屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

釣り

釣果は上向きなんだけどね

梅雨に入ると、だんだん釣果があがってくるんです。

3日前 アカジョウ 45cm

IMG_20180601_161949


昨日 アオチビキ 42cm

IMG_20180603_165516


本日 ナンヨウカイワリ 50cm

ま~どれも美味しい魚ですし、ほんの2~3時間程度で
こういった魚が釣れてくるのはうれしいことなんです。

でも、ふっと後ろを見ると・・・・。

IMG_20180421_175512

ゴミの山。。。
時には岩の間に突っ込むように押し入れている物まで。

IMG_20180421_175459


以前に当館にお泊まりいただいた方に、海洋汚染の調査をしている方が
来て、色々お話ししたのですが、海にもっともゴミを垂れ流している
第一位は   漁師   だそうです。

ま~確かに魚網とか海に廃棄とか、大きな発泡スチロールのウキとか
流されると一般人のゴミとは比べ物にならない量だと思います。

でも、ここ屋久島の 一部 の地〇民もレベルの低さも相当なんです。
このゴミ画像がある釣り場はほとんど地〇民しかいかない場所。
ま~絶対とはいいませんが、旅行者や移住者はほとんど行かない場所
なんです。
(理由としては、地〇民のごく一部が猿山の大将きどりで新顔やよそ者を
にらんできたり、難癖をつけたりと低レベルの事をするので)

あとは外からの石鯛釣り師ですね。
大きな発泡スチロールに餌のウニを入れて宅配で送り、釣り場に放置
しているのをよく、というか頻繁にみかけます。
ま~こちらは一部なのか多くのなのかはわかりませんが。。。

餌を売っている商店とかで、餌を入れている袋とか発泡スチロールとかを
500円のデポジット制にして、きちんと店に戻して廃棄したら返金とかする
って制度にしたらいいと思うんですけどね~。

ほんと、こういうおバカさんは、リサイクルとか、環境保護とかって考えは
ないけど、お金がからむことだけは、相当セコイからいけると思うんですが
どうでしょうか?



今日は、いい顔が欲しい

先日は、外国の方だったので変顔な魚が受けていました。

で、今日は日本人のお客様。
う~ん、変顔はちょっといかんかな~ でもな果樹園の仕事も忙しい
から知り合いの鮮魚店に行こうか・・・ と思っていたら

ぶ~ん・・・ とバイクの音。
おっとMさんじゃないですか、これから釣りですね。 じゃご一緒にと
早々に果樹園の仕事を片付け、出発です。

で、釣り場にて、いつもMさんと来ると、Mさん右側、当方が左側が
いつもの場所なんです。 

「最近どうですか~?」 とか
「ブリはそろそろですかね」 とか情報交換をしながら、のんびりと
釣りなんですが、こういった気のいい方は少ないんですよね。

猿山のなわばり争いのように、目を剥いて威嚇してきたり、挨拶を
完無視したり、ゴミをポイ捨てしたりする人が多いんです。
先日も釣り場で会った人が 「最近釣れないですよね~、10年前に
来た旅行に来た時はどこからでも釣れたんですけどね・・・」 って
言っていましたが、当然でしょうね。

環境破壊もひどければ、乱獲もひどい、というかムチャクチャ。
は~・・・・・・。

ということで今日は気持ちよくのんびり・・・ って感じだったのですが
投げ始めて15~20分後。 いきなり
ガツン!

お~きた、これはオボソ(スマガツオ)かな、あ~Mさんすみません
そっちへ行っちゃった(気持ちよく進んで場所を空けてくれる)
で、なんとかブリ上げて

IMG_20180418_172400

ハガツオ 58cm

オボソもいいけれど、こっちの方が身がしっとりして美味しいんです。

「じゃMさん お先に」

そうです、必要分以外は獲りませんよ。


変顔がいいんです

今日は2組のお客様・・・・ 外国籍の方のお刺身があるんです。

で、いつものように釣りに出発です。
ま~昨日は強風、荒天で釣りにならなかったので、なんとか今日中に2匹は
必要だな~なんて思っているのですが、これがなかなか・・・。

堤防先端では時折、青物がばちゃばちゃしているのですが、これがキビナゴ
にもルアーにも反応しない。
(ちなみにルアーは当方でなく、当方の両端でジギングをしていた方々)
一度だけ「いい加減釣り日記」氏が、オボソらしきものを掛けたのですが
あいにくの針外れ。

う~ん、しぶいな~ なんて思っていたら・・・ ようやくダツが一本。

通常はリリースサイズなんですが、本日はキープ。

そして、その後にアカジョウ 40cm。

IMG_20180416_143912

うん、いい感じです。

ま、今日はこのアカジョウとかダツとか変わった魚がいいんです。
なぜかって、先にも書いたように本日は外国籍のお客様なんです。

これが日本人の方であれば、オボソ(スマガツオ)とか、ナンヨウカイワリとか
ブリといった脂ののった魚が好まれるのですが、外国籍の方はちょっと
違うんです。(一般的に)

牛肉でも日本人は霜降りの肉が高級で美味しいとされているのでしょうが
外国の方では赤身の肉の方が好まれていたりするように、刺身でもちょっと
好みが違っていたりするんですよね。

また、アジとか、カツオとか、タイといった一般的によく知られた魚をお出し
するより、ちょっと変わった風貌の方が面白く受けたりするんです。

ということで、今日はちょうどいい感じの魚が釣れて当たりですね。



切れる老人 反面教師としよう

この仕事も10年ほどしていると、色々な方がきます。

で、今回はスイス在住の日本人KA氏、年齢はま~老人といって間違いない
お歳です。

到着の2日前になって電話があり
「港からどう行くの?」 → レンタカーが便利でバスは不便で高額ですよ
って感じが案内すると、いきなり 

そんなん聞いてない、最初から言うべきだ、キャンセルする、キャンセル料は
払わない・・・・ ってな感じがで怒りまくり。
でも、ちょっと待ってください・・・ 料金や立地、その他条件を見て予約した
のはKA氏。 

そして確かに当館がある南部地域は白谷雲水峡等に行くには不便ですが
逆に温泉巡りや滝見物、ゆっくり過ごすには最適な場所。
もちろんお客様から質問、相談があれば丁寧にお答えしていますが、
嫌がるお客様もいらっしゃるので、根掘り葉掘り日程等をお聞きすることは
ありません。

ま、なんて丁寧に説明しても、自分の言い分ばかり・・ それどころか
「裁判でも警察でも勝手に言え、こっちはスイス
在住だから関係ない」


あ~これが最近
よく聞く 「切れる老人」 か。
こういった人には何を言っても無駄なんですよね。 

先にも書きましたが、当館も10年営業していると、見習いたい方、尊敬できる方
も沢山いらっしゃり、是非こういう人になりたいな~なんて思うことも多々あります。
逆にこういった人にはなりたくないな~と思う人も散見され、絶対こうなりたくない
反面教師にしようと強く感じたりもします。

ま、なんて気持ちでちょっとイライラしていたので、のんびり釣りに。
雨上がりなので、先客は一人だけ。

ぼ~っとして癒される・・・ なんて暇はありません。
ダツがしょっちゅう当たるし、その合間に

IMG_20180412_152930

ナンヨウカイワリ 62cm。

あ~やっぱり神様はよく見ています。 
ちゃんとお越しになれば、こんな美味しい魚が食べられたのに残念でしたね。


ま、でもああいった人は他のお客様とトラブルを起こすケースが多いので
やめてもらってホッとしたのも事実です。




底物しかいない

さて、農園作業や倉庫作りも必要だけど、春の行楽シーズンで
宿のお客さまも増えてきたんです。

で、当然のことながら魚が欲しい。
ま~天候も落ち着いてきたので本日出撃です。

通常は上物(上層~中層)狙いと底物狙いと2本竿を出しているのですが
上物は全く当たらない。
それこそ例年は頻繁に当たるダツさえこない。

流れ藻もきているし、天候もいいしなんでだ??? と考えていたら
数日前に読んだ 「いい加減釣り日記」 の記事を思い出した。

昨年、モジャコ(ブリの幼魚)漁が不良で、例年に比べかなり長期間
漁をしていたのですが、当然のことながら他の魚も網に入る。
で、この他の魚が大漁に乱獲され、これが大きくなって釣りや漁の対象と
なる2~3年目の物が激減。
また当然のことながらそれを食べるダツ等の肉食魚もいなくなるという
悪循環。

ま~このモジャコ漁以外にも、ほんの数年前にはどっかの釣具店の
ブログに「ムロアジ200匹釣った」とか「毎日のようにオボソ5~10匹
同じ人が釣っているとか」、うらやましいと思うよりあきれるような投稿が
あったりと、釣り人も乱獲、乱漁が多いんです。
(ちなみにこのムロアジ 35~45cmのかなり大型のアジで夕飯に
一人一匹食べるのも大変なぐらいの大きさ。
しかもアジなので傷みは早く鮮度が落ちやすい、こんなに釣って
どうするの?)

これでは世界自然遺産の屋久島でも魚はいなくなるわな~なんて
思ってしまいますね。

で、上層~中層には魚がいない。
一回だけダツが当たってきただけ・・・。

IMG_20180323_155038

まるまると太った1m以上の大サイズだったので、ひさしぶりにキープ。

しかし、底物は堅調です。

IMG_20180323_145310

フエフキダイ 32cm、33cm、35cm 3匹。

粘ればまだまだいけそうですが、本日分は確保したのでこれにて終了です。







釣りもリハビリが必要か

2月はタンカンの収穫で忙しく、それが終わったと思ったら
肥料、剪定と暇なし。。。。

でも、ようやく目途がたったので、今回久しぶりにのんびり釣りに
出発です。

このところ天気はわりといいんですが、ちょい波が高い。
磯場では無理もできないので、ちょっと投げにくいのですが
高い場所から遠投です。

ま~ひさしぶりだと、シャクリ(竿を振ることね)もなんかぎこちないし
使わなかった筋肉もすぐに疲れる。
これから頻繁に行くようになれば慣れるんだけどな~・・・ なんて
思っていたら。。

ドン!

きた~って、ひさしぶりだったのでびっくりして急いで巻いた・・・ つもりが
プツン。
根に入られてあえなく切られてしまった。

でも、魚はいる。 気を取り直し、仕掛けを作りなおし再度遠投。

ドン!

よっ~し、こんどこそって慎重にやりとりして・・ お~ええ引きや
こりゃ60cmぐらいあるかな~ ・・・・ と・

ぎゅるるる~

いきなりリールがすごい勢いで逆回転をしていったんです。
うわ~って言う間もなく魚は消えた。
時計のベルトの先端がリールの逆回転のレバーに当たってしまったんです。

やっぱ久しぶりだと思うようにいかないもんですね。
最後に

IMG_20180313_162026

32cm ナンヨウカイワリ をあげて終了。

ま~リハビリはこれぐらいのサイズから始めないといかんですね。









ダツにやられた

暖かい日にのんびり釣りでも、と湯泊堤防にでかけた時・・・

ま~いつものようにダツが来るんです。

で、こっちも手慣れたもんで、釣りあげた時にまずは首根っこを
踏んで動かないようにしてから針をとるんです。
でも、慣れた頃が一番危ない。。。

頭を抑えていたのですが、抑えが甘くダツが首を振った瞬間に
歯が指に当たり、ザックリ。
深さ4~5mm、長さ4cmぐらいの切り傷ができてしまったんです。

ちょっと様子を見ていたんですが、傷が深く大きいので血が止まる
様子がない。
取り急ぎ傷口はタオルで抑え、心臓に近い方を紐でしばり・・・ 
急いで、といいたいところですが ・・・ 釣り道具を片付け病院へ。

IMG_20180123_165537

当分、釣りも農作業(重い系)は自粛です。


2018 初物はこれかな

昨年の12月から釣果はよくなかったんです。

2018年初日も3連敗をしており、不調はまだまだ続くのかな~
なんて思っていたんです。
(ちなみに他の釣りブログを見ても、現地で釣り人の話を聞いても
いい話は全く聞かないので、ちょっとホッとしていますが・・・)

ま~そうは言っても行かなきゃ釣れない、竿を出さなきゃ釣果が
上向きになってもわからない・・・ ということで、今日も出発です。

・・・ 南部一級磯は ・・・ 車が5~6台も停まっている。。。
こんな激込は早々に退散して、次の堤防へ。。。

う~ん、ここも車は4~5台、人は7~8人。
ま~でも場所が広いからここでいっか、と竿を出すことにしました。

・・・ 今日はちょっと海が違います。
キビナゴの群れがゆうゆうと泳いでいます。
餌取りもわりと活発。
う~んちょいいい感じじゃない? って期待をもって・・

IMG_20180104_105902

オジサン 18cm。
う~ん、これを初物にするにはちょいショボイ。
これは練習扱いとしてリリース。

続いて、竿がわりと(大物ではないけど、小物ではない程度) にしなります。

IMG_20180104_111556

フエフキダイ 28cm
脂肪ものって結構太めのいいサイズです。

よ~し、これが2018初物としよう。 すごい大物ではないが、それなりですから
おみくじで言うなら 「小吉」 って感じですかね。

あっちのオジサンは、イスズミ? グレ? の30cmぐらいのを上げていたし
向こうの若者?は、ナンヨウカイワリ?の60cmぐらいのを上げていたので
屋久島の釣りも上向きになってきたかもです。



やっぱりS社よりD社か

さて、倉庫づくりも大きなプラモデルみたいで楽しんでいるのですが
そればかりでは飽きてしまいます。

で、今日はちょいイカ釣りに。

なんですが、実はイカ用のリールが壊れてしまったのです。
ま~4.5年前にヤフオクで買ったダイワの中古リールなんで文句は
いえませんが、今回はちょっと浮気を。。。

基本、釣り道具はダイワ。
もう一つの大メーカーシマノは、なんとなくスマートだけど繊細そうな
イメージがあり、それに対しダイワは質実剛健、丈夫ってなイメージが
あるんです。
それで、やっぱ海(塩、水、磯場の傷、衝撃)では、丈夫(そうな)ダイワ
だよな~なんて買っていたのですが、今回ちょっと浮気をしてしまいました。

シマノ エアノス

IMG_20171227_121158

ま~3000円程度のリールなんで、がたがた言うなって声が聞こえて
きそうです・・・。

回転は・・・ 非常にスムーズ、気持ちダイワより軽いかな?
重量も軽くていい。
でもね~、ハンドルを逆回転させるためのレバー?スイッチ?があまりに
小さい。
スタイリッシュに、スマートに見せるためなのかわかりませんが、これって
親父の太い指だと動かせないんじゃ?ってなぐらいなんです。

やっぱ釣具は道具。 使い勝手が悪いのはね~。
ま、慣れた人にはいいかもしれませんが、やっぱ浮気はするもんじゃない
と思いました。

で、実釣は?

2日前 300g イカ2匹
本日 500c、300g、200g 計3匹。

う~ん、験がいいのか・・・。

リハビリはこれぐらいから

手のしびれもほとんどない、違和感もない。

まだ薬は半分ほど残っているが、そろそろリハビリ開始です。
ま、リハビリといっても、病院等の施設でどうこうでなく、釣りや
果樹園での作業なんですけどね。

で、今日は釣り。

この病気の前までは、わりとコンスタントにナンヨウカイワリが釣れて
いたのですが、それからすでに2週間以上。
シーズンは終了して、そろそろオボソ(スマガツオ)かな~ なんて
思いつつ南部一級磯へ向かうと・・・・

すでに、車が5~6台。
あ~こりゃいかんと、すぐに転進して別の磯へ。

まずは腕慣らしにと、ダツ狙いで仕掛けを投入すると、すぐにウキが。。

2投に1投ぐらいの割合で頻繁にダツがくる。
ま~ひさしぶりだったので、3匹だけキープして、あとはリリース。

IMG_20171120_143548

そうそう、このリリースって本当は嫌なんです。
魚を傷つけるし、弱るし。。 でも、今日はダツを避けようとして、ウキを深く
沈めてもダツが来る、何度も来る。

3匹キープをした後、2匹リリースしたところで、ウキ釣りは本日止め。
変わって、底釣りにすると・・・ 

IMG_20171120_142726

20~25cmぐらいのオジサンが3匹。

う~ん、これは針を飲んでいない=傷が少なくリリースできる ので、海に
お帰りいただき、本日終了です。

ま、リハビリにはちょうどいいぐらいの大きさの獲物でしたね。

ギャラリー
  • まだまだ続くよテッポウムシ
  • まだまだ続くよテッポウムシ
  • まだまだ続くよテッポウムシ
  • まだまだ続くよテッポウムシ
  • 冷凍庫の突然死
  • 釣果は上向きなんだけどね
  • 釣果は上向きなんだけどね
  • 釣果は上向きなんだけどね
  • 釣果は上向きなんだけどね
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード