屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

DIY

看板 リニューアル なんとか間に合った

本日、7/15 3連休当日です。

さ~急げって、午後にはお客様がお見えになるので、午前から
作業開始です。

柱には溝が掘ってあり、そこにバックの板をはめ、文字をネジで
とめるだけ・・・ なんですが。

まずは、塗料をたっぷり塗ったため、板に厚みがでてしまい、
柱の溝に入らないんです。
で、ノミでちょいちょい削り、なんども叩いてようやく押し込み完了。

P1130233

この後、文字をネジでとめて・・・ の前に、そのままネジを入れていくと
割れてしまうことがあるんです。

よって、まずは文字に2~3か所、下穴を空けておいてから、ようやくネジ止め
です。
ま~この辺は電動ドリルがあるので、ちょちょいのチョイって感じです。

で、完成・・・ の前に、もう一度、文字の上から塗料を塗ります。
なんで?って、ネジで空けた場所から少しずつ水が浸み込み木を腐らせて
しまうのです。

だから、このネジと穴の間を埋めるように、再度ペンキを塗っておくと
持ちがかなり違うんです。

で。

P1130250

ようやく 完成!

いや~ 選挙看板のように安っぽいのは嫌だし、かといってお金をかければ
いいって物でもないと思うんですよ。

結構、満足な出来具合なんじゃね? と自画自賛です。



看板 リニューアル 前日 ちょっとキュウリ

さて、作業2日目 というか明日から3連休。 急げ~・・・

といいたいところですが、今日は塗料を塗っていきます。

P1130218

まずは下地を塗るんですが、作業そのものは簡単。
でも、表を塗った後、それが乾いてから裏を塗り、さらに乾いてから表を
2度塗りし、さらに裏を・・・・

って、時間ばかりかかるんです。

ということで、乾燥を待っている間に、菜園のチェックです。
当方では、色々な野菜を無農薬で作っているのですが、今はキュウリが
最盛期。
で、このキュウリ、普通は山形に支柱を組んで上にはわせる方法が多いの
ですが、当方は棚を作っています。

P1130228

1mぐらいの高さの棚を作り、そこに横に広がるように這わせるのです。
で、キュウリはネットの下にブラブラと。

で、今は一日10本前後は収穫しています。
新鮮なその日に採れたものを料理にふんだんに使っています。

P1130231

おっと、そろそろ乾いたかな?
で、本塗り。
こちらも表を塗って、乾いたら裏を塗って、さらに・・・・・・・・・・

P1130219

合わせて、バックの板と柱も塗って。

P1130226

P1130220

いや~天気がよくてよかった。
なんとか間に合ったって感じです。

看板 リニューアル 2日前

あれ? ちょっと前にも看板の作り替えの話が・・・ って思われる
かもしれません。

実は、当館には看板が 3枚 あるんです。

1個目は、駐車場にある一番大きな看板で、先日作り替えしたもの。
2個目は、建物直下にある看板で、一番メイン
3個目は、道向かいにある看板

で、今回は一番メインの2個目の作り替えです。

P1130217

よくよく見るとわかりますが、バックの色がまだらです。
フォークの隣にあったナイフが落ちています。
バックの板は、ボロボロで押すとベコッとへこみます。

ということで、3連休前の作り替えカウントダウンです。

で、2日前 7/13

P1130211

前日、夜に文字の大きさ、デザインを決めておいたものです。
これを板に貼っていきますが、以前は知らなかったのですが、スプレーノリ
という便利な物があって、シューとひと吹きすれば簡単に貼れ、はがすのも
楽です。

P1130213

続いて、糸のこで切っていくのですが、一番気を使う作業です。
線からはみでないよう、慎重に切っていきます。

そういえば、一番最初に糸のこを使ったのは中学の技術の授業だった
かな~? 今でもこういったことって学校でしているのか?
ま~色々勉強(?)したけど、無駄になったものも多いけど、体で覚えた
ことってなかなか忘れないもんだね。

P1130214

約2時間かかってこんな感じ。
それなりにうまくできている気がしますが、切り口が粗いので、サンドペーパーを
かけて丁寧に修正して、本日終了。

P1130215





石積みの補修

さて、当館は県道沿いにあるのですが、土地は道から山側に2m程
上にあります。

それを支えているのが、大きな石の壁。

P1130138

大人がひとかかえ、もしくはそれ以上あるような岩で用壁を作っているのですが
石が大きいため隙間も大きいんです。

で、そこから木は生える、草ははびこる、土は流れ出す。
そのまま放置すると石壁が崩れてくるのか? って感じなんです。

P1130128

ま~これは土地の保存の問題もありますが、見栄えも悪い。
ということで、暇をみつけてはちょこちょこ補修をしているんです。

得意のセメントをこね、石をパズルのように組んで固めて・・・

P1130129

ま~こんな感じで一か所ずつ補修をしています。

石が大きいため、隙間も大きく40cmx40cmもしくはそれ以上の個所もあるので
バケツ一杯で隙間一か所程度。

う~ん、先は長い。

果樹園に倉庫を作ろう No.5

さて、一向に進まない倉庫づくり。

次は、土台になるセメントを流し込むのですが、これも買って
業者に流し込んでもらったら 

でも、どうせなら自分でやってしまおうと思っていたんです。

で、前回は「型枠」が完成していたので、そこでセメントこねこね・・・
の前に。

P1130006

海岸から砂を取ってきました。

もちろん砂代は無料、でも、20kgの肥料袋に30袋分。
多大な労力・・・

で、砂利もとってくるつもりでしたが、こちらは最初の10袋で断念。

P1130005

建築資材店から購入ですが、1㎥ で¥9,720.
1㎥って相当な量があるんですが、これが運搬費込みで9,000円と税って
安くない? ありがたや~。

で、ようやく作業開始。

セメント入れて、砂入れて、水と混ぜ合わせて、砂利入れてって書くと
簡単、楽ちんそうですが、実際にはバケツ一杯の砂に水を混ぜてかき回すって
考えてもらうとわかるんでしょうが、相当な労力が・・・。

で、最初の頃は、水加減や混ぜ具合等がちょっとわからなかったので
あまりいい出来ではなく ↓ 隙間だらけ・・・。

P1130003

ま~これは後で補修するとして、だんだん慣れてくると ↓

P1130004

結構、綺麗に仕上がるようになってきました。

で、ちゃちゃっと終わるかと思うと・・・ バケツ一杯で約30cmぐらいの枠が
できるんです。
ちなみに倉庫は4mx3mの長方形、つまり長さの合計は14m分。

ん? この作業はバケツ50杯ぐらいするってこと???

果樹園に倉庫を作ろう No.4

さて、遅々として進まない倉庫づくり。

ま~理由は色々あるんです。
天候が悪かったり、宿泊のお客様で忙しかったり、魚釣りに行ったり等々。

でも、一番の理由は、骨組みができたところで、ホッ としてしまったんです。

さ、そうはいっても、仕事の合間をみて作業再開です。
今回は土台の型枠設置です。

今の土台は ↓

P1120896

ま~こんな感じなんですが、これを家の土台(基礎)と同じようにセメントで
固めるのです。
そのために、セメントが漏れないよう型枠を設置する地味な作業が
必要です。

その為の≪板≫は買ってある。
ただ、当然のことながらそのまま板を地面に置いても倒れてしまう。

で、こんな物を作りました ↓

P1120898

余っていた端材と使わないクギですから、元値はゼロ。
で、どう使うかというと ↓

P1120899

こんな感じです。
内側は鉄筋で板が倒れないように支えてあるのですが、これだけだと当然
外側に倒れてしまいますし、セメントの重量に耐えられません。
で、上部を支えるための小道具なんです。

高さを合わせ、中の土を取りだし底を綺麗にし、ようやく 半分 完成です。
ま、ここでも、「なかなかできるじゃん」 と思って、気持ちが緩んでしまったん
です。

ま~またそのうちに再開予定です。

果樹園に倉庫を作ろう No.3

さて、クランプも届いたので、倉庫作成再開です。
とはいっても、今回が一番大事で、一番つまらない作業なんです。

それは、水平、直角、垂直を出す作業です。

単管パイプで柱を作るだけなら簡単なんです。
でも、このあと板や波板、屋根を貼り付けていくんですが、垂直、
直角等がきちんとしていないと、だんだんずれていって、最後の方は
足りない、隙間が空いてしまうといった事になってしまうんです。

ということで、柱に水準器を当てて、傾きを見て、柱をひっぱったり
たたいたりを繰り返し、その度にクランプのボルトを緩めたり締めたりを
していきます。

で、一周終わった~と思って、一番最初の柱に再度水準器を当ててみると
やっぱりズレがでているんですよ・・・。
泣く泣くもう一周繰り返し。。。

ようやう満足いくぐらいになるまで3時間。 OK!です。

その後は柱を追加して、本日終了。

現在、こんな感じまで進んでいます。
P1120756

左が3mの柱で、右側が2m。
これから斜めに柱を入れて屋根の勾配を出していきます。

ま、でもなんかちょっと「それっぽく」なってきて、ちょい満足です。

で、最後はいつもの農園周り。

P1120762

タンカンの花芽が膨らんできました。

P1120763

アボカドの花にはテントウムシ。

P1120765

ライチの花はちょっと異様な感じですね。

果樹園に倉庫を作ろう 資材の調達

さて、単管パイプを使っての倉庫づくり、まだまだ続くのですが
クランプが足りなくなってきました。

** クランプ ↓ パイプをつなげる物です ** 

P1120753

ま~こういった物も屋久島内で購入すると高いんですよ。
一個300円ぐらいするんですが、これが数十個単位で必要になるので
結構な金額になってしまいます。

もっともこれだけで済んでしまうなら、手間なしで購入してしまいますが
この後に、木材、壁板、屋根、それから室内に棚を作ったりと結構な金額が
かかるので、可能な限り抑えていかなきゃいけません。

で、まずはYahoo Shopで検索。
う~ん 一個200円弱で売っているんですが、送料を入れると230~250円
ぐらいになってしまいます。
アマゾンは高いし、楽天は最近ポイント還元率が悪いので見ないし・・・・。

で、ひさしぶりにヤフオクで検索すると・・・
多くはショップが出品していて、値段は変わらないのですが・・・ お~っと一件
個人が出しているので、新品、30個入り、送料込 ¥5,500.-

一個当たり180円ちょっと。
即落札! しかもショップと違い個人だったので、休日も関係なく発送してくれ
早々に到着。

P1120752

最近はヤフオクも、みんなが慣れてきて掘り出し物って少ないんですが
まだまだいけますね~。


果樹園に倉庫を作ろう No.2

溝掘り翌日は腰を休めて休憩。

で、2日後に作業開始です。
今日は支柱を立ててみようと思うのですが、高さは南側3m、北側2mあります。
これを4mの支柱を横につなげていきます。

なんて書くと、これまた簡単なんですが、実際は一本が5kg、10kgぐらいする
支柱なんです。
これをミリ単位で、縦、横を合わせていくんです。
こっちを押して(といっても重量があるので、かなりが要ります)、そうすると
あっちが出過ぎて・・・

で、ここからが一番難関。
南側4mx3mの組んだ支柱を立てるのですが、当然グラグラします。
片一方を支えても、反対側が倒れてきます。

ま~ちょっと面倒だったのですが、支えとして斜めの筋交いをいれ、なんとか
立たせ、その間に倒れないよう、防風林とヒモで結びます。

P1120750

ま、画像で見ると、「これだけ?」 ってなぐらいですが、実際は何度も
調整し、支柱の重量にまけて倒してしまったりの繰り返しだったんです。

でも、ようやく南側と東側の支柱が立ちました。
斜めの筋交いも入れ、風や重量では倒れないように固定完了です。

あとは、順番に北側、西側と組んでいき、間に柱を増やし、筋交いを
入れてって感じですね。
実際にはそれで初歩の第一歩。 

画像の真ん中にあるコンクリ用の白砂が沢山残っています。

果樹園に倉庫を作ろう

2、3年前の台風にふっとばされてから果樹園に倉庫が
なかったんです。

台車やキャリー(収穫用のカゴ) その他色々な農機具等を
毎回、家から車に積んで持ち運ぶのは結構大変だったんです。

で、いい加減、倉庫を作らなきゃと色々思案していたのですが
ようやく気合いが入りました。
(というか、これ以上遅いと、体力的に厳しくなってしまうので)

で、まずは溝掘り。
これは支柱を立てるのですが、それを10~20cmほど地面に
埋め、その周囲をコンクリートで固めるためです。

P1120746

最初はこんな感じなんですが、ここに4x3mの倉庫の土台となる溝を
掘ります。

って書くと簡単なんですが、まずは4x3mの直角がでるように、何度も調整し
溝の位置を決めるんです。
ま~これが結構大変。
どうしても数センチの誤差がでてしまうんです。
何度もあっちの端、こっちの端を行き来してようやく四隅に杭打ち終了。

続いて、溝をガンガン掘ります。
大きくスコップで掘り、続いてクワでならし、最後はシャベル等の小物で調整。

P1120747

さすがに4mx2本、3mx2本、合計 14m分の溝を幅30cm、深さ20cmで
掘っていくと疲れますね~。
いい加減、腰が限界になったところで本日終了。

で、最後に農園見回り。

P1120749

スリナムチェリーの花が咲き始めました。
小指の先程の小さい花ですが、白い花が沢山咲いているのは見事です。



ギャラリー
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • パパイヤの剪定
  • シソの実の収穫
  • シソの実の収穫
  • シソの実の収穫
  • シソの実の収穫
livedoor 天気
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード