屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

2021/08

こちらも久しぶりの夜釣り

釣りも再開です。

といっても日中は暑すぎるのと、果樹園の水やり、作業に
追われているので、夜釣りになってしまいます。

夕方、暗くなるちょっと前に出発 7時ぐらいから釣り開始です。
とはいっても、基本エサを投入したら、ぼっ~と過ごすだけ。
堤防の上でストレッチをしたり、星空を眺めつづ 「あっ流れ星」
なんて独り言を言いつつのんびりとした釣りになります。

最近、エサも荷物を重い、そして磯場が遠いイシダイ釣りはやらなく
なったな~とか、臭くて面倒なクロやムロアジ釣りもやらないな~
とか、しょっちゅうジグを投げ続けるジギングもな~ なんて思いつつ
ま~このボケッとした釣りで、そこそこ釣れるならいいかって感じ
でやってます。

で、肝心の釣果は、

IMG20210829195028 (002)

ウミヒゴイ 40cm 煮付最高、刺身もOK。

IMG20210829195645 (002)

ヨスジフエエダイ 40cm
こっちは刺身最高、焼きもOK。

で、最後に

IMG20210829203659 (002)

フエダイ 50cm 言うことなし。

と持ち帰りサイズが釣れたので、早々に撤退です。
ちなみに9時前には帰宅をしたので、実質は2時間程度。
この短時間で、のんびりこれだけの釣果が得られればOKじゃない
ですかね。


バナナ栽培は、Youtubeで

おひさしぶりです。

少し前は、雨が続いて各地で洪水のニュースがありましたが
屋久島でも同様に雨ばかり。

で、それが終わると晴天続きで暑い。
果樹園の作業も剪定や枯枝、病害枝の切除や草刈りといった
作業をする以前に、水やりで2~3時間はかかるといった状況
でした。

で、おまけにちょい夏バテで体調を崩し、、、 コロナでは
ありませんが。

ようやくちょっと落ち着いてきたところです。

で、やらなきゃな~と思っていたバナナの作業です。

IMG20210829155709 (002)

バナナの花が咲いた後は、こんな感じになります。
大きさがわかりにくいと思いますが、花(下の薄紫)の長さは40cm
以上はあります。
実がついている部分は、1mぐらいでしょうか。

で、まずは

IMG20210829155732 (002)

花と花に近い房で未熟な部分を切り落とします。
この理由は、余分な栄養素が不要な花や未熟な房にいかないように
するためかと思われます。

IMG20210829155736 (002)

続いて、房の先端についているこの黒い枯れた部分。
雌しべになると思うのですが、これを

IMG20210829155744 (002)

全部、取り除きます。
ちなみにこれぐらいの房になると、本数は100~150本程あります。
これを取り除く理由は、枯れた箇所が実についていると、そこが変色
したり場合によっては腐ってくるからだと思います。

で、最後に

IMG20210829160325 (002)

袋をかぶせて終了。
これをする理由は、直接風雨に当らないように、それから完熟してきたら
虫がよって食害したりするのを防ぐためだろうなと思っています。

と、色々「思う」とか書いていましたが、これは全て海外のYoutubeを
見て、自分なりにその効果、効能を想像したからです。
日本で一般的な果物であれば、色々な手法やその理由等が載った書籍や
ネット情報がありますが、まだまだ国内産が珍しい果物はこういった方法で
情報を入手し、試行錯誤をしながら生産をしています。

・・・でも、国内産バナナは、なかなか売れないんだよな~

・・・・もうちょっと英語を勉強していればな~~


PS この落としたバナナの花。
メルカリで売ってました。 食べられるのか? どう使うのか??
まだまだ勉強は続きます。

IMG20210829160341 (002)

ライチ最大品種 アヒル卵レイシ

さて、ライチの収穫も無事終了。

昨年は防鳥対策をしていなかったので、収穫はほとんど 0。
で、今年は熟す直前にネットをかぶせ鳥対策をしていたため、
一部、虫にやられたのみで、そこそこ収穫がありました。

で、このライチ。
最近は、台湾、アジア方面から生ライチの輸入が増えていますが
やっぱり鮮度が重要なライチは、国産が一番。
ま~その分、お値段も・・・ ですが、収穫量が増えてくれば
どんどん下げていきたいと思っています。

と、話がそれましたが、輸入物で一番多いのは、黒葉という品種。
さくさくとした触感で果汁も多く、当農園でも育てていますが小さい。
一粒20g前後といったところ、で、種もでかいので食べ応えはイマイチ。

で、表題に書いたアヒル卵レイシ。
正式名称ではないらしいのですが、ライチの中でも最も大きな実が
なる品種です。
どうやら沖縄の業者が、向うの漢名を直訳?意訳?した名前で苗を
売り出し、それが広まったようなところらしいです。

さきほど黒葉は1個20g前後と書きましたが、その他の国産品種
で多いのが、チャカパット、玉荷包(ギョッカホウ)という品種
ですが、これらがだいたい30~40g前後。
で、このアヒル卵

P1160823

今年、初出荷ですが、一個50~60g、最大は67gまでありました。
このサイズは、ほとんど卵と一緒。

P1160845

卵より大きいぐらいです。

色が悪いので、明るいところで撮影すると

P1160824

綺麗な赤色をしています。

味は?
さっぱり甘く、サクサクとした触感なんですが、大きいだけに
果汁もたっぷり。 糖度は17度以上もありました。

ある国産業者は、一粒50g以上で1000円で販売していましたが
じゃこれは? 2000円ぐらい?? 
食べちゃったよ。

最後はよくないが、それなりに

日中の暑さが厳しいこの時期。
釣りは夜釣りが主体となります。 
・・・・ ま~それもコロナ禍でお客様が少ないからできるのですが、、、

最近は、ようやく天候も落ち着き、風、波ともおさまって
きたので、夜釣りには絶好に状況なんです。
ですが、人がいない。
ま~綺麗な星空をぼっ~と眺めつつ、静かに釣りをするには
いいんですが、ちょっと寂しいぐらいです。

で、ぼ~っとの予定ですが、、


IMG20210730191644 (002)

シガテラ毒持ちのバラフエダイ 30cm 即リリース
ま~タイ系なので、引きは楽しめました。

IMG20210730192931 (002)

オジサン 30cm キープに悩む大きさ

IMG20210730195658 (002)

暗くなってくると当たるヘイケ 30~40cm 2匹
これは煮つけ最高なので、キープ

IMG20210730200415 (002)

ウミヒゴイ 45cm

IMG20210730201051 (002)

フエダイ 30cm

ま~ここまでは、サイズ微妙なところですが、夜が更けてくると

IMG20210730201531 (002)

フエダイ 50cm もちろんキープ

IMG20210730201952 (002)

オジサン 50cm これもキープ

で、そろそろ帰ろかな~ 当りも減ってきたしな~ 次が最後に
するかな~と思っていたら、、 ドンと今日一の大当たり、丁寧に
寄せ、なんとか引き上げると、、、

IMG20210730204210 (002)

イスズミ 55cm 丸まる太って重いんですが、こいつは身が
臭うというかくさい。
ということで、海にお帰りいただき、今日は終了。

最後がいまいちでしたが、それなりに楽しめたのでヨシとしましょう。






ギャラリー
  • タンカン 今年の摘果はOK
  • タンカン 今年の摘果はOK
  • タンカン 今年の摘果はOK
  • タンカン 今年の摘果はOK
  • ヘッジトリマーの購入
  • ヘッジトリマーの購入
  • ヘッジトリマーの購入
  • ヘッジトリマーの購入
  • エサ釣りにするか
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード