屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

農園

台風24号は去った、結果は

今年、最強というか、屋久島に移住して今までで最も強い台風が直撃!!

ということで、しっかり準備はしておきました。

ま~鉢や小物等は倉庫や玄関内に入れ、看板も飛ばないよう
倒し、果樹も大きいものは上部をかなり切り落とし、小さい苗は
それこそハゲになるぐらい剪定をしておいたんです。

で・・・ 台風、屋久島に直撃。

だったんですが、あれっ? ま~相当警戒していたのもあるんですが
停電時間も半日程度、庭の木々もそれほどの被害はない。

果樹園に行って様子を見るも

IMG_20181001_162840

過湿で実割れや

IMG_20181001_162316

強風での落下もあったのですが、それほど多くの落下は無い。

ま~枝がすれて傷ができたのは仕方ないんですが、拍子抜けするほど
被害はありませんでした。

ただ、バナナは

IMG_20181001_163128

一部は完全に倒れ復活の見込みはないんですが、花芽がついていたのは
斜め45度に傾いており、完全に倒れてはいないので、まだなんとかならない
かな~って感じです。

いや~ほんとよかった。
今年は果樹は全滅、屋根瓦も数枚は飛んで、倉庫は倒壊かと思って
いたのですが、わりと軽微な被害で済みました。

で、翌日は快晴、海もおだやかなため久しぶりの釣りです。

ダツやオジサン、その他もろもろ・・・ わりと頻繁に当たります。

ま~そんな中で

IMG_20181002_141939

ナンヨウカイワリ 48cm

美味しいのが釣れたので、これで帰宅です。
 



初バナナの花が咲く・・ はず・・ だけど

果樹園の見回りをしていたら、今まで気付かなかった
バナナの花ができているじゃないですか。
IMG_20180928_145451

ま~このちょっとグロテスクな紫色をした長さ40~50cmぐらいのものが
花の部分です。

で、ちょっと上の部分を拡大すると。

IMG_20180928_145505

受粉前のバナナの実がごろごろ。

バナナは樹でなく、草なので成長も早く、たくさんの肥料と水がいるからと
せっせと世話をしていたのですが、ようやくここまできました。

これで花が咲いて受粉をしたら・・・ 国産、無農薬、完熟の美味しいバナナが
食べることができる。
以前に何かの番組?映像?では、東南アジアから輸入されているバナナは
早取りし、防腐剤のプールに浸かって運ばれており、それを見てからは一切
輸入物は食べなくなっていたんです。

ま~輸入物を食べない=日本ではバナナはまず食べられない って事
なんですが、ここ屋久島で地元産のバナナを食べて久しぶりに甘く美味しい
と感動したんです。

で、バナナを育て始めてようやく・・・・ よ~し、もうちょっと大きくなったら
監視カメラをつけて・・(数年前に他果樹園で盗難があった) と思っていたら

あ~ 台風24号で倒れるね。。。 

まだまだ本当の美味しいバナナを食べられるのは先になりそうです。




ようやく晴れた

このところず~っと雨ばかりでした。

釣りには行けない、野菜は受粉しないと散々でしたが、ようやく
久しぶりに太陽が出ました。

ま~北海道の地震や、その前の台風21号や、ちょっと前の豪雨災害等
があったので、雨が続くぐらいは我慢しなきゃいけないですね。

でも、ほんとこのところ災害多すぎ。
温暖化のせいなのか、地殻変動の活発化なのか、理由はもちろん
わかりませんが、ちょっと今後が心配なので、食糧や飲料水の備蓄と
発電機のメンテぐらいはしとこうかなと思っています。

で、ようやく晴れ。
早速、気になっていた果樹園に行ってきました。
ま~雨が続くとどうしても、病気が発生してしまうので、そうそうに木酢液を
かけてあげたかったんです。

