屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

農園

冬は地味なんです

さて、最近ブログの更新があまりしていないのですが、理由は
簡潔に言うと、書くことがない。

雨が降っていたり、風が強い日があったり、波が高い日が
あったりで、なかなか釣りには行けない。

じゃ、農園は?というと、これも地味な作業であまり書くことが
ない。 う~ん。。。

ま、ちなみにここ数日の作業は?

① 草刈

IMG_20171206_135335

秋口に最後と思っていたのですが、南国屋久島はまだ暖かく、日中は
20度前後あるんです。
で、今回が本当の最後と思って草刈にはげんできました。

② 落ちた果樹の片づけ

IMG_20171206_135321

未熟果やヒヨドリにつつかれて落ちた実、風で落ちた実がでてくるのですが
これを放置すると病原菌の巣となってしまうのです。

そこで全て回収し、土に埋める作業をしているのです。

③ 剪定した枝等の片づけ

IMG_20171206_135351

夏秋の収穫期が終わり、来季の備えて剪定をしているのですが、当然
その屑が出ます。
これも畑に放置すると病原菌の基になったり、作業の邪魔になるので
集めたり、燃やしたりといった作業が必要となります。

これは、ドラゴンフルーツの枝ですが、サボテンですからトゲが鋭く
手は傷だらけとなります。

④ ヒヨドリ対策

IMG_20171206_135419

ヒヨドリが屋久島にも渡ってきて、色づいた果樹をつついてダメにしてしまいます。
そこで、ネットをはったり、袋掛けをしたりといった作業が必要となってきます。

・・・ といった感じで、ま~地味なんですが、必要な作業をもくもくと
こなしている時期なんです。

あ~釣りに行って大物に出会いたい。。。。


今年はヒヨドリが多いのか

庭や果樹園にヒヨドリがやってきました。

ま~毎年のことですし、タンカン栽培をする前までは
かわいらしいと思っていたのですが、今は要注意人物(?)です。

理由は、このヒヨドリは果物が好きみたいで、色づいたタンカン等を
つっついて食べてしまうんです。
これも少量であれば仕方ないな~ぐらいで済むんですが、最盛期には
一日10~20個はダメになってしまい、さすがに「しゃーない」といった
レベルではないんです。

ただ、タンカンの出荷時期は2月以降。
まだまだ大丈夫と思っていたのですが・・・・

IMG_20171130_150212

つつかれて穴の空いたタンカンが転がっているんです。
ちょっといくらなんでも早すぎだろう~ まだ先にポンカン(12月末頃から
出荷の屋久島特産の柑橘)とか行けよ~って感じです。

ん? でも、当農園のタンカンをつついているってことは、結構、味が
乗っているのか? って思い、傷が多いタンカンを一つ持ち帰って
見ました。

半分に切って。。。

IMG_20171130_180138

色づきは、ほとんど出荷可能なレベル。
ジューシーさも抜群。

糖度は?っと。。。 10度

ま~この糖度って難しいところですが、通常のタンカン市販レベルの
糖度は 11~13度
出荷の3カ月以上前にして、すでにそれに近い数字ということは、今年は
かなり期待できそうです。

さて味見はと。。。 もちろん盛期のタンカンのレベルではありませんが
温州みかん並みの美味しさ。 

ちなみに今年は相次ぐ台風での落下で収穫量は平年以下のため
ご注文はお早めに。


で、最後に農園の見回り。

IMG_20171130_150811

お~いい感じの原木シイタケができています。

手に取ると、その大きさが実の厚さがよくわかります。

IMG_20171130_151335




ハブ茶の収穫 というか選別かな

さて、今年もハブ茶の収穫・・・ はとっくに終わっていて選別です。

収穫は、とても簡単。
乾いたハブ(ま~豆ですね)を莢ごとちぎるだけ。

P1130656

長さは15~20cmぐらい。
これを天日干しして、完全に乾燥するまで待つのですが、そろそろいい具合
になってきたのです、これから種の取りだしです。

完全に乾いていると、莢は簡単に縦に開けることができ、気持ちのいいぐらい
パラパラって種が落ちます。

P1130657

大きさはだいたい米粒と同じがちょい小さいぐらい。

ま、最初のうちは気持ちいいのですが、なんせ量が半端ない。
数百?数千?の莢を剥いていくのですが、だんだん爪が割れてくるし
同じ姿勢でいるのもつらくなってくるんです。

で、だんだん莢の端の方に残り種が・・・

P1130658

でも、これをいちいち全部取っているといつまでも終わらないし、実は
残しておいていいんです。

なんせそういった莢が・・・

P1130660

ダンボールにわんさか。
当然、種もかなりの量が残っていると思います。

実は、この莢、捨てればゴミですが、このまま果樹園のマルチとして利用
するんです。
そして、残った種は春になると発芽して、再度ハブの収穫ができますし
また、その苗=マメ科は、空中の窒素を根に固定し土を豊かにしてくれ
るんです。

まさに1種2鳥、いや3鳥ぐらいには役だっています。

そしてバケツ一杯の莢を剥き終わると、

P1130659

30cmx40cmのお盆にうっすらと敷き詰められるぐらいの量がとれます。
ま、まだまだこれを続けるのですが・・・ ちなみにこの後は

P1130663

ザルで濾して、ゴミ、クズをとりのぞいて、ようやく選別終了です。

P1130661

ふ~今年も綺麗ないい種が取れました。
実際にお茶にするには、これを洗って、フライパンで煎って、薬缶に入れて
煮出して、ようやくお茶になるんです。

ま、手間はかかるのですが、美味しいし、安全、安心(もちろん無農薬、EM栽培
天日干し自然乾燥)、高血圧にも良いので毎年作っちゃうんですよね。

お客様にも会席の際にはお出ししていますので、是非、ご賞味ください。



こんな時でもできること

実は先日、病院へ行ってきたんです。

1~2週間前ぐらいから、右手の親指、人差指の中ほどから
手首近辺までしびれていて、ちょっと動かすと痛みがでていたんです。

それで病院に行って、薬をもらって飲んでいたんですが、なんせ
利き手の一番動かすところ。
釣りも禁止、果樹園の重労働も禁止、重い物を運ぶのも禁止でひたすら
おとなしくって感じなんです。
(そんな中でも、負担のかからないイカ釣りに行ったりはしましたが)

ま、そういうことでしばらくブログ記事の更新もストップしていたんです。

でも、そんな中でも果樹園でできることがあるんです。
肥料散布は一袋20kgもあるので、当面延期ですが、今回はEM散布です。
そして実も育ってきたので、今回はミネラル養分も追加です。

それが ↓ これ

P1130586

海岸に打ち上げられる「昆布、ワカメ」の類をとってきて、畑に撒くといいって
人もいますが、これはNG!

理由は塩分濃度がわからないからです。
浜に打ち上げられた直後は当然、塩分が濃い。 濃すぎると畑に悪影響が
でてしまうので、当方はこれを毎年購入しています。

これに、おなじみEM

P1130587

これを動力噴霧器で散布するのですが、ま、ホース、散布機もそう重い物
ではありませんのでいいかな~って感じです。

P1130598

P1130597

散布後、すぐには効果はでませんが、なんとなく元気になったような気が・・・。

でも、今年は台風が多かったので、落下した実が多いのと、キズ物が
多いのが残念です。

P1130600

ま、味でなく、見た目重視の方はハウス栽培の他店でどうぞ。





こんな時でもできること

実は先日、病院へ行ってきたんです。

1~2週間前ぐらいから、右手の親指、人差指の中ほどから
手首近辺までしびれていて、ちょっと動かすと痛みがでていたんです。

それで病院に行って、薬をもらって飲んでいたんですが、なんせ
利き手の一番動かすところ。
釣りも禁止、果樹園の重労働も禁止、重い物を運ぶのも禁止でひたすら
おとなしくって感じなんです。
(そんな中でも、負担のかからないイカ釣りに行ったりはしましたが)

ま、そういうことでしばらくブログ記事の更新もストップしていたんです。

でも、そんな中でも果樹園でできることがあるんです。
肥料散布は一袋20kgもあるので、当面延期ですが、今回はEM散布です。
そして実も育ってきたので、今回はミネラル養分も追加です。

それが ↓ これ

P1130586

海岸に打ち上げられる「昆布、ワカメ」の類をとってきて、畑に撒くといいって
人もいますが、これはNG!

理由は塩分濃度がわからないからです。
浜に打ち上げられた直後は当然、塩分が濃い。 濃すぎると畑に悪影響が
でてしまうので、当方はこれを毎年購入しています。

これに、おなじみEM

P1130587

これを動力噴霧器で散布するのですが、ま、ホース、散布機もそう重い物
ではありませんのでいいかな~って感じです。

P1130598

P1130597

散布後、すぐには効果はでませんが、なんとなく元気になったような気が・・・。

でも、今年は台風が多かったので、落下した実が多いのと、キズ物が
多いのが残念です。

P1130600

ま、味でなく、見た目重視の方はハウス栽培の他店でどうぞ。





パパイヤ倒れても無駄にはしません

さて、台風被害はパパイヤにも及んでいますが、落下した
パパイヤも無駄にはしません。

ま~もともと完熟させてデザートにと思っていたのですが、青パパイヤ
として収穫する分には十分に育っていたんです。

P1130532

ダンボールにごろごろ・・・。

地元の人は 「漬けものにしなよ」 って言われるんですが、漬けものだけでは
多すぎる。

で、

P1130533

スライスして、一昼夜天日乾燥させます。

続いて

P1130534

フードドライヤー = 食品乾燥器に入れて約2~4時間。
すると・・・

P1130537

カリカリになった乾燥パパイヤの出来上がりです。

こうして保存しておくとかなり長期期間保存ができますし、なんといっても
味が ギュッ と凝縮され美味しさ倍増なんです。

沖縄では、20gで500円ぐらいで販売されているんですが、わりと人気で
品切れ続出なんですが・・・・・

なんといっても手間がかかる。 その上、量がとれないんです。

1kg のパパイヤの皮を剥いて、スライスして、天日に干し、
フードドライヤーでさらに完全乾燥させ、袋詰めして、ようやくできた量が
20~30g

あくまで当館ご宿泊いただいたお客様の料理につかうだけで、販売はしない
だろうな~。




台風被害はもう勘弁

台風22号は去った。

空は台風一過の秋晴れですが、心は晴れません。

P1130544

21号に比べ大きさ、強さは小さかったが、屋久島近海を通ったので、
被害はそれなりだったんです。

しかも、今年はこれで3回目。
自宅および庭周辺は、鉢の出し入れや片付け、清掃等々で手間
はかかるのですが、被害はそれほどでもない。

でも、果樹園は結構きてます。

タンカンは数年前からこじんまり、がっしり体型に剪定し直して
いるので、樹そのものは大丈夫なんですが、それでも実の落下が続き・・

P1130539

過湿乾燥の繰り返しで実が裂けたり、枝擦れ等で傷ついたり・・・。

P1130545

そしてこのまま放置しておくと病原菌のもとになるのでせっせと
回収しなくちゃいけません。
ま~こういう仕事が一番むなしいですね・・・。

ちなみにここ2回分の台風被害は

P1130542

他にもバナナは完全に倒壊。

P1130541

フェイジョアも根こそぎ吹っ飛び。

P1130540

う~ん、今年だけ当たり年だったらいいのですが、このまま温暖化が
進み、毎年台風がいくつもくるようだったら果樹農家も考えものです。

で、これで今年はタンカンの収穫量=販売量は3~4割減。
ご注文の方はお早めにお願いします。







パパイヤの剪定

おそらく今年最後の台風が行きました。

今回は屋久島近海からちょっと離れていたし、速度もわりと
早かったのですが、なんといっても 「超大型」 。

強風、大雨、停電・・・ 等々。

で、過ぎ去ったあとにいつもの片づけなんですが、ま~当然の
ことながら、冬野菜の切り替え用の苗はほぼ全滅。
秋収穫予定のキュウリも全滅。
果樹苗も1本は根元から折れ修復不可能・・・。 ふ~。

ま、少しずつやり直しなんですが、今回はパパイヤです。
これは成長が早いだけに、樹が軽く弱いんです。 で、上の方に
重い実をつけるので、結構簡単に倒れてしまうんです。

P1130519

それで、倒れてしまった苗は・・ と。

地上1mぐらいのところで、スパッと切ってしまいます。

P1130520

太さは15~20cmぐらいですが、固さは大根程度なので、ノコギリでスパスパ
切ってしまえます。

で、上から見ると。

P1130521

中が空洞になっているので、このまま放置すると中に雨水が入って
腐ってしまいます。

そこで。

P1130522

ビニール袋をかぶせ雨が入らないようにするだけでOK。

パパイヤはかなり強いので、ほとんど倒れていても根っこが少し残っていれば
これでいいんです。

実際、前回の台風(約一ヶ月前)の時に倒れた苗は、順調に新芽が出て
来ました。
P1130518

ま~でも今年はこれで3個。
いい加減にしてくれって感じですね。


シソの実の収穫

さて、秋の夜長になにするか。

ま~のんびり読書でもできればいいんでしょうが、お客様が
いなくてもすることは盛りだくさんです。

で、本日はシソの実の収穫。

ご存知、シソの葉は夏に沢山利用したのですが、それも終わり
種ができてきました。
で、最後にこの実の収穫をして、今年のシソの終わりとなるんですが
ま~葉っぱと違い、これが大変。

まず時期ですが、シソの花が咲いて受粉するのは当然なんですが
収穫が早すぎても実が育っておらずダメ、遅いと固くなったり、落ちて
しまったりとこれもダメ、そして雨が降って汚れを流した後がいいので
収穫可能な日はほんの数日。

で、本日。

P1130507

まずは根っこを切り落とした苗をとってきます。
続いて、適度に収穫しやすい大きさに切りそろえます。

続いて

P1130502

ま~こんな風になっている種を・・・

P1130504

指でしごいて下のお盆に落としていくんです。

ま、これを延々と続けていくんですが、途中で問題も・・・・

P1130505

青虫が隠れていたり

P1130506

ナナフシが隠れていたり

P1130509

イモムシがいたり・・・

ま~他にもクモ、アリ、バッタ、カマキリ、コオロギ等々。
つぶして実の中に入ってしまうのも困るので、注意しながらの作業ですから
なかなか進まないんです。

P1130512

ま~でもようやく実の収穫が終わりました。

で、終わりじゃありません。
見てわかるように、汚れた葉や枝が入っているんです。
このままでも食べる事はもちろん可能なんですが、やはり食感、食味、見た目が
悪いので、取り除くためのひと手間が必要なんです。

ゴマ粒ぐらいの大きさの実を少しずつとりわけ、チェックし、合わせてゴミを
取り除いて。。。

P1130513

ようやく収穫 が完了です。

さ、これから調理です。






表示は正しく正確に、あとモノマネもやめてね

果樹園のタンカンも順調です。

P1130497

大きさはピンポン玉より二回り程大きいぐらいになっています。
ま~今までもですが、ここからも病気にならないよう、順調に生育するよう
こまめな作業が必要なんです。

で、本日は草刈。

だいたい年4~5回はするんですが、草刈機を使っても全てを刈りきるのに
3~4日はかかるんです。
またこれが結構重労働なんです。 草はからんで機械は重くなるし、ず~っと
右に左に動かし続けなきゃいけないし、蚊にはさされるし・・・。

でも、健康でいい実を育てるために頑張るんですよ。

P1130491

ま、こんな感じでちょっとずつです。
で、刈った草は。

P1130498

樹の周囲に積み上げ、じっくり堆肥になるようにし、土をやわらかくすることに
より健康でいい樹、いい実が育つんです。

ま~こういった日々の積み重ねが 無農薬栽培 につながって
いるんですけどね。

でもね~・・・・

屋久島に限らずなんでしょうが、ちまたに無農薬やら減農薬やら有機栽培
やらあふれているんです。

P1130492

これは無農薬栽培って言っている方の畑なんですが、除草剤を撒いて
下草を枯らしているんです。

確かに除草剤=農薬ではないかもしれないのですが、一般的に考えて
どうでしょう?
まるで、食品に保存料は使っていませんよ~ でも着色料は入っているけど
って感じがしちゃうんです。
そして消費者の方は、
無農薬=除草剤を含む薬剤は不使用
と思っているんじゃないですか?

ましてやこんな土を剥きだしにしては、土が固くなり根の成長も阻害され
健康な樹、健康な実はできません。

また、出荷近くなると、同様に除草剤で下草を枯らし、水はけをよくすることに
より糖度を上げるといった手法をとることも多々屋久島では見られます。
でもね、当農園はそういった姑息な手法をとらなくても、健康な樹を育てて
いくことにより、市販レベル以上の糖度 を持つ実ができています。

他にも、有機栽培といったり・・・ これは絶対不可です。 
有機認証を受けたものしか 「有機」 と言ってはいけません。
当方も有機栽培と同レベルと思っていますが、有機の表現は使っていません。

屋久島で初収穫とか、一番最初に育てたと自慢、宣伝もありますが、実際には
すでに栽培農家があったりとかね・・・。

そういえば、たんかん農園の雑草を一本一本手で抜いていますってのも
ありました。
家庭菜園の2~3本ならいざしらず、出荷する程の量を確保するぐらいの
農園でそれをしたら、毎日雑草抜きをしても追いつきません。
ま、これは案の定、どこからかのチェックが入ったのか、すぐに表示が
削除されていましたが・・・。

ま~、みんな正直に、正確に、やりましょうよ。

そうそうモノマネ もやめてね~。

当方が屋久島南部のタンカンが美味しい(実際に色々な地区のを食べ比べした
結果です)って記載して売りだしたら、翌年には同じような表現がわんさか。
それどころか、ほぼコピペしたろって文章を使うショップまで。

ね~、自分の商品を売るのに、ヒトマネ、モノマネはやめようよ。
商品作りもそうだけど、売り文句も自分で一生懸命考えてするべきじゃないの?







ギャラリー
  • 冬は地味なんです
  • 冬は地味なんです
  • 冬は地味なんです
  • 冬は地味なんです
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • 今年はヒヨドリが多いのか
  • リハビリはこれぐらいから
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード