかりしている人、こだわって決まった魚種を狙う人
ま~それぞれなんですが、当方は お客様のための 魚が
必要なんです。
大物を釣ったとしても、消費するまでに時間がかかれば鮮度は
落ちますし、かといって料理全てをその魚オンリーってわけには
いきませんからね。

・・・ で、

フエフキダイ 45cm
エバ 43cm

P1130293

そう大きさも GOOD! です。
小さすぎてもショボイし、大きすぎてもお皿に飾れない。
調度、35~45cmぐらいが一番いいんです。



アカジョウの当たり年か

梅雨があけてから、とにかく暑い というか 熱い。

釣りに行きたいけど、釣り場は堤防にしろ、磯にしろ日陰なんてものは
ないので、炎天下、直射日光浴びまくりなんです。

で、最近は17時ぐらいから出撃することが多くなってきました。
17時といっても、まだ十分暑い、でも20時ぐらいまで明るさが
残っているので釣りをする時間は十分にあるんです。

ま~6月まではダメダメ。
釣れない時期が長かったのですが、お客様の少ない時期でもあり
なんとか間に合っていたんです。

でも、梅雨もあけ、暑くなり、そろそろ潮も変わって釣れるはず・・・
と期待して、まだ暑い中行ってきました。

いや~暑い (こればっか) でも、町のアスファルトと違って、水が近く
まだ清涼感があるんです。
ちょっと風が吹くと気持ちがいいぐらいです。

・・・ 前置きが長くなってしまったので、そうそうに仕掛け投入 ・・・

ウキで上層部では、ダツが入れ食い。
3匹釣ったところで打ち止めにして、ウキ下を長くとり ・・・ フエフキダイが

おっと底物では、アカジョウが・・・ 

P1130252

メインはこの2匹。


で、気分よくして、翌日も出発。

お~ひさしぶりのMさん。 談笑していると、竿が半月になっているじゃない
ですか! ゆっくり慎重に・・・

P1130253

アカジョウ 48cm。 前日より10cm近くサイズUPですが、見かけは
2周りぐらい大きいいいサイズです。 

これうまいんですよ。
刺身最高、煮つけ最高、焼きはもったいないからしない。


で、気分よく、翌日も出撃。
う~ん、今日はいまいち、エサ取り多し、当たり少なし。

ゆ~っくり底を引いてくると、ドン! きたよ~ アカジョウ 40cm。

う~ん 今シーズンはアカジョウの当たり年かな。


夜釣りはまだ上向かんな~

6月も中旬過ぎ。 梅雨まっただ中 (カラ梅雨だけど・・・)


例年なら、そろそろ夜釣りも上向いて、入れ食い、ざくざくって

感じなんです。

で、もういいんじゃないかなって出発です。


堤防の上でお会いしたI氏としばし雑談。

先日、中間の堤防でさくさくっとヘイケをあげたそう。

「ほほ~」 それじゃ今夜はばたばたっといくかな・・・ と。


なんて期待大なんですが

夕暮れ・・・・ シ~ン・・・・・・・・・・・・・・

日 没・・・・・ シ~ン・・・・・・・・・・・・・・


ま~今年はカラ梅雨で、まだ春から夏へ季節が変わってないから

仕方ないのかな・・・ これでドバ~って雨が降ると、また海の様子も

変わっていくんでしょうけどね。


で、日も暮れて20時頃。

ようやくバタバタっと来たのは


P1130139


ヘイケ 30cm前後 2匹。

ま~今はこんなもんでしょ。

夜釣りには、まだ早い

屋久島の夜釣り解禁は、6月
ま~それまではあまり釣れないから、勝手にそう思っているだけ
なんです。

が、今日は休日、微風、天気よし。
「もしかして、そろそろいいんじゃね?」 なんて気が早く出発です。

暖かくなったといっても、気温は陽が落ちると15度ぐらい。
南国屋久島ですっかり寒さに弱くなったので、しっかり本州仕様冬服で
防寒です。

夕方・・・ あ~誰もおらん。 やっぱ釣れてないんだろうな~
なんて思いつつ夕暮れを待って投入です。

で、日が陰ったその時。

す~っ とウキが流れます。 あ~この横にウキが流れるのはダツだな。

で、針をはずそうとしていると、隣の竿が ドン!
お~ひさしぶりのフエフキダイ。 ちょっと小さめ28cm。

で、その後は当たりがパタリと止まり・・・・。
あ~星が綺麗だな~ 天の川に、北斗七星に・・ って実は北斗七星しか
知らないんです。

なんて、その時 
ズン!
お~きたで~ 
この重量感のある重さは、フエダイ50cmか、
ハタか。。。 よ~し
え~い と反動をつけて堤防に乗ったのは
エイ (お前かよ、ガックリ)

続いて、また ズン!

この重量感といいぞ~ よ~しよ~し、水面に浮いたぞ~
バタバタ バタバタ

ん? 魚なら バシャバシャ だろ?

え~い ・・ 略 ・・ またエイかよ

とこれで、がっくり。
結局、夕暮れにダツとフエダイが釣れただけでした。

P1130008

2匹目のドジョウは、オボソ

ブリはでかかった。

ま~正直、あれだけ大きいとお客様の分をとっても結構あまる。
かといって、ゲームフィッシングのような魚を傷めるだけのことは
したくない。
(基本、釣った魚は持ち帰って食べることにしている。 また余分には
釣らない)

で、他の魚が釣れんかな~と連日通っているわけです。

で、昨日は2連敗。
一日で2連敗ということは、午前と午後と2回行ったということなんです。
ま~物好きな、というか、よくそんな暇があるなって感じですね。
サラリーマン時代には考えられないような生活です。

で、本日も出撃。
I氏直伝の釣り方は、ブリ専用なので、本日はジグの遠投で底から
狙います。

投げる 投げる 投げる 投げる 
投げる
と緩急をつけつつ投げ続けるのですが、一時間当たりなし。
は~3連敗か・・・ と思ったその時 ドン!

中層できました~~・・・ お~ひくひく、これは前回の推定9kgの
ブリよりひく・・・ これは10kg超えか????
で、何度か突っ込みをかわして、ようやく魚体が ギラッ と ??

あ~おひさしぶりの オボソ (スマガツオ) じゃないですか。

P1120887

64cm 推定4.5kg。 ブリよりでっぷり肥ったいいオボソです。

大事な腹の部分は、お客様用にとって、当方は残った腹側を・・・。
ま~でもここが一番脂が乗ってうまいんですけどね。



ブリの時期到来

最近、あまり釣れない。

キビナゴでも、ルアーでも、オキアミでも (これは見ていてだけど)
あまり釣れていないんです。

そんな時、AコープでIさんに会って、「3日ほど前に、9kgのブリが
釣れた、釣り方は・・・・」 なんて聞いちゃったからには行かないわけには
いきません。
Aコープの買い物を早々に終わらせ、その足で磯までおでかけです。

で、磯に降りていくと、旧そば屋のHさんがいたので、ジェスチャーで
大きなの釣れてる? ・・・ 釣れてない。
手で30cmぐらいの小物をジェスチャーで ・・・ 釣れてない。
う~んやっぱ厳しいな。

でも、今日はIさん直伝の釣り方があるんです。
早々にセットして、投げる、投げる投げる、疲れた。。。
う~ん、釣れない、ま~そんな聞いてすぐ釣れたら苦労はせんわな・・・。
で、ちょっと浮気をして、いつもの釣り方で・・・ 釣れん。
やっぱ、浮気はいかん、再度、直伝投法で投げる、投げる、投げる。

だんだん日が傾いて、そろそろ終わるかな~と思っていた、その時。
足元で ドン! 来ました!!
わりと近くだったので、そうそうに頭を上げ、空気を吸わせて
弱らせたのですが、ここは上げる場所がない。
あっちへうろうろ、こっちへ流され、なんとか磯溜りへ誘導して・・・

P1120864

94cm 推定9kg オスのブリです。
いや~磯から持ち上げて帰るのに重たいこと。 

ひさしぶりにいい手ごたえでした。

大潮干潮時はイソモン獲り

このところ天候不順で、海も荒れ気味だったのですが、ようやく
落ち着いてきました。

で、大潮、干潮は14時、波低し。

ということで、本日は大きくなってきたイソモン=亀の手 獲りです。

屋久島でイソモンというと、トコブシ(アワビの小さい物) なんかを
獲る人も多いのですが、ま~こっちは数が少ないのと獲りにくい。
そして、当方にお越しになる観光客の方にとっては、亀の手の方が
喜ばれるので、当方は主に亀の手獲りに行くんです。

で、この亀の手、名前の通り亀の手にそっくりです。
以前に、子亀の手を引き抜いて・・・ なんて冗談でお客様にお話し
したところ、「え~っ!」 と冗談にならないぐらいびっくりされたことが
あったぐらいです。

P1120834

で、この亀の手、上の爪の部分が大きい物より、下の腕部分が長い物を
獲ることが重要なんです。

ま~これも慣れてくると、上から触った感触で長い短い、獲れそう、なことが
判別できるようになって一人前。
以前は、腕の部分がちぎれたり、短かったりしていたのですが、今は
こんな感じですね。

そして干潮までの2時間程で。。。
P1120833

クーラーボックス半分ぐらい。

獲りすぎは自然破壊、資源枯渇につながりますので、今日はこのへんで。

で、お土産に。
P1120838

タカラガイも収穫です。
ちなみに画像だとわかりにくいのですが、長さ7~8cm程あります。

PS 亀の手 ・・・ 貝の仲間かと思われる方もいますが、実際は甲殻類。
   エビやカニに近いんです。
   そう、美味しいんですよ~。 お酒のつまみなんかにすると最高です。



倉庫はちょっと休憩 釣りにでも

倉庫は作らなきゃ・・・ でもこのところのボルトの開け閉めが
続いたせいで、ちょっと腱症炎気味。

ということで、のんびり釣りに変更です。

ま~とはいっても最近釣れていない。
屋久島の他の方のブログを見てもあまり釣れていない。
たまに釣りに行っても釣れない。。。

で、今回はキビナゴ持ってじっくり腰を据えて釣りに行きます。

やってきたのは南部でも超一級ポイントなんですが、誰もいないんです。
ここ屋久島では、「釣れた」 って噂を聞くと、翌日にはすごい人出となるん
ですが、釣れていないと誰も来ないんです。
ま~それだけならいいんですが、地元のごく一部のちょ~マナーが悪い
のがいて、ゴミは捨て放題、難癖つけまくりとなるので、あえて当方は
ここで「場所を」 書かないんです。

そのかわりじゃないけど、親しい人や良識がある人には、どこで、何で、
どういった方法で釣ったのかは言ってますけどね。

で、早速、釣り開始。
・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

釣れね~というか、当たらない。
たまにエサ獲りがエサをちょっとかじっていくだけで、針にかからないんです。

は~もうやめよっかな~と思いつつ、せっかく来たからと、夕方まで
粘ったところ。
ゴン。
ゴンゴン。
ゴンゴンゴン。
と立て続けに、アカジョウ45cm、フエフキダイ40cm、その他
オジサン、ダツ等々。

P1120775

よっしゃよっしゃ、さ~これからだ~と思っていたら・・・・
来ちゃったよ。。。 マナーの悪い人。
ほんの2m隣に無理無理入って、どでかいルアーを人のエサの近辺に
ドボンドボン。
当然のことながら、断りどころか挨拶もなし。

気分ちょっと悪くなったので、早々に撤退です。

粘ってヒラマサ

さ~天気もいいし釣りにでも行くかって感じで本日出発。

ま、天気はよかったんです。
波もそう高くない、「お~ひさしぶりにいい感じじゃん」 って感じで
はじめたのですが・・・

100m飛ばしてジグの着底を待っていたんですが、どんどん左に
流れていく、流れていく、流されて・・・。
結局、余分に50mぐらい流されて、それでも底に着かないほど
流れがきついんです。

でもな~ここは右に投げると瀬にひっかかるんだよな~
ってなんとかギリギリの範囲で投げ、着底を待たず適当な
ところでシャクリ始めたんです。

ま、当然ながら当たりはない。
でも、今日は魚が欲しいんだよな~(すでにやる気は半減気味)
でも、もうちょっと、もうちょっと~(あ~あと2回ぐらいでやめるか)
でも、半まで待つか~

って、ドン!

うわっきたじゃん。 う~ん結構引くので青物やな~、でもちょい軽いから
小さめかな?ってひとり言を言いつつ、波に乗せて無事取込み。

P1120567

47cm ヒラマサ。

ま~ちょっと小ぶりだけど、今日はこれでOK. 本日終了。


ギャラリー
  • この中間がいいんだけどな
  • この中間がいいんだけどな
  • これぐらいが調度いい
  • 台風5号は、とうに去った 果樹園は
  • 台風5号は、とうに去った 果樹園は
  • 台風5号は、とうに去った 果樹園は
  • 台風5号は、とうに去った 果樹園は
  • 台風5号過ぎ去った・・・ 庭が
  • 台風5号過ぎ去った・・・ 庭が
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード