屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

釣り

夜釣りはまだ上向かんな~

6月も中旬過ぎ。 梅雨まっただ中 (カラ梅雨だけど・・・)


例年なら、そろそろ夜釣りも上向いて、入れ食い、ざくざくって

感じなんです。

で、もういいんじゃないかなって出発です。


堤防の上でお会いしたI氏としばし雑談。

先日、中間の堤防でさくさくっとヘイケをあげたそう。

「ほほ~」 それじゃ今夜はばたばたっといくかな・・・ と。


なんて期待大なんですが

夕暮れ・・・・ シ~ン・・・・・・・・・・・・・・

日 没・・・・・ シ~ン・・・・・・・・・・・・・・


ま~今年はカラ梅雨で、まだ春から夏へ季節が変わってないから

仕方ないのかな・・・ これでドバ~って雨が降ると、また海の様子も

変わっていくんでしょうけどね。


で、日も暮れて20時頃。

ようやくバタバタっと来たのは


P1130139


ヘイケ 30cm前後 2匹。

ま~今はこんなもんでしょ。

夜釣りには、まだ早い

屋久島の夜釣り解禁は、6月
ま~それまではあまり釣れないから、勝手にそう思っているだけ
なんです。

が、今日は休日、微風、天気よし。
「もしかして、そろそろいいんじゃね?」 なんて気が早く出発です。

暖かくなったといっても、気温は陽が落ちると15度ぐらい。
南国屋久島ですっかり寒さに弱くなったので、しっかり本州仕様冬服で
防寒です。

夕方・・・ あ~誰もおらん。 やっぱ釣れてないんだろうな~
なんて思いつつ夕暮れを待って投入です。

で、日が陰ったその時。

す~っ とウキが流れます。 あ~この横にウキが流れるのはダツだな。

で、針をはずそうとしていると、隣の竿が ドン!
お~ひさしぶりのフエフキダイ。 ちょっと小さめ28cm。

で、その後は当たりがパタリと止まり・・・・。
あ~星が綺麗だな~ 天の川に、北斗七星に・・ って実は北斗七星しか
知らないんです。

なんて、その時 
ズン!
お~きたで~ 
この重量感のある重さは、フエダイ50cmか、
ハタか。。。 よ~し
え~い と反動をつけて堤防に乗ったのは
エイ (お前かよ、ガックリ)

続いて、また ズン!

この重量感といいぞ~ よ~しよ~し、水面に浮いたぞ~
バタバタ バタバタ

ん? 魚なら バシャバシャ だろ?

え~い ・・ 略 ・・ またエイかよ

とこれで、がっくり。
結局、夕暮れにダツとフエダイが釣れただけでした。

P1130008

2匹目のドジョウは、オボソ

ブリはでかかった。

ま~正直、あれだけ大きいとお客様の分をとっても結構あまる。
かといって、ゲームフィッシングのような魚を傷めるだけのことは
したくない。
(基本、釣った魚は持ち帰って食べることにしている。 また余分には
釣らない)

で、他の魚が釣れんかな~と連日通っているわけです。

で、昨日は2連敗。
一日で2連敗ということは、午前と午後と2回行ったということなんです。
ま~物好きな、というか、よくそんな暇があるなって感じですね。
サラリーマン時代には考えられないような生活です。

で、本日も出撃。
I氏直伝の釣り方は、ブリ専用なので、本日はジグの遠投で底から
狙います。

投げる 投げる 投げる 投げる 
投げる
と緩急をつけつつ投げ続けるのですが、一時間当たりなし。
は~3連敗か・・・ と思ったその時 ドン!

中層できました~~・・・ お~ひくひく、これは前回の推定9kgの
ブリよりひく・・・ これは10kg超えか????
で、何度か突っ込みをかわして、ようやく魚体が ギラッ と ??

あ~おひさしぶりの オボソ (スマガツオ) じゃないですか。

P1120887

64cm 推定4.5kg。 ブリよりでっぷり肥ったいいオボソです。

大事な腹の部分は、お客様用にとって、当方は残った腹側を・・・。
ま~でもここが一番脂が乗ってうまいんですけどね。



ブリの時期到来

最近、あまり釣れない。

キビナゴでも、ルアーでも、オキアミでも (これは見ていてだけど)
あまり釣れていないんです。

そんな時、AコープでIさんに会って、「3日ほど前に、9kgのブリが
釣れた、釣り方は・・・・」 なんて聞いちゃったからには行かないわけには
いきません。
Aコープの買い物を早々に終わらせ、その足で磯までおでかけです。

で、磯に降りていくと、旧そば屋のHさんがいたので、ジェスチャーで
大きなの釣れてる? ・・・ 釣れてない。
手で30cmぐらいの小物をジェスチャーで ・・・ 釣れてない。
う~んやっぱ厳しいな。

でも、今日はIさん直伝の釣り方があるんです。
早々にセットして、投げる、投げる投げる、疲れた。。。
う~ん、釣れない、ま~そんな聞いてすぐ釣れたら苦労はせんわな・・・。
で、ちょっと浮気をして、いつもの釣り方で・・・ 釣れん。
やっぱ、浮気はいかん、再度、直伝投法で投げる、投げる、投げる。