木酢液で殺菌および樹を活性化させ、数日後にEM散布で元気にする
って感じでしょうか。

で、散布しながらチェックすると・・・

IMG_20180913_161658

過湿のため、実がいくつか割れています。
もちろん摘果して廃棄。

IMG_20180913_161914

病気で落下した実も多数。。。

ま~お天道様には勝てませんと思いつつ、散布を続けます。
台風はいつものことですが、今年は異常に雨が多いので、今後の生育が
ちょっと心配ですが、ま~なるようにしかなりません。

その点、ハウス栽培はいいな~と思うのですが、管理され過ぎた実は
美味しくないんですよね。

でも、もともと樹が元気なため、一部は病害、落下もありましたが
今のところなんとか昨年並み? ちょっと落ちるぐらいでなんとかなりそうです。

IMG_20180913_161711

それから、以前からちょっとずつ収穫量が増えてきたドラゴンフルーツ。

P1140427

まだまだ大きく販売を展開という状況ではありませんが、今年から
お試しで販売開始です。

このドラゴンフルーツ、南国のトロピカルフルーツの一つですが
イメージとしてスイカ? ナシ? のような感じです。

マンゴーやバナナのようにねっとり、甘いといった感じでなく
さっぱり、多汁のフルーツなんです。

今年は数量限定なので、ご入り用の方はお早めに。


タンカンの樹が枯れた・・・

日々、せっせと病害虫の駆除や枯れ枝の夏芽の適枝を
しているのですが、どうしても見落とししてしまいます。

テッポウムシの成虫の時期は過ぎたのですが、今は卵から
孵った幼虫の駆除なんですが、実はこのテッポウムシ、成虫は
枝(といっても直径2~5mm程度)の周囲の皮をはいでしまうので
その枝は枯れてしまいます。

とはいっても、直径2~5mm程度の枝なんで、ま~あまり害はない。

問題は幼虫の方なんですが、これは樹の枝の中に入り中身を
食い荒らすんです。
で、一見、樹の表面は問題ないんですが、いつの間にか樹は
スカスカ、で、最後に直径1~2cmの穴を開けて出てくるんです。

ま~成木はしょっちゅう見ているのですが、今回見落としていたのは
直径3cm程のようやく今年から実をつけだした苗なんです。
まさか、こんな小さい樹に卵を産むとは・・・ と気付いた時には時
すでに遅く、根元周辺は食い荒らされていました。

急いで駆除したのですが、1週間後。

IMG_20180906_174500

チ~ン・・・ あ~あ、せっかく枝ぶりもよく樹も元気だったのに残念です。

ま~これも年にたった2~3回、テッポウムシ用の農薬を散布していれば
問題はないのですが、さすがに無農薬だと週3~4回、見回りしていても
ダメなんですよね。

  ・・・ 農薬に頼りたくなる気持ちも強くわかります ・・・ 

ま、枯れた物は仕方ない、気を取り直して今日も草刈、病害虫駆除です。

で、その他のタンカンは元気です。

IMG_20180906_174707

だいぶ大きくなってきて、ゴルフボール前後ぐらいまで育っています。

ゴーヤを保存しよう

こうも猛暑、多雨が続くと、野菜の生育にも結構難しいところがあります。

ま~そんな中でも順調なのが、ゴーヤ、モロヘイヤ、シソといった
やはり効能が高い物は厳しい環境にも適用するようです。

で、そのゴーヤ。
当方では、通常の青色のゴーヤと合わせて苦味の少ない白ゴーヤを
育てているのですが、どっちも豊産。

P1140401

P1140400

一日に2~3本ずつは収穫できるのですが、かといって、お客様の
食事に毎回ゴーヤというわけにもいかず。。。
そして冷蔵庫の野菜室はパンパンに。

で、ふと思ったわけですよ。
切干大根のように保存はできないのか? 

で。。。 
カットする大きさを変えたり、乾燥時間を変えたりし、色々試行錯誤を
行います。

P1140403

もちろんできあがった物は、順番に調理して食感、苦味、味等を
確認していくんですが、ま~これが手間と時間がかかって大変なんです。

・・・ で、

P1140414

ちょっと色がくすんでいますが、これが完成品。
隣の30cm以上のゴーヤ4本分がこの皿一枚分になっています。

これなら冷蔵庫の場所も少なくて済むし、味も食感も満足な出来と
なりました。
あとは栄養素とか調べたいのですが、個人ではちょっと厳しいな~。






今年の初物は

毎日毎日、暑い日が続きます。

3大都市圏では、39度だ40度越えただのニュースになっていますが
ここ屋久島は33~35度ぐらいでしょうか。
緑も多く、木陰に入るとちょっとさわやか、夜にはクーラーを切って、窓を
開けて寝ているのですが、明け方は肌寒いことも。

ま、でも日中は暑いんですよ。。。

でも、仕事は待ってくれません。
果樹園では相変わらずテッポウムシの残党と戦い、枯れ枝や新芽を切り、
フラフラになりながら草刈をしています。

で、そんな中で、パッションフルーツは最盛期。

だいたい一日5~10個程度は自然落下しているのを回収しているのですが
そろそろこれも考えもの。

IMG_20180807_152108

パッションフルーツの棚を高さ1.3m程、幅1.5m、長さ4~6mぐらいに
しているのですが、すでに棚はジャングルにようになっています。

IMG_20180807_152649

で、自然落下した収穫物は、この棚の下に落ちているのですが、ウサギ飛びの
ような格好をして、ズリズリと棚の下をくぐりながら回収しているんです。

ま~これが結構、足・膝にくるんです。

かといって、棚の下を容易に歩けるぐらいに高くすると、受粉作業はできないし
台風にも弱いし・・・ ちょっと悩み中です。

で、作業も収穫も本日終了。


見回りして・・・ 最近はこれです。

IMG_20180807_151922

そう、今年、初生りの洋ナシです。

今年は数個しかないので、ほんの味見程度かな~。

そして、栗。

IMG_20180807_151948

こっちは栗ごはん3回分ぐらいでしょうか。
まだまだお客様にたくさんというわけにはいきませんが、こちらも
楽しみです。

 

蜂の巣は鹿避け? それとも。

果樹園は無農薬栽培していると、多々面倒なことがあります。

ま~よく書いているように、病気、害虫といったわかりやすいもの
から、例えばクモの巣がたくさんあり、これがいちいち顔や体に
糸がくっついて鬱陶しいとか、バッタやセミが顔めがけて飛んで
くるといったことがあります。

でも、これらは多少びっくりするとか、クモの糸がくっついて嫌な
感じになるぐらいなんですが。。。

要注意は 蜂。

刺されると痛いし腫れるし、治りかけはかなり長期間かゆみが
とまらないといったこともあるんです。

ただ、今は果樹園に3つ巣を残してあるんです。

IMG_20180719_162130

すでに大きさは直径15~20cm程。
かなり大きいので、今回3つのうち2つは駆除することにしました。

ま~最近は慣れたもので、刺されることはありません。
まずは

IMG_20180719_162937

殺虫剤に、中が空洞の長さ1mぐらいのパイプをくっつけ、巣の周囲から
満遍なく散布します。
最初は巣から蜂が一斉に飛び立って向かってくるのですが、ここは
走って逃げたりせず、静かにやり過ごします。

だんだん落ち着いて=元気がなくなってきたら直接、巣に殺虫剤を
かけていきます。
で、この頃になると、逃げ遅れたりしたのが・・・

IMG_20180719_162626

で、最後に枝から切り離してOK。

IMG_20180719_162846

ま~こんな感じで危なげなく駆除終了です。

ちなみに巣に気付かず、近寄りすぎて刺されたことはありますが、
駆除中に刺された事は一回もありません。

・・・・・・・・・・・ で、ここでさっき巣を3つのうち、2つを駆除と書きましたが
残りの1つは?

実は、果樹園に鹿が出て新芽を食い荒らしたりするので、嫌がってこなく
なるかな~っていう気持ちと・・・
もう一つは人避け というか 泥棒避け です。

今年のポンカン、タンカンの時期は、収穫前に、倉庫に侵入した
泥棒がつかまり、それ以降は盗難がなかったそうです。

ただ、まだまだ油断はできませんので、これを見て、うちの畑はやばい
って思って入らないようにしてもらうためです。

ま~こんな事を考えなくてもいいように平和に過ごしたいもんですね。


次の収穫物は

雨が続きます。

梅雨は終わったと思ったのですが、その後に台風7号
それから最近の豪雨と雨ばかりです。
湿気が多く、畑や果樹園もぐちゃぐちゃ、釣りも行けない
それでも、本州のように大きな災害になっていないだけ
ましと思わないといけないですね。

最近はドシャブリは別として、小雨程度なら気にせず果樹園の
作業です。

で、今は防風林の剪定。

雨が続いてなかなか作業ができなかったため、ちょっと遅れ気味
なんですが、今はせっせと防風林を切っているんです。

防風林というぐらいですから、ほかっておけばいいんじゃない?って
思われるかもしれませんが、放置しておくと上ばかり茂って
風除けになる中段付近がスカスカ。
また、蔓等が絡まってしまうと、強風の時に風を流すことができず
枝が折れてしまうんです。
(枝が分かれていると、別々に風を受け流すのですが、蔓が絡まると
大きな塊になってしまい、モロに風を受けてしまうんです)

で、

IMG_20180706_141054

太い枝はチェーンソーを振り回し

IMG_20180707_155159

細い枝は剪定鋏でひたすらカット。

で、腱症炎になる前に雨が降って中断。
合間に果樹の見回りで

IMG_20180706_140947

完熟したパッションフルーツの自然落下が始まりました。

IMG_20180706_141034

ライチは雨が多く温度が低いため、色づきがもうちょっと。

今年はライチの授粉時期に雨が多く、収穫量が少ないので販売は無しと
なってしまいました。



無農薬はびびるな~

ようやく長く続いた雨が終わり快晴です。

今年は異様に雨が降り続き、せっかくお越しいただいたお客さまも
雨ばかりで、ヤクスギランドや縄文杉も通行止めで行けず、なんか
申し訳ない気持ちでいっぱいだったんです。

ちなみにいまだに 
「屋久島は1月の間に35日 雨が降る」 とか
「一年中、雨ばかり」 とかおっしゃる方がいますが、はっきり言って
そんなに降っていたら住めませんよ。

当方は中部地区からの移住ですが、体感的には名古屋と降雨日数は
変わらない。 (これが屋久島北部はかなり雨が多いですが)
ま~山中とか、北部地域だったらもっと違ったかもしれませんけどね。

で、話がそれましたが、ようやく太陽が見えました。
となるとやりたいことが山積みですが、まずは果樹園です。
雨が降り続いたせいで、果樹の樹の幹が ↓

P1140359

ま~こんな感じで苔が生えたりしているんです。

果樹も生き物ですから、水気は欲しいが常に湿った状態ではよく
ありません。 
最初は亀の子タワシでこすって落とそうとしたのですが、これがなかなか
頑固ですし、また入り組んだ場所とか、枝のはえている間なんかは
タワシが入らずどうしようっか? って感じだったのですが・・・
閃きました!

高圧洗浄機は勢いが強すぎて樹を痛めてしまうのですが、噴霧器なら
シャワーのような弱い勢いからだんだんと強めていくことができます。
で、樹を傷めない程度で、強めにし、かつ殺菌作用のある木酢液を
混ぜて・・・・

P1140361

綺麗な樹の肌が出てきました。
って書くと簡単なんですが、実際は跳ね返った苔とドロが混じった水を
浴びて、泥だらけになっての作業なんです。

ま~この後で病害が出ないよう、葉っぱの方にも木酢液やEMを
かけたり、枯れ枝をとったりと作業はつきないのですが、ひとまず
すっきりです。

ほんと無農薬は手間がかかる・・・ と思っていたら

P1140357

樹上にヘビまでいるじゃないですか。

前回はスズメバチに今回はヘビ。 
う~ん、無農薬でエサも豊富、環境もいいから天敵も多いのでしょうが
ちょっとこわごわです。

頭が三角形のヘビは毒有り、丸いのは毒無しなんて聞いたことが
ありますが、そんなはっきりわかんないですよ。
ま~なんとか樹上から落とし、道路の方に追い立てて逃がしたのですが
枯れ枝取っている時に、目の前にいたらびびるよな~。。。。

ま、なんて事をしながら、果樹園の作業が続きます。

そしてタンカンは元気です。

P1140362

現在、直径3cmぐらいでしょうか。
濃い緑の実と葉っぱで、まさしく健康優良児って感じです。

獲ったど~!

って、魚だったらいいんですが、今回は果樹園での話。

今の時期は、先にも書いたのですがテッポウムシや病害虫の退治
以外に、防風林の剪定という仕事もあります。

この防風林ですが、当然剪定は必要です。
そのまま放置すると、蔓がからまったり、上ばかり延びて下がスカスカで
防風の役目を果たさなかったりするばかりか、果樹への日当たりにも
影響します。

で、まずは防風林の上部を剪定。
これは果樹より若干低めに剪定します。 そうすると防風林は横に伸びて
間が密になってくるんです。
あとは枯れ枝の処理や横に飛び出している枝の処理等々。

で、今日もそんな処理をしていると、耳元で

ぶ~ん

やべっ蜂だ! 顔にもパシって当たったので急いで退避です。

で、落ち着いた頃にゆっくりゆっくり近づいて巣の場所を確認すると

ん?

スズメバチ じゃん。。。。。

P1140350

アシナガバチは刺されると痛いのですが、ま~これは我慢できる。

しかし、スズメバチは命に関わる、ちょ~危険な蜂で、これと比べると
アシナガバチなんて、へって感じぐらいです。

殺虫剤を持って、まずは巣の周囲に大量に散布、じょじょに近づいて
巣に集中的に散布を繰り返しますが、さすがスズメバチ、なかなか
巣に近づけません。

繰り返しヒット&アウェイを繰り返し、巣に近づく(といっても2mぐらい)
事ができるようになると、続いて1mぐらいの細いパイプを殺虫剤に
つなげて、巣の中に直接噴霧です。

・・・ 30分 様子見 ・・・・

ようやく動くものがなくなったので、長い剪定鋏で枝ごとチョッキン。

アシナガバチだったら鼻歌を歌いながら、3分程度で処理できるのですが
さすがに今回はちょっとビビり気味。
実際、この後に見つけたアシナガバチの巣は2分もかからず終了です。

P1140349

ま~巣の形状がアシナガバチは巣の外に親蜂がたかっているのですが
スズメバチは、この円形の中に親蜂が入っているから退治しにくいん
でしょうね。

で、比べてみると

P1140353

アシナガバチは5cmぐらい(左)に対し、スズメバチは20cm以上も
あります。
しかし、軽い。
ソフトボールとハンドボールの中間ぐらいの大きさですが、小指で持てる
ぐらいで、100gないんじゃない?って感じです。

********* ↓ ちょいグロイ画像です **********

P1140354

蜂の子も一杯です。

そうそう、アシナガバチ へって書きましたが、刺されると痛いですよ。
気分も悪くなるし、刺された場所は腫れあがります。

ただ、我慢ができるという意味で、決してにぶいとか痛みを感じないと
いうわけではありません。





ギャラリー
  • 2連続はいけるんだけど
  • 今期の夜釣りは終了だな
  • 海の荒れた後は狙い目
  • 海の荒れた後は狙い目
  • 海の荒れた後は狙い目
  • 最近の懐中電灯
  • 最近の懐中電灯
  • 最近の懐中電灯
  • 台風24号は去った、結果は
livedoor 天気
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード