おひさしぶりです。

少し前は、雨が続いて各地で洪水のニュースがありましたが
屋久島でも同様に雨ばかり。

で、それが終わると晴天続きで暑い。
果樹園の作業も剪定や枯枝、病害枝の切除や草刈りといった
作業をする以前に、水やりで2~3時間はかかるといった状況
でした。

で、おまけにちょい夏バテで体調を崩し、、、 コロナでは
ありませんが。

ようやくちょっと落ち着いてきたところです。

で、やらなきゃな~と思っていたバナナの作業です。

IMG20210829155709 (002)

バナナの花が咲いた後は、こんな感じになります。
大きさがわかりにくいと思いますが、花(下の薄紫)の長さは40cm
以上はあります。
実がついている部分は、1mぐらいでしょうか。

で、まずは

IMG20210829155732 (002)

花と花に近い房で未熟な部分を切り落とします。
この理由は、余分な栄養素が不要な花や未熟な房にいかないように
するためかと思われます。

IMG20210829155736 (002)

続いて、房の先端についているこの黒い枯れた部分。
雌しべになると思うのですが、これを

IMG20210829155744 (002)

全部、取り除きます。
ちなみにこれぐらいの房になると、本数は100~150本程あります。
これを取り除く理由は、枯れた箇所が実についていると、そこが変色
したり場合によっては腐ってくるからだと思います。

で、最後に

IMG20210829160325 (002)

袋をかぶせて終了。
これをする理由は、直接風雨に当らないように、それから完熟してきたら
虫がよって食害したりするのを防ぐためだろうなと思っています。

と、色々「思う」とか書いていましたが、これは全て海外のYoutubeを
見て、自分なりにその効果、効能を想像したからです。
日本で一般的な果物であれば、色々な手法やその理由等が載った書籍や
ネット情報がありますが、まだまだ国内産が珍しい果物はこういった方法で
情報を入手し、試行錯誤をしながら生産をしています。

・・・でも、国内産バナナは、なかなか売れないんだよな~

・・・・もうちょっと英語を勉強していればな~~


PS この落としたバナナの花。
メルカリで売ってました。 食べられるのか? どう使うのか??
まだまだ勉強は続きます。

IMG20210829160341 (002)