だんだん日が傾いて、そろそろ終わるかな~と思っていた、その時。
足元で ドン! 来ました!!
わりと近くだったので、そうそうに頭を上げ、空気を吸わせて
弱らせたのですが、ここは上げる場所がない。
あっちへうろうろ、こっちへ流され、なんとか磯溜りへ誘導して・・・

P1120864

94cm 推定9kg オスのブリです。
いや~磯から持ち上げて帰るのに重たいこと。 

ひさしぶりにいい手ごたえでした。

大潮干潮時はイソモン獲り

このところ天候不順で、海も荒れ気味だったのですが、ようやく
落ち着いてきました。

で、大潮、干潮は14時、波低し。

ということで、本日は大きくなってきたイソモン=亀の手 獲りです。

屋久島でイソモンというと、トコブシ(アワビの小さい物) なんかを
獲る人も多いのですが、ま~こっちは数が少ないのと獲りにくい。
そして、当方にお越しになる観光客の方にとっては、亀の手の方が
喜ばれるので、当方は主に亀の手獲りに行くんです。

で、この亀の手、名前の通り亀の手にそっくりです。
以前に、子亀の手を引き抜いて・・・ なんて冗談でお客様にお話し
したところ、「え~っ!」 と冗談にならないぐらいびっくりされたことが
あったぐらいです。

P1120834

で、この亀の手、上の爪の部分が大きい物より、下の腕部分が長い物を
獲ることが重要なんです。

ま~これも慣れてくると、上から触った感触で長い短い、獲れそう、なことが
判別できるようになって一人前。
以前は、腕の部分がちぎれたり、短かったりしていたのですが、今は
こんな感じですね。

そして干潮までの2時間程で。。。
P1120833

クーラーボックス半分ぐらい。

獲りすぎは自然破壊、資源枯渇につながりますので、今日はこのへんで。

で、お土産に。
P1120838

タカラガイも収穫です。
ちなみに画像だとわかりにくいのですが、長さ7~8cm程あります。

PS 亀の手 ・・・ 貝の仲間かと思われる方もいますが、実際は甲殻類。
   エビやカニに近いんです。
   そう、美味しいんですよ~。 お酒のつまみなんかにすると最高です。



倉庫はちょっと休憩 釣りにでも

倉庫は作らなきゃ・・・ でもこのところのボルトの開け閉めが
続いたせいで、ちょっと腱症炎気味。

ということで、のんびり釣りに変更です。

ま~とはいっても最近釣れていない。
屋久島の他の方のブログを見てもあまり釣れていない。
たまに釣りに行っても釣れない。。。

で、今回はキビナゴ持ってじっくり腰を据えて釣りに行きます。

やってきたのは南部でも超一級ポイントなんですが、誰もいないんです。
ここ屋久島では、「釣れた」 って噂を聞くと、翌日にはすごい人出となるん
ですが、釣れていないと誰も来ないんです。
ま~それだけならいいんですが、地元のごく一部のちょ~マナーが悪い
のがいて、ゴミは捨て放題、難癖つけまくりとなるので、あえて当方は
ここで「場所を」 書かないんです。

そのかわりじゃないけど、親しい人や良識がある人には、どこで、何で、
どういった方法で釣ったのかは言ってますけどね。

で、早速、釣り開始。
・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

釣れね~というか、当たらない。
たまにエサ獲りがエサをちょっとかじっていくだけで、針にかからないんです。

は~もうやめよっかな~と思いつつ、せっかく来たからと、夕方まで
粘ったところ。
ゴン。
ゴンゴン。
ゴンゴンゴン。
と立て続けに、アカジョウ45cm、フエフキダイ40cm、その他
オジサン、ダツ等々。

P1120775

よっしゃよっしゃ、さ~これからだ~と思っていたら・・・・
来ちゃったよ。。。 マナーの悪い人。
ほんの2m隣に無理無理入って、どでかいルアーを人のエサの近辺に
ドボンドボン。
当然のことながら、断りどころか挨拶もなし。

気分ちょっと悪くなったので、早々に撤退です。

粘ってヒラマサ

さ~天気もいいし釣りにでも行くかって感じで本日出発。

ま、天気はよかったんです。
波もそう高くない、「お~ひさしぶりにいい感じじゃん」 って感じで
はじめたのですが・・・

100m飛ばしてジグの着底を待っていたんですが、どんどん左に
流れていく、流れていく、流されて・・・。
結局、余分に50mぐらい流されて、それでも底に着かないほど
流れがきついんです。

でもな~ここは右に投げると瀬にひっかかるんだよな~
ってなんとかギリギリの範囲で投げ、着底を待たず適当な
ところでシャクリ始めたんです。

ま、当然ながら当たりはない。
でも、今日は魚が欲しいんだよな~(すでにやる気は半減気味)
でも、もうちょっと、もうちょっと~(あ~あと2回ぐらいでやめるか)
でも、半まで待つか~

って、ドン!

うわっきたじゃん。 う~ん結構引くので青物やな~、でもちょい軽いから
小さめかな?ってひとり言を言いつつ、波に乗せて無事取込み。

P1120567

47cm ヒラマサ。

ま~ちょっと小ぶりだけど、今日はこれでOK. 本日終了。


たんかん終わって? ようやく釣りに


タンカンの出荷もほとんど終了~。

ってことで、ようやく釣りに行けるんです。
今までは、タンカンの収穫出荷の合間にちょこっとできるかどうか
だったのですが、今日だけのんびり釣りに出発です。

・・・今日だけ? ま~実のところ収穫出荷は終わっても、これから
来年のために剪定 ← これがもっとも大事、収量、出来具合に大きく
影響します それから肥料まき、EM散布等々 果樹園の作業満載
なんです。

ま~それは今日だけおいといて・・・

ちょっと東風が強いので風裏ポイントまで。
風の直撃は無いんですが、それでも巻いた風があちこちから。
う~ん、やる気まんまんで出発したのですが、早々に気持ちが萎え気味。

でも、せっかくきたからにはと、餌の投入。

・・・ ダツ1のみ ・・・

やっぱ気象条件が悪いかな~、でもあのサラシが気になるよな~
って感じで再度エサ投入。

で ふっとウキが消えた?

あれ~あまりひかない・・・ お~っとそっちは岩があってまずいじゃん
ゆっくりこっちを向かして、そうそう、いい子じゃん・・・ ってな感じで
寄せてきたら・・

P1120536


お~、おひさしぶりヒラスズキ 70cm。
思ったよりひかなかったけど、まるっと太って美味しそうです。

で、結局風も強くなったので2時間ちょいで早々に撤退。



シマアジには遠いけど

さて、シマアジ釣り2回戦。

自宅周辺では天候がよかったのですが、いざ釣り場へ着くと
ほぼ向かい風、波高し。
う~ん、ちょっと嫌だな~、でもな~オキアミ解凍しちゃったしな・・・。
ってな感じでいやいやスタート。
ちなみに離れたポイント (屋久島南部一級ポイント) は今日も満員電車。

さて、仕掛けを遠投する(つもり)も風が強くて飛ばず。
で、そんな気分が乗らない時には当たりもない。

あ~帰るか~、でもな~、わ~風強なってきた~、オキアミ残ってるし~
なんてブツブツ言いながら、それでもひたすら耐える。

で、2時間経過。

ふっ と見ると、ウキが消えているじゃないですか!

おわっやべっ・・・
お~結構な引きじゃないか、慎重に慎重によせて、お~この引きは
カツオやムロアジじゃない、シマアジか? 魚体がギラっと見えて
お~やっぱシマアジもしくはナンヨウカイワリか???

で、

P1120447

55cm カスミアジ。
う~ん、ちょっと落ちるけど、冬で脂ものっているしな~ でキープ。

お~と、続いて

P1120448

おひさしぶり、青チビキ 62cm。
これ見かけによらずうまいんだよね。  で、キープ。

そして、納竿。

ま、シマアジはお預けだけど、食べごろキープでまずまずでした。

狙いはシマアジで

最近、シマアジが釣れているらしい。

シマアジって、そりゃアジ科の超高級魚なんですよ。
とはいってもアジ科のナンヨウカイワリとかでも、かなりというか
相当美味しいんですが、ま~釣れているなら行かなきゃね。

で、久しぶりのオキアミ。

このオキアミ、釣りの中で2番目に面倒でここ1年程は使っていない。
なんせ手がくさくなるし、竿やリールは汚れる。
その分、臭いが強いだけに、ま~はっきりいって釣りやすいエサでは
あるんです。

ちなみに1番面倒は石鯛用のウニ。
これはオキアミのように買うんじゃなくて、採取することから始まるし
手間と時間をかけてもなかなか釣れないので、ここ2~3年はしていない。

で、やってきました南部一級ポイントはすでに満席状態。
ここに部外者が入ると露骨に嫌な顔をされるし、すぐに怒鳴ったり
場合によっては絡まった仕掛けをライターで燃やしたり(相手の)
つかみ合いはあったりと、まさに猿山のなわばり争い・・・ というか
ゴミはちらかすし、いらない魚は放置し干からびているしで、もっとひどい
状況なので行きません。

ちょっと外れた場所で、仕掛けをホイっ。

で、1投目・・・ そうそうにウキが沈み~~ う~ん 軽いな・・・

38cm まるまる太ったムロアジ。

続いて、その後の続いて・・・

P1120403

結果、35~40cmのムロアジ4匹。

待望のシマアジは釣れなかったのですが、なわばり争い中の場所でも
釣れていなかったようなので、ま。いいか。

ま~釣りは楽しくやろうよ。

ギャラリー
  • 夜釣りはまだ上向かんな~
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 菜園の夏野菜もそろそろ
  • 石積みの補修
  • 石積みの補修
  • 石積みの補修
  • アシナガバチの対策に
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード