屋久島 ブルードロップ 日々雑記

屋久島南部で Pension を経営しています。 安全安心な野菜や果樹を作り 新鮮な魚を釣って食事やデザートに使っています。 また、多くのステンドグラスや無垢の木のテーブル、レンガの小道等も DIYしています。

農園

美味しいドラゴンフルーツ食べてるかい?

ドラゴンフルーツの収穫始まりました、、、終了しました。

あっという間のような気がしますが、収穫は1週間ぐらい
続きました。
へたに収穫開始、、、なんて書くと盗難犯を呼び寄せてしまうので
終了してから書くようにしているんです。

ま、それはおいといて
今回は豊作です。

IMG_20230823_140723

赤く色づいた大きな実がたくさんなっています。 
もちろん肥料もあげましたし、摘果もしています。

IMG_20230822_152340

これが摘果した実なんですが、赤く色づいています。
正直なところ、このまま販売しても売れそうな「外見」はしています。

で、表題に書いた「美味しい」ドラゴンフルーツを食べていますか
ってことなんですね。

当農園では、樹上で完熟し皮のひだの先端まで色づいてから収穫
しているのですが、早取りし、しばらく放置しておいても色はつきます。
・・・・「色だけはつきます」
しかし、そんな実は当然のことながら甘みものっていないし、水分も
少なく、美味しくありません。

ま~一般の方がこれを見分けるのは、ちょっと難しいので、一回当たりの
農家を当てたら継続して購入することをお勧めします。

あ、そうそうクール便発送も避けた方がいいですね。

ドラゴンフルーツの鮮度がよいものは、常温で1週間は問題ありません。
つまりクール便で送るってことは、「鮮度が悪い」または「一旦冷蔵」
したものになります。
(一旦冷蔵ということは、日数が経ってしまったもの)
そして一旦冷蔵したものを常温に戻すと、すぐに傷んできますので
必然的にクール便で送るしかないわけです。

ま~ということで、まずいドラゴンフルーツを食べてこんなもんかと
思わないでくださいね。
美味しいドラゴンフルーツはありますし、美容と健康にもよいフルーツ
です。


IMG_20230827_114643


台風6号は去った、、、あとは

迷走していた台風6号は去っていった。

準備をしていた懐中電灯、バスタブに貯めた水等は必要は
なかったので、ひとまず安心。
沖縄では40時間も停電した地区もあったそうで、冷蔵庫、冷凍庫の
大量の食材は全部廃棄か、、、、と覚悟もしていたのですが、
一度も停電せず。

正直なところ台風が接近しながら停電が無かったのは記憶に
ないぐらいです。

ま~そういう事で室内に関しては問題なし。
問題は家の外、果樹園なんですが・・・

IMG20230810100234

ブーゲンビリアの木は、葉っぱがほとんど落葉してしまったのですが
樹本体は問題なさそうなので、これは後で芽吹いてくるでしょう。

IMG20230810100403

ま、畑の野菜関連はほぼ全滅ですね。
でも野菜に関しては、夏野菜が終わればこの被害も終わり。
冬野菜の準備として、畑を休ませておけばいいかって感じです。

さて、果樹園。

IMG20230810142822

グアバ2本、ライチ2本が横倒しになっていました。

それぞれ、そっと起こして支柱を念入りに立て直し、根が傷んだので
その分の枝葉を落とし、あとは祈るだけ。

IMG20230810150840

バナナは果実がなっていたのが4本あったのですが、倒れたのは1本のみ。

風に弱いバナナが4本中3本も残ったので、風もそれほど吹かなかった
のかな~って感じです。

IMG20230810150912

ということで、ま~なんとか被害も少なく?すんだのですが、これからが
大変。
ま、いろいろと片付けがあるんですよ。

防風・防鳥ネットは傷んでいるので、張り直しが必要ですし、
枝葉も傷みすぎたのは取り除いていかないといけませんし、
これから病害もでてくるでしょうし、
・・ま、いつもやっていることなんですけどね。




フィンガーライムの接木は成功

当農園には、グレープフルーツの樹が2本あるんですが
今回、一本切ってしまいました。

なぜかって?
理由は簡単。 売れないんですよ。
グレープフルーツはスーパーで外国産が安く売られていて
それは長い輸送期間中に追熟もされているので、すぐに
食べることができます。

ただ、国産の場合は、収穫後に1~2ヶ月程度は追熟保存
をしなくてはすっぱくて食べることができません。
ということで売れない、売りにくいので、一本は切って
接木用としました。

で、接ぐ品種は、フィンガーライムです。
フィンガーライムはご存じですか? ま、名前の通り
指の形をしたライムなんですが、レモンやライムは絞って
しまうと、当然のことながら揚げ物等は湿気ってしまいます。

このフィンガーライムは、キャビア?のような小さい粒々
になっていて、料理にのせても湿気らない、色も綺麗で
今流行り?の映えるんです。

で、先々月の接いだところ

IMG20230703145638

IMG20230703145631

IMG20230703145522

きちんと接木ができて、大きく新芽が展開しました。
ここまで新芽が成長すれば一安心。 あとは小まめな選定を
して樹形を整えることと、葉が小さく虫のえさになりやすい
ので害虫退治をすることぐらいでしょうか。

なお、もう一本のグレープフルーツも生育は順調です。
こちらはゴルフボールぐらいの大きさに実も育ってきました。

IMG20230703145506


無農薬栽培のポイントは早期発見と、、、

梅雨に入ると、一気に病気が発生してきます。

ま~暖かく、湿っぽいとなると病原菌も活発になるん
でしょうね。

ということで、毎日のように見回りをし、菌のもととなる
枯れ枝や幹回りの枯れ草等を除去しているのですが、
それでも病気は発生します。

で、本日見つけたのは

IMG20230711151142

幹が不自然に割れています。
その上部分は

IMG20230711151151

幹が白く変色しています。
こうなると時間の問題といいますか、農薬を散布しない当方
としては切除するしかありません。

ただね~ 枝の先の方を見ると、、、

IMG20230711151200

綺麗な実がついているんですよ。
まだ経験が浅い頃はもったいないと思い、できれば収穫まで
残ってくれと願い、そのまま様子見という放置をしていた時も
あります。

でも、結局はよくならないんですよね。
思い切って取り除かないと、より病原菌が蔓延し被害が拡大
してしまうので、いまではばっさりと切除してしまいます。

IMG20230711151234

今回も上の方はまだまだ青い葉がたくさん残って元気そう
なんですが、この通りばっさりです。

しかし暑い。
アスファルト道路やコンクリートビルの反射熱はありませんが
それでも外での作業は2時間程度が限界。

ま、どうしても当日中って作業はないので、できる範囲で
頑張っています。

ブルーベリーの収穫始まりました。

今年のブルーベリーも豊作です。

IMG20230624151318

色づき、大きさとも十分になってきましたので、本日収穫
開始となりました。

IMG20230624151334

それで、収穫をしていてよく思うのですが、
このブルーベリーは完熟していると、やわらかいし
ちょっと触るとぽろっと取れてしまいます。

ってことは農園なんかでよくやっている収穫体験って
どうしているんでしょう?
慣れていてもつぶしたり、落としたりしてしまうのですが
当然、体験ツアーに参加している人は、私以上の素人。
ぽろぽろ落としたり、つぶしてしまったりしているんでしょうか?

なんて思いつつ、丁寧に収穫し、いくつか落としてしまったり
を繰り返し、、、

IMG20230624154052

本日分としてボール一杯の収穫となりました。

で、残念なことに本日はお客様がいない、、、新鮮な
果実を味わっていただくことはできませんので、早々に
ジャムに変身となりました。
これで当面はデザートへの添え物として利用できます。

さて、こちらはアボカド

IMG20230625161012

台風が多く、高温多湿の屋久島では商業ベースでの栽培は
なかなか厳しいものがあります。
今、ついているこの実も台風季節を乗り越えられるのか?

Yさん、、、
品種によって多少の違いはありますが、こんな風になります。
重たい実が3~5cmぐらいの枝の先についているので
ブラブラと揺れてしまい、強風に弱いんですよ。

それとスーパーで買った品種は、ハス種。
これはAタイプといって、
  午前に雌しべ、午後に雄しべが開花
するので、別の品種で、この逆パターン
  午前に雄しべ、午後に雌しべが開花
するBタイプの品種が必要ですよ。

品種でいうなら、ベーコン種、フェルテ種なんかが有名かな。





こんな時、やめたくなる、、、

いや~ちょっとというか、かなりショックです。

IMG20230519150249

これはタンカンの苗木ですが、3~4年経ち、ようやく実が採れ
始めた苗木です。

なんですが、株元を見ると

IMG20230519150235

大きな穴が。
柑橘の最大の害虫といっていいカミキリムシ(テッポウムシ)が
成虫になり這い出してきた跡です。

無農薬で栽培していますので、それこそ農薬散布している果樹園の
何倍も見回りし、注意を払ってきたのですが、どうしても見落としが
あります。

そしてこの大きさの樹で、カミキリムシが出てきたということは
内部はかなり食い荒らされ枯れてしまうか、なんとか生き残っても
成長は数年は遅れるでしょう、、、、。

こんな時は、よく思います。
農薬をババーっと撒いてしまえば、のんびり過ごせるし、こういった
被害も防げる。
いっそ無農薬をやめて、減農薬で売り出そうか、、、。

いやそもそもタンカンそのものをやめてしまうか?
ま~実際のところタンカンは減らしつつあります。 どうしてもフルーツが
一種だと、ピーク時期に作業が固まってしまうこと、病気になってしまうと
一気に蔓延してしまうからです。

ということで今年も柑橘とは全く異なる品種のフルーツを植え付けたの
ですが、それが採れるようになるのは3~4年後、そもそも屋久島に気候に
あって実がなるのか? ってところからです。

ちなみに10年以上前に植え付けたフルーツでも、樹ばかり大きくなり
(高さ4~5m)実は5~6個というフルーツもあります。
工場製品ではありませんので、なかなか先が読めず、天候にも左右され
難しいもんです。



ソラマメ大豊作

マメ科は連作障害があるので、2~3年おきに作っています。

今期はそのマメ科の栽培年となり、ソラマメを作っているのですが
そのソラマメ、今年は大豊作となりました。

IMG20230322094356

IMG20230322094401

普通は3粒入りの品種が多いのですが、当方はもっぱら莢が長くて
数の多い品種にしています。
ま~3粒の品種よりは一つ一つの豆が小さいのですが、そこは好みの
問題かな。

そんな品種のソラマメですが、一つの莢が30cmぐらいの物が
ゴロゴロとなっています。
日持ちがしないし、鮮度が大事なので毎日収穫し、お客様にお出し
しているのですが、なかなかいい評判でうれしい限りです。

さて、そんなソラマメですが2年前に作った時は、最後の収穫前に
盗難に、、、、、。
今年は~というか、それからですが、収穫物の盛期には「防犯カメラ」を
設置するようにしました。

・・・やめましょうね~、、、、、。


果樹の開花とともに

暖かくなって、果樹園の木々も花が咲き始めました。

IMG20230322163311

これはタンカン。
満開になると、周囲がとてもいい香りに包まれます。

IMG20230322153216

こっちはライチ。
ライチの花は直径が1cmにも満たない花で、香りも全くしないんです。
ま~それでも昨年の台風で大きな被害を受けたのにも関わらず、こうして
元気に花を咲かせてくれています。
・・・・ ま、ボロボロになってとりあえず生きてるって樹もありますが。

こうして暖かくなり花が咲き乱れてくると、増えてくるものもいます。

IMG20230320152431

新芽を食べにでてくる毛虫達です。
緑の葉の中に長さ3~5cmぐらいの体長で黒い体毛をしているので
わりと見つけやすいんですが、、、

IMG20230320143519

これはわかりますか?
ちょうど枝の太さと同じぐらい、色も似ているのでなかなか発見
できないんですが、放置しておくと花芽、新芽を食べるので毎日のように
果樹園を巡回しチェックをしているんです。

で、この虫たちをみて思い出したのが、、、
「ここは世界<自然>遺産の島」ですよ!!!

自然を強調しているのですが、それは時々いらっしゃるんです。
「虫が出た」、「虫が多くていやだ」等々。

そりゃ虫は出ますよ。
自然の生態系が豊かで世界遺産になったような島ですよ。
ちょっと嫌だな~ぐらいなら仕方ないですが、ほんとにムッとするような
人もいます。

そしてそういった田舎の離島だからこそ自然が豊かに残っているのに
24時間のコンビニがない、スーパーが遠い、観光場所まで遠い、
港・空港が遠い、、、 で、立地が悪いといったレビュー、、、。

つまり、自然は豊かで縄文杉の登山道入り口は近くにあり、歩いて
5分で24時間営業のコンビニがあり、港や空港には車ですぐ行ける、
そして見晴らし絶景のオーシャンビューの広い部屋、もちろん値段は
格安、でもサービスは高級旅館のように。

実際にいます。。。。。。。

梨 これが最後のチャンスかな

突然ですが、梨の苗を買いました。

IMG20230312150225

一番一般的な「幸水」です。
実は、当農園には梨の苗もあるんです。 随分前に購入したのですが
1本は枯れてしまい、今は1本だけ。

IMG20230312150248

洋梨なんですが、品種は忘れてしまったものです。
すでに高さは5mを超え、冬の剪定で4mぐらいまでに抑えたのですが
毎年、綺麗な花を咲かせます。

ただ、梨は1本では実らない。

受粉の時期に「花粉」を購入しようかとも思っていたのですが、これが
3000円以上はする。 
かといって切ってしまうのももったいない、、、。
ということで、他の苗を購入する際に梨の苗も注文をしていたんです。

梨と聞くと、わりと寒い地域を思ってしまいますが、色々ネット検索を
していると、沖縄の庭先で幸水梨がなっているとのこと、そして洋梨の
受粉樹として、幸水は適しているとの理由からこれを購入しました。

丁寧に植え付け、大きくなれよ~と念じながら水やりです。
ま~これが育って実をつけるまで、5年、10年かかるかもしれませんが
ゆっくり気長にいきましょう。

で、すでに洋梨の方は

IMG20230312150300

新芽が芽吹いていました。
今年も綺麗な白い花を見せてくれそうです。




タンカン 来期は期待できるかな

タンカンの収穫が終わり、ほっと一息、、、、とはいかず
忙しい日々を送っていました。

ま~毎度、書いていることですが、収穫直後はEM散布から始まり
肥料撒き、剪定と続きます。
EM散布と肥料は頑張れば、各1日で終わるのですが、剪定は
一週間以上はかかります。

木、1本1本でなく、それこそ枝1本1本、葉っぱ1枚1枚を確認し
来年、2年後、5年後、10年後を想定して剪定をしていくんですよ。
ま~選定はこだわれば、それこそ終わりがない作業ですし、気にしない
のであれば放置でも実はなります。

よく自然栽培とか、放任栽培しているから健康~とか、自然のままに~とか
ありますが、これは間違っています。
放任すれば枝葉が込み合い、日が当たらない枝葉は枯れ、栄養は分散され
風通しが悪くなれば病気や害虫の発生もひどくなります。

一度は聞いたことがあると思いますが、里山も人が適度に手入れをする
ことによって、調和が保たれていますが、放置すると木はひょろひょろ、
下草は枯れ、土壌の保水力がなくなり、河・海に流れ込む栄養素は不足する
ってな話です。

タンカンも一緒。
人と一緒で健康な体を保ち、そのためにきちんと栄養をとり(肥料をあげ)
陽の当たる場所でこそ、いい子=実が育つというわけです。

ということで、1日、最大2本までにしてじっくり剪定をしていたのですが
ようやく終了となったわけです。

すでに

IMG20230304143803

IMG20230304143811

花芽、新芽がどんどん出てきています。

今の様子を見る限り、来年は豊作が期待できそうな花具合ですが、
これから梅雨の長雨、害虫を乗り越え、台風がこないことを祈りつつ
って感じです。



ギャラリー
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • タイ、タイ、タイ、タイ、タコ
  • 夜釣りは今年、初なんだよね
  • 夜釣りは今年、初なんだよね
プロフィール

bluedrop2016

楽天市場
QRコード
QRコード